FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  史観

護憲派はウクライナの最前線で「9条原理主義が無力である」ことを自覚してくるべきだ

← 応援クリック、ありがとうございます。

 女性初の東大教授の中根千枝氏が、このようなことばで日本人的な特性を表現している。

 「熱いものにさわって、ジュッといって反射的にとびのくまでは、それが熱いといくら説明しても受け付けない。しかし、ジュッといったときの反応は実に巧みで、大けがはしない」


 山本七平は、著書「空気の研究」のなかで、これを「情況を臨在的に把握し、それによってその情況に逆に支配されることによって動き、これが起こる以前にその情況を論理的体系的に論証してもそれでは動かないが、瞬間的に情況に対応できる点では天才的」という表現で解説している。

 現行憲法では国を守れないと薄々分かっている人も、例えば終戦の日に近づくにつれ、特定放送局が戦争の悲惨さだけをクローズアップするような放送でその人々を洗脳することによって、「戦争はしてはならない」「平和が何よりも尊い」というプロパガンダに拘束されてしまうのである。隣国に独裁国家があっても、毎日のように領海侵犯が起こって領土を脅かされようとも、動けない。尖閣沖で海保の船に体当たりする船長が出てきて初めて、その情況に反応するのである。

 従って、日本人が目覚めるのは「ジュッという熱さ」を体験することしかないように思われるが、それはあくまで受動的な覚醒を意味するし、それが領土への侵略など、何らかの代償を伴うものであったとするなら、受動的な覚醒は遅すぎるということになる。なかんずく、「9条を守れ」と叫ぶ人々は、そういう覚醒すら拒否する思考停止の集団なのだろう。

 そういう9条原理主義者たちに聞かせたいのが、ウクライナからの留学生、ナザレンコ・アンドリー氏の公開憲法フォーラムでの発言だ。

 「1991年、ウクライナがソ連から独立したとき、核兵器と100万人の軍隊があった。維持費がかかり、隣国に警戒されるとして、核兵器をすべて譲り、軍隊を20万人に縮小した」
 「ウクライナ人の多くも、『隣国に侵略されることは非現実的だ』と考えていた。今、平和ボケしていた時期を振り返ると、『戦争が一切起きない』と考えさせることも敵の戦術の1つだった」

ナザレンコ・アンドリー


 「日本の自称平和主義者を、ウクライナの前線に連れて行きたい。戦火で燃え尽きた村の廃虚、ミサイルが落ちている中で学校の地下に隠れる子供たち、戦没者のお墓を見せて聞きたい。『貴方が望んでいる日本の未来はこれなのか?』と」(zakzakより抜粋)


 ナザレンコ・アンドリー氏が説明する、独立からロシアの侵攻を許すまでのウクライナの動きは、日本の護憲派の主張と全く同じだ。彼は、「護憲派の主張は、ウクライナが犯した『過ち』と非常に似ている。戦争は言葉で止められるなら、その言葉を教えてほしい」と語る。全くその通りだ。北朝鮮を観てみれば良く分かる。彼らは経済規模では弱小国だが、核を持つことによって米国を揺さぶるまでになっている。北朝鮮の存続を可能にしているのは、経済でもなく、交渉力でもなく、「核兵器」という軍事力なのだ。隣国が核武装する中、自国を自衛隊すら認められない状態のまま日本を冷凍保存することによって、日本の存続が北朝鮮とは逆に、脅かされる方向に向かっていることに目を向けなければ、平和を語る資格など無い。

 「9条死守」、「改憲発議を阻止せよ」と叫ぶ人々は、国内で騒ぐだけでなく、ナザレンコ・アンドリー氏が言うように、ウクライナの最前線を観てみるべきだ。ウクライナは「ジュッという熱さ」を経験したが、その経験は、国を守るには遅すぎた。日本国民はその熱さを経験する前に、「巧みな反応」を促す覚醒を必要があるのだ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2019/05/13 07:09 ] 史観 | TB(0) | CM(6)

脱支の元号「令和」と、元号にかこつけて安倍総理を批判するアベガーたち

← 応援クリック、ありがとうございます。

 4月1日に向け、メディアも国民の多くも参加してきた新元号協奏曲。勝手な予想が散々垂れ流されたが、その協奏曲に菅官房長官が終止符を打った。

新しい元号は、令和であります。


令和


 何でもいいから批判に結び付けたい陣営は、この新元号をディスることに殊更注力した。さしずめ、これらの人たちなど格好のサンプルである。


 これなら、共産党の志位の論理の方が、よっぽどすっきりする。特に小田嶋など、安倍総理を批判するという前提でしか、元号を観ていないのだ。朝日新聞の「結論報道」(あらかじめ決めた結論にあわせて記事を書く報道)と構造は同じである。

 もっと残念なのは、次の総理候補というイメージがしぼみつつある石破茂だ。

【新元号】自民・石破氏「違和感ある。『令』の意味説明の努力を」(産経)

 自民党の石破茂元幹事長は1日、新元号が「令和(れいわ)」に決定したことについて、「違和感がある。『令』の字の意味について国民が納得してもらえるよう説明する努力をしなければならない」と述べた。記者団代表による電話取材に語った。

 石破氏は「令」が「命令」を連想させることを懸念したとみられる。石破氏は「新しい時代は戦争がなく、人々が対話する時代になるようにと思う」とも語った。


 石破は、総理の会見を観たはずだが、総理は会見で元号の意味を丁寧に説明している。万葉集にある「初春の令月にして 気淑(よ)く風和(やわら)ぎ 梅は鏡前の粉(こ)を披(ひら)き 蘭(らん)は珮後(はいご)の香を薫(かおら)す」との文言から引用したものという、明確な説明だ。令月とは、「何事をするにもよい月。めでたい月」という意味だそうだが、石破は安っぽいコメントを発する前に、令月の意味を調べようとしてみたのだろうか。

 今までの元号は、これまですべてが支那の古典が出典だった。来る「令和」は、歴史上はじめて日本の和歌が出典となる。それも、天皇や皇族、貴族から、防人や農民まで、身分を問わない人々が詠んだ和歌を集めた万葉集だ。今までの伝統から、日本独自の文化に根差した伝統を作っていく元年となる。この改革を、日本国民として歓迎したい。

 山口二郎や小田嶋隆、石破茂は、「令和」をディスり続けるだろう。しかし、一ヵ月後に次の御代を寿ぐ段階になって、彼らはそれでもこの元号をディスり続けられるだろうか。もしそうだとしても、彼らは完全なマイノリティであり、国民の大多数は彼らアベガーのことを冷ややかな目で観ることになるだろう。

 新元号「令和」を歓迎する。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2019/04/02 07:07 ] 史観 | TB(0) | CM(7)

新元号発表を前にあれこれ言う残念な人々

← 応援クリック、ありがとうございます。

 明日、新元号が発表される。「そもそも、元号って要る?」という元号否定派も存在するようだが、そういう人々は、元号がなくなることの不便さを理解していないか、もしくは天皇のご存在そのものを否定する革命派だろう。大化の改新を「646年改新」とか「飛鳥改新」と呼ぶのは不便だ。大正デモクラシーは「1910年代~1920年代デモクラシー」と呼ばなければならない。明治維新は一体どうなるのか。

平成


 元号というのは、日本人が時代を認識するためにはかなり便利なものなのだ。おっさんくさいダジャレを言うと、「昭和だね」とたしなめられる。日常的な会話の中にも、元号は根強く存在するのだ。戦後、進歩的文化人から元号の否定論が出たが、福田恒存はそれをきっぱりと否定している。

元号

 元号廃止の動機の一つは天皇制廃止、もしくは軽視の意図であるが、これは開花主義と同じで、君主制は保守的であり、共和制は進歩的であるといふ何の根拠も無い浅薄な考へ方に基づいてゐる。そして同様に元号廃止は歴史、伝統の断絶と文化の荒廃を齎(もたら)す。エリザベスス朝文化、ヴィクトリア朝文化と同様に、元禄、天明の文化と言はねばならぬ歴史的事実があるのだ。それを西暦一本で片附けろと言はれたら不便極まり無い。試みにこの私の文章の江戸、明治、大正、戦前をすべて西暦で表記しなければならぬとしたら、どうなるか考へてみるがいい。第一、クリスチャンでない日本人、ユダヤ人、アラビア人が何でクリスト教紀元にのみ附合はねばならなぬのか。現在、国際法と国内法と両建てで行かねばならぬ限り、西暦と元号の両建ては改めて問題にするまでも無く当然の事であらう。

「日本への遺言―福田恒存語録」より


 共産党は今でも元号廃止論を是としている。志位和夫は「元号は、時をも君主が支配するとの考えからきている。国民主権の原則になじまないと考えている」と主張するが、我が国の皇室が国民を「支配」したことはない。元号を廃止したからといって、国民主権が強化されるわけでもなく、民主主義が発展するわけでもない。共産党の元号廃止論は、福田恒存が言うように、「天皇制廃止」の一里塚である。元号がない国が国民主権を実現しているというなら、彼らのお里の中共の例を挙げて、具体的に述べてみたらいい。

 元号は是とするが、その元号の選定に関し、時の政権に絡めて「これだけは嫌!」と叫ぶ陣営もある。文学者の内田樹は、Twitterで元号に「安」や「晋」が入るなら、二度と元号を使わないそうだ。


 内田のような人のオツムのなかでは、安倍総理が独裁的支配者と定義されているのだろう。だから、仮に元号に「安」が入れば、それは安倍総理自身が望みによるものか、もしくはその希望を忖度した上での決定だというシナリオが、勝手に形成されているのだ。まぁ「勝手にどうぞ」といったところだが、文学者にして、この大人げなさ。イデオロギーはいい大人を幼稚にさせるものだ。「韓国が嫌いならキムチ食べるな」、「中国が嫌いなら炒飯食うな」と言っているようなものである。

 改元がこれだけ話題になるというのは、元号が日本人にとって不可欠のものであることの証左だ。どんな元号になるか楽しみに待ちたいが、決定後、志位や内田のコメントを聞いてみたいものだ。


日本への遺言―福田恒存語録
日本への遺言―福田恒存語録



最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2019/03/31 07:25 ] 史観 | TB(0) | CM(14)

BTSというバカ発見器、今度は津田大介が釣れた

← 応援クリック、ありがとうございます。

 テレ朝が防弾少年団(BTS)のミュージックステーションへの出演を見送ったことが端緒となり、彼らの日本における年末の音楽特番への出演が、全て白紙になったという。スポニチによれば、NHK紅白歌合戦は検討していた出場のオファーを見送り、フジテレビ「FNS歌謡祭」は打診していた出演を撤回、テレ朝の「ミュージックステーション・スーパーライブ」も出演案が消滅したそうだ。

 当然の対応だろう。ことがここまで大きくなってくれば、出演させる側のリスクも比例して大きくなる。一緒に出演させられる日本人アーティストにとっても迷惑なことになる。その中に、広島、長崎出身のアーティストがいれば、なおさらだ。

 さて、このBTSなるグループが起こした「原爆Tシャツ騒動」も、一種のバカ発見器になるようだ。昨日は、脳科学者が釣れた話を書いたが、パヨクに好かれるこの人物も、こういうツイートで釣れた。


津田大介


 本島等の名前を持ち出したことには驚いた。本島といえば、長崎市長の任にあるときに、「天皇に戦争責任はある」と発言した有名な左翼政治家だ。南鮮から韓日平和交流功績賞なる表彰を受けたり、中核派の機関紙に寄稿したりと、活動が極めて極端な政治家として知られる。津田が引き合いに出した「広島よ、おごるなかれ」で、本島はこう書いている。

「日本が(終戦までの)過去15年間にわたってやってきた非人道的な行為を考えると、原爆の投下は日本に対する報復としては仕方がなかった。落とされるべきだった」


 いわゆる日本悪玉史観や贖罪史観という、戦後左翼の価値観を代弁するような人物だ。例として出すには、あまりに極端なものだろう。また、本島は朝鮮についても語っている。

「北朝鮮がミサイルを撃ったことは悪いことではあるが、そもそも三八度線は日本人が作った」
「北朝鮮に徹底的に謝罪しなきゃならん義務が残っている。」


 まるで、社会党か共産党が言っているようなことを、津田は参考にせよと言っているのだ。実際に、本島は長崎市長選で、共産党の支持と応援を得ている。「それぞれの国に歴史がある」というのはわかるのだが、他国が自分たちの都合の良いように歴史を書き換え、その偽りの歴史観とも対等に対話せよと言われても、「はい、そうですね」と言えるはずがない。


 津田は遠回しに、原爆Tシャツを批判している人を「モンスタークレーマー」と表現しているようだ。ネットは世論全体を表さないが、世論の一部ではある。守旧メディアが衰退の道をたどる中で、そのメディアがネット世論を無視できなくなる状況が起こっているのであって、別におかしいことではないのではないか。

 津田も、改めて釣れた。今回のバカ発見器も、大漁だ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2018/11/11 07:20 ] 史観 | TB(0) | CM(11)

終戦の日と靖國神社

← 応援クリック、ありがとうございます。

 8月15日。終戦の日である。なぜ終戦“記念日”というのかわからない。15日は日本の敗戦が決定した日であり、敗戦を記念するなど不思議な感覚としか思われない。この記念日という呼称にも、GHQの占領政策と日本人の歴史認識の歪みが現れているように思えてならない。

 今日の論説は別に語るとして、昨年8月15日の朝日新聞社説「72年目の8月15日 色あせぬ歴史の教訓」には何と書いてあったか。

 ■いまを見る歴史の目

 社会が息苦しさを増す過程で最初にあらわれ、後戻りすることがなかったのは、多様性の否定だった。朝鮮、台湾の植民地や沖縄で日本への同化教育が行われ、国内でも天皇機関説事件などによって、学問や言論の自由が急速に失われていく。
 享受している生活が、そうした価値と引き換えであることに気がつかなかった人、気づいたけれども声に出さなかった人。その後の日本にどんな運命が待ち受けていたかを、後の世代は知っている。
 歴史の高みから「分岐点」を探し、論じるのはたやすい。ではいまの社会は、数十年後の日本人からどんな評価を受けるのだろうか。


 戦前戦中と、戦争を煽りまくった朝日新聞が、後の時代の日本人から受ける評価について書くという厚顔無恥。開戦の主張だけでなく、慰安婦、百人斬りなど、創作をもとにした日本バッシングの原因を作ったのも朝日新聞だ。慰安婦捏造記事の発信から30年後、朝日は日本人にバッシングを浴びている。昨年、この社説を読んだとき、よくこういう文章を書けるものだと思った。朝日新聞の報道犯罪こそ、色あせていない。色あせるどころか、日に日に鮮明さを増してくる。

 思えば、今日、多くの人が参拝に訪れるであろう靖國神社を政治問題化したのも、他ならぬ朝日新聞である。そしていまだに、政治家の靖國神社参拝に目くじらを立て、中共にご注進するような報道を連発するのも朝日だ。日中友好条約を締結して今年で40年が経過するそうで、日中の関係修復も徐々に進んでいるようだ。従って、今年も安倍総理はこのような状況を慮り、参拝は見送るだろう。何とも残念である。

靖国神社


 1985年、首相や閣僚の靖國参拝が政治問題化していることを受け、中曽根内閣が藤波官房長官直轄の「閣僚の靖国神社参拝問題に関する懇談会」(靖国懇)を設定した。その懇親会の後、懇談会のメンバーであった江藤淳は、「生者の視線と死者の視線」という論文のなかでこう主張している。

 自衛隊は、高度の政治的判断によって設置された。日本国内に二個師団余り駐留していた米占領軍が朝鮮戦争の勃発とともに朝鮮半島にスイングされて、日本には補給部隊しか残らないという軍事的空自が生じた。治安も危ないというので、とにかく米式装備で警察予備隊という名前の武装集団を作ってしまえという危機感から出来た。かくのごとく喫緊かつ高度の政治的判断から超法規的に作られた組織ではあるけれども、その事実が今日に及んでいる。

 ために現今の国会における外交・防衛論議は、あたかも中世神学の教理問答もかくやという様相を呈している。それでも政府は自衛隊を維持し、生者の防衛と安全を確保しようとしているじゃないか。それならなぜ死者の追悼と慰霊について同じ態度をとらないのか?

 そう覚悟すれば、中曽根首相の選択肢はおのずから決ってくるはずではないか。自分は参拝する、違憲合憲は何年かかって論じてもよい。しかし死者をとむらい、公式参拝することは社稷を保つ上で喫緊の重要事であるから、総理大臣中曽根康弘としては堂々と公式参拝する。神道の儀礼に従い、春秋二回の例大祭に行い、八月十五日に行い、その他必要な場合には何度でも参拝する。そして後継の総理大臣も同様に参拝するよう要請するという閣議決定を行って置く。それについて違憲だという意見があってもかまわないし、反対デモが起こっても意に介さない。あたかも六〇年安保条約改定のときの岸首相と同じように、身体を張ってやればよい。

 したがってこの問題は、実は法律論ではなくて、より本質的には文化論であり、実務上の突破口は政治論である、政治的決断の問題であると、私は靖国懇の席上何度も主張したのです。


 日本の首相の態度は、こうあって欲しい。朝日新聞や中共や朝鮮がなんといおうと、これは死者を弔う日本文化の問題である。恐らく、安倍晋三後の首相に、政治的突破力を期待することは難しく、憲法問題とともに、本来問題でもない靖国参拝を騒ぎ立てるレジームに終止符を打ってもらいたい。

 そんなことを考えながら、今日、九段に向います。

新版靖国論集―日本の鎮魂の伝統のために
新版靖国論集―日本の鎮魂の伝統のために



最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2018/08/15 07:10 ] 史観 | TB(0) | CM(6)
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ