FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2010年03月10日

自国の犯罪を棚にげて他国を非難する、北朝鮮のメンタリティ

← 応援クリック、ありがとうございます。

「卑劣な行為」 北朝鮮が授業料無償化問題で日本政府を非難 (産経Web

 北朝鮮の朝鮮労働党機関紙「労働新聞」は9日、日本政府が高校授業料無償化の対象から朝鮮学校の除外を検討していることに関し「北朝鮮に対する敵対意識と民族排他主義が骨髄に達した卑劣な行為」と非難した。
 同紙は、2月に開かれた国連人種差別撤廃条約の履行状況を監視する人種差別撤廃委員会の対日審査会合で、委員らが「憂慮を表明した」と紹介。日本政府が取ろうとしている「差別的、非人道的な措置は国際法に反する犯罪だ」と主張した。


この記事を読み、思わず吹き出してしまった。
北朝鮮に、「卑劣な行為」だの「国際法に反する犯罪」だの言われる筋合いはない。
歴史が証明する通り、「卑劣な行為」や「国際法に反する犯罪」を行ってきたのは当の北朝鮮であり、彼らは我が国の国境を侵犯し、無垢の民を連れ去るという犯罪行為を行ってきた当事者である。
自国のことを棚にあげつつ他国を非難するという悪習をお持ちなのは、北朝鮮のみならず、特亜国に共通するようで、どうにも困ったものだ。
基本的に、日本国民の血税の使い道は日本が決めることであって、それにとやかく口出しをするということが、国際的に「内政干渉」と呼ばれるものであるはずだ。

大阪の橋下知事は、「朝鮮民族が悪いわけではない。北朝鮮という不法国家が問題。それはドイツ民族とナチスの関係と同じだ」と語る。
朝鮮学校を無償化の対象から外すことについて、本国北朝鮮がこれほどまでに反感を剥き出しにするという事実は、逆に、朝鮮学校の危険さを露呈しているようで、なにをかいわんやである。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2010/03/10 15:52 ] 外交 | TB(0) | CM(0)
カレンダー
02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ