私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治

長島、細野… ~ 希望の党を民進党化させる唾棄すべき詐欺師たち

← 応援クリック、ありがとうございます。

 希望の党が割れる。チャーター(創設)メンバーのひとりである松沢成文氏が、古川元久幹事長と国会内で会談し、安全保障や憲法に関する執行部との見解の違いを理由に「分党」の協議を申し入れ、自身を含む5人の「分党リスト」を古川氏に提出した。5人は松沢氏の他、中山成彬元国土交通相と中山恭子元拉致問題担当相、行田邦子参院議員、井上一徳衆院議員。「希望の党」は松沢氏が引き継ぐという。残党どもはこれで晴れて小池カラーを払拭し、第二民進党としての道を歩むこととなる。

希望、正式に分党 松沢成文氏が5人のリスト提出 きょう手続き開始(産経)

 党執行部は1月26日、民進党などとの連携に軸足を移すことを狙い、衆院選で訴えた安全保障法制の実質的容認と憲法9条改正への積極姿勢を軌道修正する党見解を発表した。これに対し松沢氏らは「立党の精神と違う」と反発していた。

 一方、松沢氏らと同じく党創設メンバーの細野豪志元環境相や長島昭久政調会長、笠浩史衆院議員らは執行部側につく見通しだ。(抜粋)


松沢成文
松沢成文氏


 希望の党は、大躍進を目論んだ昨年の衆院選で惨敗した。党勢回復を目指し、政策を練り直すことは必要である。しかし、立党の精神を捨て去ってしまえば、有権者への裏切りである。惨敗したとはいえど、希望の党のスタンスに共鳴したり、期待したりして票を投じた有権者は、小選挙区と比例を合わせ、21,115千人にもなる。後から加わった民進党のネズミどもに配慮し、安保法制容認と憲法9条改正へのスタンスを軌道修正した執行部に対する、松沢氏の主張は100%正しい。

 見ていて虫唾が走るのが、細野豪志、長島昭久の両名だ。細野は党の憲法調査会長、長島は同政策調査会長という要職に就く。憲法議論に関し、希望の党は唐突に「憲法第8章改正による地方自治確立」を打ち出した。立党時の理念である「平和安全法制」、「憲法9条」などそっちのけだ。何故、憲法8条の改正を打ち出したのか。分かり易過ぎて、失笑を禁じ得ない。

 結局、この憲法8条の改正というお題目の打ち上げは、平和安全法制や憲法9条の議論から逃げるスケーブゴートなのだ。結党時は、その理念は共有できていた。しかし、民進党から「平和安全法制を支持する」という大嘘をついた大量の移民を受け入れ、選挙の結果として旧民進党議員がマジョリティーを形成してしまったため、平和安全法制や9条を引っ込め、議論から「逃げる」ことを選択したのである。

長島昭久


 細野、長島は、「俺たちゃ、改憲派」と言いたいのだろうが、筋が違う。本来、細野や長島は、玉木ら執行部が民進党と統一会派を組もうとしたとき、また、自分らが関与した「立党の理念」を執行部が方針転換しようとしたとき、松沢氏とともに異を唱える立場にあった筈だ。それを、後から加わったメンバーに迎合し、流れに任せて党の本質を変えることすら容認する理念なき、節操のない姿勢は、許されることではない。「改憲議論の王道」?聞いて呆れる。

nagashima-hosono.jpg


 松沢氏と行動を共にする中山恭子氏は、自身のFacebookにこう書いている。

選挙で有権者に対して訴えた党の綱領や選挙公約を、己の保身のために反故にするような恥ずべき行為はいたしません。


 希望の党の変質に関しては、長島、細野、松原仁などのチャーターメンバーは、後から加わったネズミどもよりも罪が重い。彼らが「立党の精神、理念」を掲げ、訴え、選挙を戦ったのは、たった3か月半前のことだ。有権者を馬鹿にするにも程があるというもの。唾棄すべき政治家として、いまも後世も、有権者に検証される者たちである。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2018/02/08 07:08 ] 政治 | TB(0) | CM(5)

翁長の「基地移設反対は地元の民意」というロジックが破壊された名護市長選

← 応援クリック、ありがとうございます。

 沖縄県名護市長選は、新人で自・公・日本維新推薦の渡具知武豊氏が、米軍普天間基地の名護市辺野古への移設阻止を訴えた現職の稲嶺進を破り、初当選を果たした。国防の要衝となる沖縄県で、しかも米軍基地移設で全国から注目を浴びる名護市であるだけに、注目も集まり、メディアも熱心に報道した。自民党のみならず、他の国政政党のコミットも強く、深い選挙戦だった。沖縄の基地問題に、光明が見えてきた。

渡具知武豊


 昨日が新聞休刊日にあたったことで、ある種の安堵を感じた反日新聞もあったかもしれない。反日新聞の報道は、日常通りとはいえど、この名護市長選に関しても公平さを欠いた偏向ぶりだった。まず、テレビや新聞に出て来る有権者はほぼ全てが基地移設反対派で、容認派の声はほとんど取り上げられていなかったのではないか。稲嶺の圧倒的勝利を予想したメディアは少なかったが、それでも報道のボリュームを見ていると、沖縄の声=辺野古移設反対という図式が強く伝わってきて、渡具知武豊氏が劣勢と見る向きも少なくなかった。ところが蓋を開ければ、3,458票差で渡具知氏の勝利。報道とは真逆だ。

 これには、基地容認を表立って言えない、名護市民の事情もあるだろう。信頼できる情報筋によると、沖縄の反日メディアは、反基地勢力である人達の住所や家族などの情報を、豊富な資金力を使い、ほぼ完全に調べ上げているという。そして、それら情報を反日勢力に流し続けている可能性もあるという。沖縄に集まる基地反対派の傍若無人ぶりを見ていれば、その反対派に目を付けられることは、生活を脅かされるのと同義だ。声に出せない民意が、渡具知氏を勝たせたと言えるのかもしれない。

 さて、落選した稲峰は、「残念ながら移設問題が争点となり得ず、はぐらかされてしまった」と語っていたそうだ。自身の政策発表会で、「市内の自然公園にパンダを招致する」という愚策を発表した稲峰が言うべきセリフではないだろう。逆に言えば、稲峰には基地移設反対くらいしか訴えることがなかったのだろう。ちょうど、憲法改正反対というシングルイシューにすがる、どこぞの国政政党と同じだ。渡具知氏を勝たせた名護市民は、決して基地誘致派ではない。町の振興のためには「やむを得ない」と言ったところだろう。その市民の心を動かしたのが、渡具知氏の政策だったのではないか。

 既にネットでは話題になっているが、この市長選の出口調査の年齢別投票先が興味深い。

名護市長選 年代別投票先


 投票先は60代を境にくっきり分かれ、50代以下では渡具知氏に、60代以上では稲峰に、支持が集まっている。将来世代は基地移設反対一辺倒の稲峰には市政を預けられないと判断したということだ。全国レベルと同じく、守旧メディアの影響力はシニア層に及んでも、将来世代を動かすことはできないという証左だ。

 この選挙結果を以て、沖縄県下11市長の勢力図は、オール沖縄が2、それ以外が9になった。県知事の翁長は、移設反対の理由を「地元の民意」としてきたはずだが、これがほぼ完全に崩れたこととなる。しかも、地元である名護市が、その翁長のロジックを否定したのだ。さぁ、翁長はこれからどういう理由をつけて、辺野古移設に反対するのだ?

 沖縄県知事選は今秋に予定される。自公および維新は、勝って兜の緒を締めよ。沖縄サヨクを、県知事選で粉砕だ!


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2018/02/06 07:07 ] 政治 | TB(0) | CM(7)

茂木大臣を追及する野党にブーメラン ~ 玉木、枝野は逃げずに説明せよ

← 応援クリック、ありがとうございます。

 国会が日に日にワイドショー化している。今の野党には「日本を語る能力」が全くないから、政府・与党に属する議員の疑わしき問題を針小棒大に取り上げ、スキャンダル化することで支持率を下げようとする。彼らは偉そうに政治倫理を語ろうとするが、政治倫理が求められるのは、なにも政府与党に限ったことではなく、野党の連中にも同じ倫理や規範が求められるのは言うまでもない。

 茂木経済再生担当相の、選挙区内で線香や手帳を配っていた問題が取り沙汰されている。毎日新聞など、今朝の社説でこの問題を取り上げ、大臣の答弁を「この説明で納得する人は、ほとんどいない」と批判している。野党は野党で、この新たなネタに食いつき、政権批判を強めることを目論んでいた。だが、同じ問題が自分の側にいくつも噴出し出し、その勢いが尻すぼみに終わる可能性が大となっている。

 茂木大臣の出処進退にまで言及していた希望の党の玉木に、それ以上の問題が発覚した。玉木が代表を務めた民主党香川県第2区総支部が、2010~12年の3年間に、110件の慶弔費として、総額59万5000円を支出したとする明細書が、夕刊フジによって暴露された。玉木は2日に予定していた記者会見を、「会見するほどの事態ではない」と言って逃亡。いつも政府与党に説明責任を求める側の対応としてはありえない。姑息さにもほどがある。

玉木


 姑息なのは、立民の枝野も同じだ。

「線香」野党に飛び火 民進系“お家芸”再び 希望・玉木代表「出処進退」促したのに茂木氏と同様説明(産経)

 元民進党代表でもある立憲民主党の蓮舫参院国対委員長も今月1日の参院予算委員会で「線香をタダで配る、政治活動の目的を教えてください」「線香を配ると党勢が拡大するのか」と茂木氏に迫った。ところが、立憲民主党の近藤昭一副代表や風間直樹参院議員が政党支部や関連団体の収支報告書に線香代を記載していたことが判明し、きれいにブーメランが決まった。両氏の事務所に配布の有無などを尋ねる質問状を送ったが、2日夜の時点で返答はない。

 同様のケースは民進党政調会長時代の山尾志桜里衆院議員(現立憲民主党)にも発覚している。当時は民進党幹事長だった立憲民主党の枝野幸男代表は2日、記者団に問われて歯切れ悪くつぶやいた。

 「立憲民主党に入ってからの話でもないので、必要があれば本人が説明するのではないか…」


 この枝野のコメントも、政府与党に求められる基準は、自分の党には当てはまらないという釈明であり、姑息である。政府与党の議員に過去の問題があれば、それを追及するのが野党である。最近では、野党が、稲田元防衛相が籠池氏の弁護を務めたという過去を攻めたてたが、これは稲田氏が議員になる前の話だ。同様に、過去に蓮舫が、「在日の中国国籍の者として」と発言していた件を、枝野は「民主党に入る前の話だから」と釈明しただろうか。つまり、倫理や規範が二重構造になっており、政治家にに求められる倫理・規範は、政府与党と野党では異なると言っているに等しい。

 玉木や枝野、および、茂木大臣と同じ問題を抱える野党議員は、茂木大臣と同様に、有権者に対しての説明責任を負っている。正面切って説明してみろ!


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2018/02/04 10:04 ] 政治 | TB(0) | CM(8)

バカに議席を与えるという、計り知れない国益の損失

← 応援クリック、ありがとうございます。

 サヨクはよく、自由や権利を声高に叫び、それらに普遍的な価値を求めたがる。なるほど、自由や権利は憲法でも保証される、一つの価値観だ。しかし、そういう自由や権利の裏側には、必ず責任や義務というものが付帯する。自由や権利は何物にも束縛されないというのはまやかしで、どの自由にもどの権利にも、責任が付きまとうのだ。左側の人たちがヘイトスピーチと言って言葉狩りに励むのも、言論が自由だけではないことの裏返しだ。

 そういう概念を、国会議員すら理解していないのだから、この国の先が危ぶまれる。山本太郎は、昨日の参院予算委で、安倍総理に対し、「籠池氏と奥様は半年以上にも渡り窓もない独房で長期間拘束されている。総理ご自身が口封じのために長期拘留を指示したなんてことはありませんよね?」と問うた。これには理事の議員から物言いがつき、議事録で精査の上、理事会で協議ということになったが、この質問自体が名誉棄損レベルではないか。相手が権力者だからと言って、権力に抗う側が何の根拠も示さないまま、相手を貶めるようなことを言うのは言語道断だ。

 民進党の小川敏夫も酷い。もう1年経つ森友問題追及だが、昨年、朝日新聞と結託して「安倍晋三記念小学校」という学校名の可能性を散々追及していた民進党だが、黒塗りになった小学校名を「中身を想像して質問しただけだ」と開き直った。安倍総理に「「これを延々と議論する考えが解らない」とたしなめられ、「黒塗りのスペースの部分を見ればおかしいと思うはず」と嘲笑されてなお、この問題に食い下がった。この民進党の姿勢も、無責任の極みだろう。朝日新聞の妄想のスプリンクラーの役目を、彼らは嬉々として遂行した。追及が的外れだったと判明した時点で、民進党は先ず、総理に謝罪すべきだろう。それが責任というものだ。

 そして、小西弘之。このバカは、あの上西小百合と同じく、炎上商法を生業としているとしか思えない。訪中した河野外相が、いつもは強面で、日本に対して辛辣な言葉を発する支那外務省の華春瑩副報道局長とのツーショット写真を、「有名な中国の女性と」というコメント付きでアップしたことに対し、河野大臣を馬鹿呼ばわりしている。


 このツイートは、河野大臣自身の「写真撮る時に相手の「格」を考えて撮っている人もいるんだ。疲れそう。」という乾いたツイートで瞬殺されたが、素直に負けを認められない小西は、まだごにゃごにゃ言っているようだ。面倒くさいしバカバカしいので、引用は控えるが。

小西洋之
バカと手を携えるバカ


 小西は、トランプ米大統領が自称慰安婦とハグしたとき、それを「格の違い」とし、トランプをバカだと批判しただろうか。オバマが広島で被爆者の男性をハグしたとき、ひと言でも批判したか。もっと言おう。例えば天皇陛下が行幸され、一般国民と会話されるとき、格の違いを持ち出すだろうか。陛下は時折、勤労奉仕で皇居内の除草や清掃などをする民に、優しく声を掛けられるそうだ。相当な格の違いだが、それを否定的に語ったことがあるのか。小西という下衆...、何か言葉を発した瞬間から論理破綻なのだ。

 朝貢というのは、かつて民主党に小沢一郎がいたころ、600人以上の大訪中団を連れて胡錦涛の前で平伏した外交を言う。また、次期トップと目されていた習近平が来日した際、天皇陛下のお気持ちを「忖度」して、陛下とキンペーの面会をごり押ししたのも小沢の朝貢外交だ。身近にいい見本があるのに、朝貢の定義を間違うとは、こいつは本当に東大出なのか。

 野党だからといって、政府与党の批判を、言葉を択ばずしていいという道理はない。政治家というもの、与野党を問わず、ことばに責任を持つべきだ。小西のようなバカを見て、「あ、バカでも国会議員になれるんだ」などと思われたら、それこそ国益の損失は計り知れない。

 こういう品格も分別もない者たちは、次の選挙でバッジを剥奪するしかない。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2018/02/02 07:09 ] 政治 | TB(0) | CM(11)

立民長妻の質問を聞いていると、野党のダメさ加減がよくわかる

← 応援クリック、ありがとうございます。

 年が改まって通常国会がスタートしたが、倒閣野党の連中は相も変わらず「モリカケ」で政府を追及し、そこにスパコン助成金不正受給が加わり、新たに与えられた餌を貪っているようだ。モリカケは、昨年の常会、臨時国会、特別国会の貴重な時間を散々使った挙句、なんら新事実を提示できず、ほぼ勝負がついた案件だ。野党の目的は倒閣だが、その点において彼らは敗北したのだ。昨日書いた通り、朝日は古いネタを新ネタのように書いて、印象操作を図っている。野党の連中のオツムのなかもほぼ同じで、彼らは国民の耳に絶え間なく「モリカケ」を聞かせておきたいのだ。安倍政権に対する悪印象を植え付けるためだが、同時に、政権を攻撃するネタが他にないということなのだ。

 昨日の立憲民主党、長妻昭の質問は、酷いものだった。質問する、答弁を遮る、挙句の果てに座ったまま質問し、麻生財務相に「質問するときは立って質問しろや」とたしなめられる始末だ。民進党時代は低支持率に喘ぎ、ほとんど存在そのものが忘れられていた長妻だが、立民がタナボタ的に反政府層の支持を集めたことで、何か勘違いをしているようだ。代表代行、政調会長という肩書を得て、さも大物政治家になったような振る舞いだが、自らの主戦場であった年金問題でほぼ何もできなかった過去を、有権者は決して忘れない。

長妻


 さて、その長妻、カジノについての質問をしている。長妻の主旨は、「日本は世界で一番ギャンブル依存症が多いのだから、カジノなんて作るな」というものだ。この質問に対し、自民党の杉田水脈議員がツイッターで「カジノが無いのに何故一番ギャンブル依存症が多いのか?パチンコがあるからです。立憲民政党はどうしてそのことに言及しないのでしよう?」と間髪なくツッコミを入れ、あえなく終了だ。

 世の中の事象には必ず原因がある。日々、ギャンブル依存症を生産する最大の巣窟がパチンコであることは、周知の事実だ。依存症対策であれば、先ずはパチンコを俎上に載せ、対策を講じるべきだろう。正義の味方ぶって、モリカケで政治や行政を批判しても、それは単に「安倍政権を退陣に追い込む」材料でしかない。彼らは本質的な部分を解決しようなどと、はなから思っていない。

 野党第一党にしてこの体たらくだ。私は、この長妻の質問が、野党のダメさ加減を象徴しているように思う。何故野党がダメなのか。それは彼らの姿勢に「打倒安倍政権」しか見えないからだ。国家ビジョンがない。立憲民主党の綱領は、「立憲主義」、「共生」、「分配」、「平和と安全」が記されているが、その綱領には具体性がなく、また、実現しようとする政治姿勢は皆無だ。国民はそういう批判だけの政党を、既に見透かしているのだろう。

 昨日、長妻は、朝日新聞が新ネタに見せかけた「昭恵夫人が棟上げに行ったのか」云々を利用し、政府を追及した。立民と朝日は「打倒安倍政権」では同根だが、新聞と同レベルでは政治家は務まらない。希望の党も、民進党の浸食が進行し、民進党時代の「批判専門家集団」になろうとしている。安倍政権は益々安泰だということになる。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2018/01/30 07:10 ] 政治 | TB(0) | CM(5)
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: