FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2010年03月12日

福島党首の二枚舌 ~ 自衛隊合憲を認める発言

← 応援クリック、ありがとうございます。

福島党首、自衛隊合憲認める (産経Web

 社民党党首の福島瑞穂消費者・少子化担当相は12日の参院予算委員会で、自衛隊の憲法上の位置づけについて合憲と認めた。自民党の佐藤正久氏が「内閣の方針は合憲だ。合憲でよいか」とただしたのに対し、「そうです」と答えた。福島氏は1日の衆院予算委で「党として合憲か違憲か結論を出していない」と述べていた。

産経はあっさり書いているが、朝日によれば、

 社民党党首の福島瑞穂少子化担当相は12日の参院予算委員会で、昨年9月の閣僚就任以来、初めて自衛隊を合憲と認めた。ただし、「内閣の一員として」という条件付き。答弁では、党首として「自衛隊の違憲、合憲は結論を出していない」との社民党の方針は保つ考えを示し、審議が一時混乱する場面もあった。
 元自衛官である自民党の佐藤正久氏の質問に答えた。佐藤氏が「自衛隊は合憲ですよね」とただすと、当初、福島氏は「閣僚としての意見は控える。社民党党首ですから」と異例の答弁拒否をしたため、自民党が抗議し、審議が中断した。
 再開後、福島氏は「社民党の方針は変わらない。内閣の一員としては内閣の方針に従う。自衛隊は違憲ではない」と答弁。佐藤氏が「明確に」と迫ると、「はっきり言っている」と語気を荒らげた。

とある。

いずれにせよ、佐藤正久議員のナイスなツッコミである。
産経はあっさりと述べたが、実はあっさりどころか、記事のタイトルの付け方に産経の意図が見て取れる。
「福島大臣~」と書かず、「福島党首~」とタイトルをつけるところに、産経の痛烈な皮肉がこもっているようで、面白い。

自衛隊を合憲とするか違憲とするか、いまだにそのような議論があることが、米国から押し付けられた憲法がいま日本が置かれた環境・情勢にそぐわないことの証しだ。
とっとと自主憲法を制定すべきだ。

他方、福島氏の閣僚と党首という立場を使い分けるダブルスタンダードには、ただ呆れるばかりだ。
党首という立場は、党の理念・政策を代表する立場であるから、閣僚としては認めるが、党としては・・・という弁明は通らない。
であれば、党の代表、閣僚のいずれかを辞任すべきで、党が反対の立場を取るのであれば、連立政権など絵に描いた餅である。
いずれにせよ、社民党の存在価値は、今の日本には既にないと言える。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2010/03/12 20:35 ] 政治 | TB(0) | CM(1)
カレンダー
02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ