FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2010年03月09日
月別アーカイブ  [ 2010年03月 ] 

民主、密約利用大キャンペーンの予感

← 応援クリック、ありがとうございます。

「核持ち込み」など3密約を認定 首相、非核三原則堅持を表明 (産経Web

 外務省の「密約」問題に関する有識者委員会(座長・北岡伸一東大教授)は9日、日米間の4つの「密約」を検証した報告書を岡田克也外相に提出した。焦点となっていた昭和35(1960)年の日米安保条約改定時に、核兵器搭載艦船の寄港・通過を事前協議の対象外とする了解の有無について、「暗黙の合意」による「広義の密約」があったと結論付けた。
 注目されていた44年の沖縄返還決定時の有事の際の沖縄への核再配備の「合意」の評価は、政府内で引き継がれていないことなどを理由に、密約と認定しなかった。しかし、岡田氏は同日の記者会見で、「一般的に考えると密約だ」と述べ、報告書と食い違う見解を示した。(以下略)


鳩山政権と民主党は、この密約認定を利用した大キャンペーンを行うのではないか?
支持率が下げ止まらない現状で、政治とカネ問題は解決の見通しが立たないどころか継続的に露呈し、普天間問題も出口が見えづらい状態である。
与党が、藁をもすがる思いで「この密約は自民党政権時代の云々!」という喧伝をしたとしても驚かない。

筆者は、非核三原則などとっくの昔に改定すべきだったと思っている一人だが、たとえ非核三原則が国是だとしても、外交の過程で発生する極秘の国家間取引はありえると思っている。
敗戦後、米軍に占領されていた沖縄を「核なし本土なみ」を前提に返還交渉を行ったのは、佐藤栄作だ。
沖縄に居座っていた米国を払いのけるために、嫌でも軍事問題にかかわらないわけにはいかない状況だったはずだ。
それでも「沖縄は日本の県のひとつ」という信条を貫徹し、沖縄を返還させた佐藤総理の功績は、極めて高い評価を与えられなければならない。
その功績を、密約云々のネガティブキャンペーンで貶めるとしたら、それこそ「お前な何人だ!?」ということになるだろう。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2010/03/09 21:56 ] 政治 | TB(0) | CM(0)
カレンダー
02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ