FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治

野党による森友デジャヴのパフォーマンスと、陰謀論という思考停止

← 応援クリック、ありがとうございます。

 本当に本当に、心底クダラナイと思える「桜を見る会」に対する野党の徹底追及だが、昨日、野党合同追及チームの代表が安倍総理の事務所を訪れ、公開質問状なるものを手渡したという。地元でツアーへの参加者を募った経緯や、前日に開かれた「前夜祭」の支出に関する質問だそうだ。これは森友劇場と同じアクションで、権力の疑惑を追及するというパフォーマンスだ。NHKから日経、産経までが記事にしているということは、彼ら追及チームが「今から行くからな?ちゃんと撮れよ?」という連絡を事前に入れていたということだ。

 彼等にとっては、テレビや新聞が採り上げてくれることこそが成果である。間抜け面をテレビカメラの前に晒し、「我こそは正義の味方」とほざいたところで、「じゃあお前ら、森友で結果出したのか?」と聴かれてしまったら終わりである。情けないのは、彼らが安倍事務所を訪れた直後に、安倍総理がぶら下がりで記者に対し、小学生にも理解できるような丁寧な説明をしたことで、その間抜けさが更に度合いを増したことだ。有権者はこのアホ面を、よく覚えておくべきだろう。

立民党黒岩と共産党田村
立民党黒岩と共産党田村


 安倍総理はきちんと説明責任を果たしたが、野党はその説明をまともに受けることはないし、追及も止めないだろう。何故か。それは彼らには他にやることがないからである。こういう阿呆な連中は、立法府に籍を置きながら、立法などに興味はない。政権を追及することによって、次の選挙で党からお墨付きをもらい、反自民層を取り込むことだけが仕事なのだ。

 彼らにとって、安倍政権は悪でなくてはならない。ちょうど、南朝鮮にとって日本と日本人が邪悪でなければならないのと同じだ。そしてそういう情けない人々は、著名人、芸能人の中にも存在する。


 個人的には、陰謀論などというものは、思考を停止した、もしくは思考することを自ら放棄した愚か者のなせる業だと思っている。ラサール石井にとっては、薬物で逮捕された沢尻エリカも政権の生贄だそうだ。「冗談じゃなく」とわざわざ言っているのだから、彼は真剣なのだろう。真剣であるが故に、陰謀論まで使って政権批判をする者の度し難い愚かさが伝わってくる。

 根拠なしの批判は卑怯者の証だ。たいそう優秀な学校を出ているのだから、野党やメディアの政権批判に辟易としている我々を、知性で論破して欲しいものである。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2019/11/17 07:19 ] 政治 | TB(0) | CM(3)

森ゆうこ事案と桜を見る会 ~ 野党の追及で横行する人権侵害と営業妨害

← 応援クリック、ありがとうございます。

 総理主催の「桜を見る会」に端を発した野党と左派メディアが起こす喧噪は、日を追うごとに彼らの醜態を世に晒す。ハナから政策議論などやるつもりもない倒閣野党の連中は、ここぞとばかりに安倍政権を攻撃する。この「桜を見る会」に関する事案が実際にスキャンダルかどうかは関係ない。野党と左派メディアが呼応し、共鳴して政権を叩けば、それはスキャンダルとして有権者、読者に刷り込まれるのだ。

 だが、追及する過程で手段を択ばなければ、彼らの正体が国民の敵、世の敵であることを証明してしまう。「桜を見る会」の前に野党が騒いでいた森ゆうこの質問通告遅れ問題では、森の嘘がバレそうになると、それが情報漏洩という問題にすり替えられた。すり替えは簡単に見抜ける、拙くバカバカしい工作だったが、問題はそれだけではない。森は、11月7日に農水委員会での質問で使用した資料を自身のサイトにアップしたが、そこには民間人である原英史氏の自宅住所が記載されていた。

 これは明らかに人権に対する侵害だが、森ゆうこはその資料の問題の部分を黒塗りし、何もなかったかのように振る舞い、森が所属する国民民主党もだんまりを決め込み、左派メディアも問題として報道していない。だが、こういう行為は「暴走」として非難されるべきだ。森ゆうこは公式に謝罪し、問題の端緒となった「質問通告の遅れ」について、真実を語るべきだ。

 話は「桜を見る会」に戻るが、ここでも妨害行為が横行している。野党は、「桜を見る会」への総理の地元後援会の招待とは別に、ホテルニューオータニで開かれた5000円会費の前夜祭を「安すぎる」とし、総理の側が費用の補填をしたというシナリオで疑惑を生じさせようとしている。

桜を見る会


 野党は、同ホテル内の寿司店「久兵衛」の寿司が振る舞われたとして、5000円会費は安すぎると息巻いたが、久兵衛側が「うちは出していない」と証言し、その疑惑はあっさりと否定された。それでも、彼等野党はこの「安すぎる論」を棄てない。


 枝野のツイートだが、「5千円が本当にホテルの言い値なら、本件以外でも同様のケースがあったことをホテル側に説明いただく必要があります」というのは、ホテルに対する営業妨害ではないのか。枝野は、総理とホテル側が結託して嘘をついているような印象操作を含めて、この事案を問題として肥大化させようと必死だ。だが、いち民間企業であるホテルの日々の営業活動は、何ら証明を要求されるようなものではないし、ホテルが総理に便宜を図ったという「疑惑」をなんの根拠も無く語るのであれば、それこそ政治権力による営業妨害だ。

 彼らは普段、人権尊重を声高に標榜し、まっとうな政治などという嘘のキャッチフレーズを用いて活動している。だが、森ゆうこの暴走は明らかに人権を侵害しているし、枝野のニューオータニに対する要求も、「まっとう」とは程遠いばかりか、その真逆だ。茶番に含まれる暴走を、有権者はしっかりと注視すべきだろう。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2019/11/16 08:55 ] 政治 | TB(0) | CM(8)

「桜を見る会」問題 ~ 黒い人間が政敵を「黒だ」と追及する茶番

← 応援クリック、ありがとうございます。

 国会では実にくだらないネタで、またもや野党が騒いでいる。今度のテーマは安倍総理自身や自民党議員の後援会関係者も多数招いているというもので、公職選挙法や政治資金規正法違反の疑いがあるとして、野党が追及しようとしている。野党の連中は早速、お得意の「追及チーム」なるものを組織し、結託して反アベ運動を展開しようとしている。

 桜を見る会の歴史は長い。初回は1952年で、時の総理は吉田茂。以来、67年に渡って開催されるこの集いは、各界功労者を広く招待し、日頃の労苦を慰労するために開かれるという建前だ。この会に、安倍総理や自民党議員の地元後援会の人たちも招待されたと指摘されており、野党は「公益の私物化だ」と批判を強める。また、年々増額される予算についても追及する構えだ。

 バカバカしいと言わざるを得ない。桜を見る会の5500万円が税金の浪費だというなら、審議を拒否し、また、日程闘争で審議をストップさせ、1日1億円、関連労務費などを含めれば1日2~3億円かかる国会を止める野党がそれ以上に批判されるべきだ。「もっとやるべきことがあるだろう」という声は、彼らには聞こえないし、もともと聞く耳を持ってすらいない。立法が主な仕事である彼等だが、そんな仕事はどうでも良いのだ。政権を批判し、支持率を落とし、あわよくば倒閣できれば彼らのミッションは完遂される。彼らの視界には、国民など存在しない。

 人を批判するのであれば、通常、自分らが潔白であることが要求される。自分らが批判する対象と同じくらい黒い場合、「おまえが言うな」と言われるのが普通の社会だ。しかし、彼らにはそんな社会通念すらない。民主党政権下で開催された桜を見る会にも、後援会が招待されているのだ。

鳩山政権下での桜を見る会


 2010年4月の首相動静だ。鳩山はしっかりと、会場の新宿御苑で「地元後援会関係者らと記念撮影」をしている。しかもその所要時間は28分。当時の報道は地元後援会の招待客数を30~50人としているが、50人ひとりずつと記念撮影をしたとすれば、1人分の所要時間は33秒になる。この数字はあり得ない。もっと多かったのだろうと思う。

鳩山 桜を見る会


 これに加え、鳩山主催の桜を見る会において、「黒岩宇洋、菊田真紀子、森ゆうこ各議員とそのご家族にお会いしました」と記録した長岡市長(当時)の森民夫氏のブログも発掘された。

立民 枝野代表「本丸直撃の案件だ」

立憲民主党の枝野代表は、党の常任幹事会で、「今までとは質が違う、本丸直撃の案件だ。安倍総理大臣が説明責任を果たすことから逃げようと思えば、遠からず『桜疑惑解散』に打って出る。そこに向けて、備えを強化しなければならない」と述べました。


 立民の枝野は、降って湧いたスキャンダルらしきものに脊髄反射で食いつき、「本丸直撃の案件だ」と鼻息が荒い。側近の失言(野党の定義による)はあったが、総理自身に及ぶ事案はなく、彼らはいままで「任命責任」の一点張りで内閣を攻撃してきた。ここにきて総理自身を追及できるエサが蒔かれ、願ってもないチャンスとでも錯覚しているのだろう。

 だが、何を問題にしても、自分たち自身の「ボロ」が出て来るのが、いまの野党だ。守旧メディアは民主党政権の過去など触れもしないだろうから、ネットが「野党にとっての不都合な事実」を拡散するしかない。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2019/11/13 07:10 ] 政治 | TB(0) | CM(10)

“嘘つき”森ゆうこに議員辞職を求める

← 応援クリック、ありがとうございます。

 今年6月に、参議院の定数が増えることを踏まえ、歳費の自主返納法が成立した。返納するかどうかは、文字通り、各議員の自首判断に委ねられるが、与党、国民民主党、立憲民主などはこの法案に賛成し、可決された経緯がある。もともとは、与党が提出した歳費削減法案に自主返納方式を提案したのは国民民主党だ。国民民主を含め、賛成した政党、会派は、当然自主返納すべきだと、誰もが思うだろう。

 しかし、8日の国会で質問に立った維新の東議員が、「維新は、法案に反対したが、自主返納をやってる。立憲と国民民主は?」と問い、立憲と国民民主は沈黙した。安倍総理は、政府与党はやっていると答弁。やっていないのは、格好をつけて法案に賛成した立民と民民だったのである。しかも、「定数を増やした自民が悪い!」と叫ぶ始末だったと、維新の議員が暴露した。立民と民民という反安倍政党は、本当に性根が腐っている。

 その性根が腐り、議員どころか人としての落第点をつけるべきが、民民党の森ゆうこだ。同じく8日、日本維新の足立康史議員が、森ゆうこが「期日までに質問通告」したとする書類のフォーマットを公開した。しかし、そのフォーマットは、森ゆうこが主張している「質問通告」とは異なる「質疑通告」だった。質疑通告は、質疑の時間と出席を要求する大臣、官僚を通告するものであり、これとは別に、質問の内容を告知する「質問通告」がある。要するに、森は「質疑通告を出した事実」を「質問通告を出したという嘘」にすり替えたのだ。

森ゆうこ


 森ゆうこは、間に3年のブランクはあるものの、2001年から議員をやっているベテランだ。国会で質問に立つ機会も多く、質疑通告と質問通告の違いを知らないわけがない。嘘がばれても開き直り、この足立議員の質疑の後も「デマだ」とツイートしている。ツイートを追う限り、質疑通告と質問通告のどちらを期日までに出したという言及を、意図的に避けているようにも思える。

 加えて、このデマを粉飾するために、複数の民間人を貶め、脅迫まがいのツイートまで発している。最早、国会議員としての資格はないだろう。この事案が発生したとき、民民党の玉木は解決への意欲を見せたが、それも見せかけであり、その後は何もしていない。つまり、民民党に自浄作用など望むべくもないということだ。

 森ゆうこは国会議員を辞職すべきだ。少なくとも、与党と維新共同で懲罰動議ぐらいは出してもらいたい。国会に嘘つきは多いが、森ゆうこはその中でも極めつきの詐欺師である。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2019/11/10 07:17 ] 政治 | TB(0) | CM(7)

「審議整理」と呼び替えることで「審議拒否」を正当化する税金泥棒

← 応援クリック、ありがとうございます。

 臨時国会が召集されて一か月が経過するが、実りある議論など望むべくもなく、聞こえてくるのは専ら政局の話である。政権の足を引っ張ることしか頭にない野党の連中は、萩生田文科相の「身の丈発言」やら、河野防衛相の「雨男発言」などを取り上げ、政府から失点を導き出そうとするが、情報弱者にはウケても、政治に興味のある有権者からはバカにされるばかりだ。

 そんな野党が政局ネタとして大々的に槍玉にあげているのが、閣僚2名の辞任だ。菅原一秀元経産相は、選挙区内の斎場で行われた地元支援者の通夜で、公設秘書が香典を受付に手渡した様子を文春に押さえられ、責任を取って辞任。河井克行元法相は、先の参院選で初当選した妻の河井案里氏の選挙運動において、選挙スタッフに法定の上限額を超える報酬を渡していたと、こちらも文春に抜かれて辞任した。個人的には河井氏の辞任は残念だ。総理大臣補佐官としては極めて有能だった人材で、再起を期してもらいたいものだ。

 野党の連中は「安倍総理の任命責任」を追及すると息巻いている。広義で言えば「政治とカネ」の問題だし、許されることではないが、決して国会を止めるほどのネタではないし、これで総理の首をとろうとするなら、余程のバカである。任命責任を追及するとして、野党はいったい、総理に何をさせたいのだろうか。彼らは、総理の責任の取り方を提言してみたらいい。普通は「総理は止めろ!解散しろ!」となるはずだ。仮に総理が解散を宣言したなら、そのとき怯むのは野党の方である。

永田町の税金泥棒たち
永田町の税金泥棒たち


 だから、野党の税金泥棒たちは「衆議院を解散しろ」などと、口が裂けても言わない。ひたすら国会の日程闘争に明け暮れ、審議を妨害し、任命責任だ!と叫ぶ時間を少しでも長くすることが彼らの目的だ。国民生活への影響など、彼らの頭の中には欠片もない。政府与党の政治運営を妨害することだけでしか、彼らは存在意義をアピールできないのだ。

 そのバカの一人がこれだ。民民党の原口が、「審議拒否」ということばを「審議整理」と呼び替えるべきだと、理解不能なことを主張している。


 ツイートは中途半端な部分で終わっているため、続きを読みたい方はこれ(続き1)これ(続き2)を読まれるとよい。だが、続き2まで読んでみても、審議遅れや審議拒否の責任を政府与党側に転嫁するという解釈以外の理解は難しい。審議拒否を審議整理と言い換えて印象を変えようとする手法は、民主党を民進党と変えた「目くらまし作戦」と同じだ。

 台風など自然災害の影響は甚大で、与野党は今すぐにでも、補正予算を審議すべきときだ。そこに、「一切の真偽を拒否する」などとストップをかけ、ひたすら政府与党のネガティブな印象を刷り込もうとするなら、彼らは国民の、被災者の敵である。いま、政治課題として何が急務なのかの判断すらできないなら、永田町に席を置く資格も無ければ、「人として」という資質まで問われるべきだろう。首相の任命責任を問うなら、自分たちの審議拒否の責任の重さを、少しは考えてみたらどうかのか。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2019/11/07 07:07 ] 政治 | TB(0) | CM(5)
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ