FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  社会問題

桜田五輪相の発言全文を読めば「がっかり」批判はあたらない

← 応援クリック、ありがとうございます。

 桜田義孝五輪相が「ガッカリした」という発言で炎上している。競泳女子の池江璃花子選手が白血病と診断されたことを公表した。テレビで見る池江選手は健康そのものであり、その印象が非常に重い病を患っている現状と直結させづらい。非常に人気がある選手で、東京五輪での活躍が期待されていただけに、スポーツファンのみならず、多くの国民にショックを与えることとなった。

 桜田大臣の「ガッカリ発言」は本当にそこまで酷いものなのか。実は、大臣のコメント全文を読むと、まるで印象が変わる。産経新聞が全文を掲載しているので、注意深く読んでいただきたい。

「がっかり」だけではなかった 桜田五輪相発言全文 (産経)

 --きょう、競泳の池江選手が自らが白血病であることと、しばらく休養することを発表しました。大臣として、これについての受け止めをお願いします

 「正直なところ、びっくりしましたね。聞いて。本当に。病気のことなので、早く治療に専念していただいて、一日も早く元気な姿に戻ってもらいたいというのが、私の率直な気持ちですね」

 --競泳の中ではですね…

 「本当に、そう、金メダル候補ですからねえ。日本が本当に期待している選手ですからねえ。本当にがっかりしております。やはり、早く治療に専念していただいて、頑張っていただきたい。また元気な姿を見たいですよ。そうですね」

桜田五輪相


 --大臣はこれまで、池江選手の活躍をどのようにご覧になられてましたか

 「いやあ、日本が誇るべきスポーツの選手だと思いますよね。われわれがほんとに誇りとするものなので。最近水泳が非常に盛り上がっているときでもありますし、オリンピック担当大臣としては、オリンピックで水泳の部分をね、非常に期待している部分があるんですよね。一人リードする選手がいると、みんなその人につられてね、全体が盛り上がりますからね。そういった盛り上がりがね、若干下火にならないかなと思って、ちょっと心配していますよね。ですから、われわれも一生懸命頑張って、いろんな環境整備をやりますけど。とにかく治療に専念して、元気な姿を見せていただいて、また、スポーツ界の花形として、頑張っていただきたいというのが私の考えですね」

 --最後に一言だけ。池江選手にエールを送るとしたらどんな言葉を

 「とにかく治療を最優先にして、元気な姿を見たい。また、頑張っている姿をわれわれは期待してます、ということです」


 私は、桜田大臣を全面的に擁護するつもりはないし、氏に脇の甘さがあるとは思う。ただし、桜田大臣の「ガッカリ」を「選手を駒としてしか見ていない」とか、「人としてどうなの?」というのは明らかに行き過ぎた批判ではないだろうか。大臣は、「早く治療に専念していただいて、一日も早く元気な姿に戻ってもらいたい」という素直な気持ちを、何よりも先に述べている。ところが、報道ではその部分が省略され、「ガッカリした」という言葉のみが切り取られている。ネットを暫く調べてみたが、批判の多くはその切り取られた部分についてのものであるようだ。

 この現象は、メディアが引き起こしたものだろう。朝日新聞はわざわざ社説まで使い、桜田大臣の人間性まで否定しようとしてる。

(社説)桜田五輪相 妄言・迷走も極まれり(朝日)

 人間の尊厳をどう考えているのか。それよりも金メダルや国威発揚が大事なのか。

 白血病と診断されたことを公表した競泳の池江璃花子(りかこ)選手について、桜田義孝五輪相がおととい、NHKの記者らに対し、「がっかりしている」「(五輪の)盛り上がりが若干下火にならないか、心配している」などと感想を述べたという。

 信じがたい発言だ。かねて閣僚としての資質が疑われてきた桜田氏だが、その任に堪えないことが改めて明白になった。

 きのうになって「配慮を欠いた」と発言を撤回したが、池江選手本人や家族、周囲で支える人を傷つけ、快復を願う多くの国民との間に、深い溝が刻まれたのは間違いない。野党が一斉に批判したのは当然だ。(抜粋)


 朝日新聞は切り取り犯であると同時に、許し難い偽善者だ。桜田大臣の発言が「池江選手本人や家族、周囲で支える人を傷つけ、快復を願う多くの国民との間に、深い溝が刻まれたのは間違いない」と断定し、「人間の尊厳を踏みにじる人」としての桜田像を読者に植え付けようとする。桜田大臣と、池江選手を心配する国民を意図的に対立させ、大臣を国民の敵に仕立てあげる手法だ。だが、朝日こそが、池江選手に寄り添うふりをしながら、実は彼女の病を政争の具として利用し、大臣批判、内閣批判を展開しているのである。桜田大臣の資質を言うのであれば、「言論機関の任に堪えないのが朝日新聞である」ということばを返したい。

 麻生副総理も度々「発言切り取り報道」の被害者となっているが、恣意的な報道に流されるなという点でいえば、恰好のサンプルである。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2019/02/15 07:10 ] 社会問題 | TB(0) | CM(6)

新井浩文事件にかかわる批判は今の日韓関係の反映であり、ごく自然なことだ

← 応援クリック、ありがとうございます。

 2月1日、出張マッサージ店の女性エステティシャンに性的暴行(強制性交)をはたらいたとして、俳優の新井浩文こと朴慶培(パクキョンベ)が逮捕された。最近の南朝鮮の政治、ことさら文在寅政権による反日政策によって醸成されている日本国民の反韓感情で、肩身の狭い思いをしている在日コリアンも多いだろう。新井浩文による暴行事件は、彼らにとってまさに泣きっ面に蜂というところではないか。

 炎上商法を生業とするウーマンラッシュアワーの村本某は、この事件に関し、またもや意味不明のツイートを発信し、その炎上商法に磨きをかけている。


 まず、新井こと朴が起こした事件が騒がれている理由は、彼が俳優という立場であることと、事件の悪質性だろう。犯罪を起こした者が有名芸能人であるなら、情報の量も多くなり、それについて話す人も多くなる。ネット社会は、個人がそれぞれ自由に発言できる空間であり、今回のような悪質な暴力がネタになったら、それについて話題にする人が多くなるのは必然だろう。

新井浩文


 新井が在日コリアンだという属性は、当然、話題になる。村本は、「新井浩文が在日朝鮮国籍(ママ)だとわかった瞬間にバッシングが何万倍にもなる」と言っているが、何万倍という根拠のない指摘はこの際置いておくとして、在日コリアンだと判明した時点で批判が多くなるのは当然ではないだろうか。例えば、在日米軍が沖縄で暴行事件を起こせば、反日メディアやパヨクが一斉にそれを取り上げ、糾弾する例はいくらでもある。そのことを指摘せずに、「在日だから批判が何万倍」というのは、明らかにダブルスタンダードだろう。また、「日本名を名乗る有名人が、実は在日だった」という事実も、犯行と報道にインパクトを与えるものになったことは否定できない。「役者人」というくだりに関しては、意味不明で、論評にも値しない。

 仮に、彼が在日南鮮人であるから(H.S. Kimさんのツイートを参照)、何万倍とは言わずとも、批判が増加するとすれば、それは彼の国が取ってきた反日政策に対する日本国民の鬱憤や不満のせいだろう。確かに、新井こと朴は、南朝鮮を代表する人物ではない。しかし、南朝鮮に対する感情が悪化の一途を辿る中で、性的暴行を働いた有名俳優が南鮮籍という事実を以て話題が沸騰するのは、むしろ自然な流れだろう。これは「人種差別」でもなんでもない。在日南鮮人を十把一絡げにバッシングするのは褒められたことではないが、良くも悪くも、それが今の日韓関係だということだ。恨み節を言うなら、日本ではなく本国に向かってやってもらいたい。

 電子版を確認する限り、朝日新聞は1日の初報で、新井の南朝鮮籍という事実を報じなかった。新井本人ですら隠さなかった国籍を、あえて隠す朝日こそ、異様である。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2019/02/05 07:08 ] 社会問題 | TB(0) | CM(10)

ローラさんやりゅうちぇるさんは、辺野古だけでなく、普天間をどうするかも合わせて語るべきだ

← 応援クリック、ありがとうございます。

 タレントのローラさんが、米軍普天間飛行場辺野古への移設工事を止めるよう求める嘆願書に賛同する署名を呼びかけたことが話題となっている。フォロワーが520万人もいる公式インスタグラムに、「みんなで沖縄をまもろう! たくさんの人のサインが必要なんだ」「美しい沖縄の埋め立てをみんなの声が集まれば止めることができるかもしれないの。名前とアドレスを登録するだけでできちゃうから、ホワイトハウスにこの声を届けよう」と投稿したそうだ。

 芸能人の政治的発言は自由であり、芸濃人であろうとなかろうと、ひとりの国民として発言や表現の自由があるから、この発信行為を批判することはできない。むしろ、芸能人にとってタブーとされている政治的発言を、批判覚悟で投稿したことについては、「思い切ったな…」という感想を持つ。美貌はもちろんだが、彼女はおバカキャラを売りにしている部分もあり、事務所にとっては好まざる発信だったのかもしれない。同じく、タレントのりゅうちぇるさんもこの署名活動への賛同を呼びかけ、話題は更に拡大されていく。

ローラ


 しかし、公人としての政治的発言は、賛否両論、様々な意見を交錯させる基になるものだ。辺野古移設反対派はこの発信に便乗し、推進派は真っ向から批判する。反対派の親玉のひとりである玉城デニー沖縄県知事は、彼らの発言を採り上げ、こうツイートしている。


 世間一般の人と比較して影響力のある芸能人であるから、ローラさんやりゅうちぇるさん、その他、玉城が言う「たくさんの方々」の政治的主張には反論しなければならない。ローラさんは美しい沖縄の海を埋め立てるなという。この場合の「沖縄の海」が、辺野古を指すのか、それとも沖縄の海すべてを指すのかは不明だ。「沖縄をまもろう」という発言の文脈からすれば、沖縄すべてを指すのだろう。それなら、「米軍は沖縄から出ていけ」という意味に捉えられなくもなく、主張は反基地運動を展開する土人連中とさして変わらない。

 辺野古の海を埋めるなというだけでは、この基地問題の半分も語っていないことになる。辺野古は、世界一危険な基地である普天間の移設に端を発した問題であり、辺野古埋め立てNOなのであれば、普天間飛行場をどうするかにも言及しなければならない。それ以上に、沖縄を含めた日本の安全保障をどうするのか、迫る中共の脅威から、沖縄を、ひいては日本をどう守るかの言及が必要だ。その最も難しい部分をスルーして、単に「辺野古の海を埋めるな」と主張するだけなら、その主張は単なる理想論でしかない。

 インスタグラムやツイッターの公式アカウントを使って、署名への協力を呼びかけるということは、ローラさんもりゅうちぇるさんも、公人としての立場を利用していることを意味する。決して悪いことではないが、その内容は「番組観てください」とか、「本買ってください」「CD買ってください」とは性質が異なり、国家の安全保障にかかわることだから、「では、辺野古の海の埋め立てを止めたら、普天間はどうする?日本の安全保障は?」と聞かれれば、それに対する見解を表明する責任がある。

 おふたりとも公式のSNSや公式サイトをお持ちなのだから、その辺の主張を公に述べるべきではないか。それがないなら、単なるパヨクの反基地運動と、五十歩百歩である。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2018/12/20 07:08 ] 社会問題 | TB(0) | CM(17)

(恐らく)読まずに百田本を批判し、ツッコまれて逃亡する山口二郎のお粗末さ

← 応援クリック、ありがとうございます。

 先日、かなりくたびれてしまった車を売却し、新しい車を購入した。「車のナンバーはどうしますか?」と聞かれ、迷わず「1192でお願いします」と答えた。もちろん、1192は“いい国”の意味だ。日本はいい国だと思うし、私はこの国に産まれたことに、心から感謝している。

 ところが、産まれた日本を、わざわざ貶めようとする人々が多いことに驚く。国際標準としての左翼は愛国的であることが多いが、和製サヨクはその真逆だ。むしろ、愛国心を危険な思想と断じ、国に対する誇りなどというものを持ってしまうと、また戦争に突き進むことになる、などと、真面目な顔をして言っている。戦後の左翼思想がすべてそうだったわけではない。しかし、最近のサヨクを見ていると、その思想的劣化には目を覆うばかりだ。

 拙ブログでも度々取り上げる山口二郎だが、山口のようなサヨク(パヨク)にとって、思想的に対極に位置する百田尚樹氏の著書が売れること自体、ガマンならぬことらしい。早速、こんなツイートで憂さ晴らしをしている。


山口二郎


 これが百田氏本人の目に留まった。百田氏はさっそく、カウンターで応酬している。


 推測の域は出ないが、山口二郎は恐らく日本国紀を読んで批判しているわけではないだろう。山口は、百田氏のツイートに返信していない。言いたいことだけ言って、その発言には責任を持たない典型例である。山口流に言えば、私も「日本に生まれたことを感謝できる、よほど幸せな者」の一人なのだが、それは悪いことなのか。

 そもそも、「愚かな指導者の下、無謀な戦いで非業の死を遂げた大勢の人」と、戦死者、戦没者をひとくくりにする論法に無理があるように思う。戦争が愚かだったかどうかは、見方によって変わる。あの時、戦わずして欧米の軍門に下れば、戦死者は出なかったかもしれないが、日本の国のかたちが変わっていたかもしれない。例えば、ソ連の侵略の防波堤となり、徹底抗戦した占守島の軍人たちがいなければ、今ごろ北海道から東北はロシア領として存在しているかもしれない。この人たちの死が無謀な戦いであったと定義するのは、戦後を生きる者として明らかに傲慢である。

 山口は、百田氏のツッコミには返信せず、後追いで「歴史とは、まず何よりも検証の対象であり、検証には感情は無用である。」とツイートしている。一種の逃亡だ。安倍政権も、後世、歴史の検証対象となる。その時、「アベ、お前は人間じゃない。たたき斬ってやる」という山口自身の感情丸出しの発言も、同じく検証されることになるだろう。そして、「日本にはこんなバカな学者がいたんだね」と、ため息をつかれることも、また検証のひとつなのだ。



最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2018/11/26 07:08 ] 社会問題 | TB(0) | CM(11)

香山リカの講演中止 ~ 言論を封殺する側がこれを問題視する笑止

← 応援クリック、ありがとうございます。

 今日のと南丹市で予定されていた香山リカの講演が中止になったそうだ。同市によれば、「日の丸の服を着て行ってもいいか」などとする電話が市に5件あり、「当日大音量を発する車が来たり、会場で妨害や暴力があったりしたら大変やろ」と市役所を訪れて告げる男性もいたそうだ。

 先ず言っておくが、暴力をほのめかすことで言論の自由を脅かすような行為を、私は断じて容認しないし、非難する。ネットによると、この脅迫まがいの脅しを市に対して行ったのは、地元南丹市の敬愛倭塾という団体だという。真偽のほどは不明だが、やり方がいかにもまずい。香山リカはバカだが、彼女は犯罪を犯しているわけではないから、妨害者は言論を封じ込める言論の敵になってしまう。少し頭を働かせ、講演を傍聴し、香山が演題としてあげていた「子どもの心を豊かにはぐくむためにー精神科医からのアドバイス」というテーマから逸脱する政治的発言などがあれば、それを告発するだけでよいだろう。

 まぁ、元はと言えば、南丹市のミスキャストであり、同市にも熟慮を促したいところだ。

香山リカ


 さて、香山やその取り巻きは、案の定、この講演中止を反右翼の宣伝活動に使っている。お笑いなのは、しばき隊の野間易通の、このツイートだ。


 野間のこのツイートは、一見正論ではあるが、著しい言行不一致だ。作家の百田尚樹氏は、これまで何度も殺害予告を受けており、過去にはサイン会の爆破予告まであったそうだ。もちろん、この事案をしばき隊によるものと言っているわけではない。しかし、野間が香山の講演中止を批判するなら、百田氏への脅迫についても批判すべきだ。これをやらないと、ダブルスタンダードになる。ついでに言うと、百田氏の本は買うのではなく万引きしろと犯罪教唆した手塚空は野間の仲間だろうが、野間がこのツイートを批判したという話は、寡聞にして聞かない。

 私は香山の講演を妨害した人たちの行動を、繰り返して言うが、否定する。だが同時に、香山が自身の名前や立場を使って行う言論活動で受ける、反香山の言論や行動は、彼女自身が払わねばならないコストだともいえる。香山は我々一般人とは違い、精神科医、大学教授という肩書で知られる著名人のひとりだ。彼女が発する言論も、中指突き立ててカウンターパートを罵倒する行動も、それに反対する勢力が存在することを理解していて実行しているのだ。要するに、香山リカは「一方的な被害者」ではないのである。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2018/11/25 07:24 ] 社会問題 | TB(0) | CM(6)
カレンダー
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: