FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  朝鮮半島

渋沢万札という人選の妙と、新紙幣というバカ発見器に引っかかる者たち

← 応援クリック、ありがとうございます。

 麻生副総理兼財務相が会見で、一万円、五千円、千円の紙幣(日本銀行券)を20年ぶりに刷新すると発表した。新しい一万円札には渋沢栄一、五千円札には津田塾大創始者の津田梅子、千円札には「近代日本医学の父」といわれる医学博士、北里柴三郎の肖像画が、それぞれ使用される。

 ユニバーサルデザインというコンセプトのもと、紙幣の額面数字の大型化が図られているが、数字のフォントを見る限り、なんとなく重厚感に欠けるような気がして、正直言って、印象的にはいまひとつ。だが、その辺は慣れが解決するのだろう。聖徳太子、福沢諭吉という一万円札の継投の後を継ぐ人物として渋沢栄一が採用されたことは、かなり大きなインパクトとして受け止めた。

新紙幣発行へ


 渋沢栄一は、もとは徳川慶喜に仕えた幕臣だが、お金に明るく、設立や運営にかかわった企業は500を数え、「日本資本主義の開祖」として知られる。ある日、三菱財閥の創業者、岩崎弥太郎が隅田川に船を浮かべ、渋沢を招待し、「手を組もう」と誘った。「私と渋沢さんが組めば、日本経済は我々の自由にできる」という甘言だった。しかし、渋沢は「私はそんなことはしたくない。私は、できるだけたくさんの実業家が出てきてほしいと思っているから」と言って、岩崎の誘いを蹴ったという。

 渋沢は、「私が財閥を作っていたなら、三井や三菱より大きな財閥になっただろう。しかし私は、自分が大金持ちになるより、自分以外にも大勢の金持ちをつくりたかったのだ」と語っている。実に大局観をもった人物である。明治政府は、三井、三菱には男爵しか与えなかったが、渋沢にはいちランク上の「子爵」の爵位を与えている。当時の政治家は、みな三井や三菱から多額の資金援助を受けていたにもかかわらず、渋沢をそれら財閥の上に位置付けた。福沢に負けず劣らず、現在の日本の礎となった人物であり、この人選は非常に良いと感じる。

新一万円札 渋沢栄一


 さて、新紙幣の発行も、ひとつのバカ発見器になりそうな予兆がある。拙ブログにもたびたび登場する朝日新聞の鮫島浩は、「一万円札と千円札が男性で五千円札が女性。一万円札を女性にして新時代を切り拓くという発想はないのか。男尊女卑が骨の髄まで染み込む体質」と紋切型の批判をツイートし、百田尚樹氏に「じゃあ、そろそろ朝日新聞も女性社長を出せよ」と一刀両断される格好の悪さ。

 ほかにもバカ発見器にひっかかるパヨクはいるが、お約束のように南鮮もこの新紙幣に難癖をつけている。渋沢は、経営していた第一銀行の海外進出の一環で、1878年の李氏朝鮮時代に関税の取り扱い業務などで力を付けた。1902年には朝鮮半島で3種類の紙幣を発行したが、その紙幣には、第一銀行頭取であった渋沢の肖像画が印刷されていたというのだ。

渋沢栄一は韓国紙幣の顔だった…「恥辱」「歴史修正主義」韓国メディアが痛烈批判 (FNN)

このような経緯があるため、韓国における渋沢栄一を見る目は厳しい。今回の紙幣デザイン刷新についても、さっそく韓国メディアは痛烈に批判している。聯合ニュースは「日帝(※戦前の日本の事)の利権侵奪のために朝鮮半島で紙幣発行を主導し、自ら紙幣の肖像で登場して恥辱を抱かせた」「京城電気(韓国電力の前身)社長を務め、朝鮮半島に対する経済侵奪に全面的に乗り出した象徴的な人物」「朝鮮半島侵略の歴史を代弁する人物の肖像を新しい1万円札に入れるのは、過去の歴史を否定する安倍晋三政権の歴史修正主義が反映されたためだ」などと報じている。(抜粋)


 彼らは日本が何をやってもイチャモンを付けて来る民族性を持っているため、こういう批判にいちいち反応する必要もないだろう。「勝手に騒いでろ」というだけで、あとは無視でいい。それにしても、よくもまぁこれ程までもこまめに、難癖を思いつくものだ。日本に寄生することで酸素を吸うのも、もういい加減にして欲しいものである。




最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2019/04/11 07:08 ] 朝鮮半島 | TB(0) | CM(4)

腐敗するAFC ~ 浦和にも罰金?懲罰が嫌なら黙って殴られろ?

← 応援クリック、ありがとうございます。

 5月31日に埼玉スタジアムで目撃した「済州埼スタ暴行事件」から約10日が経過した昨日9日、AFC懲戒委員会がこの事件に対する裁定を下した。内容はこのようなものだった。

  • チョ・ヨンヒョン(背番号#20):6ヶ月の出場停止と罰金2万ドル(約220万円)
  • ペク・ドンギュ(#3):3ヶ月の出場停止と罰金1万5000ドル(約165万円)
  • クォン・ハンジン(#5):2試合の出場停止と罰金1000ドル(約11万円)
  • 済州ユナイテッド:罰金4万ドル(約440万円)
  • 浦和レッズ:罰金2万ドル(約220万円)

 阿部に対して暴行を加えた相手3番は、3ヵ月の謹慎で復帰するという大甘な裁定。一方、この事案では被害者である浦和側にも、「喧嘩に加わった」ことを理由に2万ドルの罰金が科せられた。極めて理不尽な裁定である。

済州埼スタ暴行事件


 この裁定の一報を受け、AFCの公式アナウスメント資料を確認してみた。まず、アナスンスメントでは、浦和への懲罰は試合後の暴動へ参加し、この試合の評価を落としたこと(participation of their team official delegations in a post-match brawl, actions which clearly brought the game into disrepute)とある。資料を確認すると、AFCの規律および倫理規定の51条、および50条に反していることが理由だとされている。ちなみに、50条は「喧嘩への関与」を禁ずる規定、50条は「競技の評価を落とすこと」についての規定だ。度し難いのは、50条及び51条への違反という点において、浦和と済州は同じ裁定を受けているのだ。違うのは罰金の額だけである。加えて言えば、両チームに対して、「今度やったらもっと厳しい罰が下るぞ」という文言付きだ。

 AFCという組織は、根から腐っていると言わざるを得ない。済州の、選手のみならず、スタッフまでもが浦和の選手を追いかけまわし、つかみかかろうとする状況に遭遇した浦和の選手、スタッフに、あれ以外の対応ができたのか。絶対に無理である。選手はサッカークラブにとって資産である。その資産に危害が加えられようとするとき、選手同士やスタッフが、必至になって資産を守ろうとするのは当然だ。まして、相手は完全にキレた状態で、人狩りに出たのだ。あの場にいた人も目撃した人も、当然、済州からの暴力が阿部への肘鉄以上のものになることを想定するのではないか。

 AFCの規定にある第51条「喧嘩への関与」では、喧嘩を防ごうとした者や他人を守ろうとする者、喧嘩の当事者を引き話そうとした者などは、「喧嘩への関与」とは見做さないという条項がある。浦和に罰金が科せられたことからわかる通り、浦和のスタッフ、選手らの行動は「防御」ではなく「参加」もしくは「関与」と見做されたということになる。正当防衛すら認められないなら、浦和が懲罰を逃れる手段は、黙って殴られること以外には考えられない。

済州の暴行


 Jリーグはこの裁定に抗議すべきだろう。既に事の重大さは、クラブ単体のみで対応できる域を超えている。少なくとも、村井チェアマンは何らかの声明を出すべきではないのか。

 呆れることに、済州ユナイテッド側はこの裁定に「あり得ないし納得できない」とクラブ関係者がコメントし、南鮮サッカー協会の協力を得て、AFCに異議申し立てを行なう方針だという。このクラブが、暴行事件の後、公式サイトに出した反省の意は「遺憾」のひとことだけだった。もし日本のチームがアウェイで済州のような暴動を起こせば、国内のサッカーファンから猛バッシングを浴びるはだ。ところが、あの暴行を「遺憾」のひとことで片付け、AFCの懲罰には文句をつける。南朝鮮の「反日無罪」は、スポーツにおいても活きているのだ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2017/06/10 07:18 ] 朝鮮半島 | TB(0) | CM(10)

暴動の責任を浦和に転嫁し、被害者ヅラする済州ユナイテッドの意見書

← 応援クリック、ありがとうございます。

 先週、埼玉スタジアムで起きた済州ユナイテッドの暴動事件。日本国内ではこれを「乱闘」と表現しているマスコミも散見されるが、ことばの使い方には正確を期してもらいたい。あれは乱闘などではなく、南鮮チームによる一方的な暴動だ。一種の言葉の応酬や軽い小突きあいなどはスポーツの延長線上にあるとしても、済州の選手の阿部勇樹への暴力、その後の「人狩り」などは、スポーツとは全く別次元の暴力に他ならない。

 別に私が浦和のサポーターでなくても、現地であの惨状を見ていなくても、済州ユナイテッドの一方的な暴力行為であることは「事実」である。(実際、現地にいるより、TVを見ている方が分かり易いケースも多々ある。) しかし、日本のメディアでは、両成敗論も少なからずある。サッカー専門のニュースサイト「WORLD」でも、南鮮選手の主張を取り上げ、「両チーム共に、今後はこのような結末とならないよう、自身の振る舞いを真摯に振り返る必要がありそうだ」と締めている。そして、テレビなど、「浦和が悪い」という意見でまとまってしまう番組があるというのだから、開いた口が塞がらない。

 舞台は、「サイテーモーニング」と揶揄され続ける偏向番組、「サンデーモーニング」だ。発言の詳細は、KSL-Live!に書き起こしがあるので参照願いたいが、番組を支配するのは張本勲氏の「浦和が悪い」なのだ。

 勝っているチームがサイドライン際でボールを保持し、時間を消費させることは、サッカーでは立派な戦術だが、張本はそれを「エチケット、マナー、礼儀がない」という。これだけでも意味不明なのだが、「負ける者のマナーもあれば、勝利する者にもマナーが必要である」と言った済州の監督の主張を全面的に肯定し、それを「東南アジアの美徳」という。張本はついでに、「肩から上へガッツポーズをしたりね、俺はお前をやっつけたんだ!いう態度をとっちゃあダメよ」と発言しているのだが、過去のこういう画像を見せられたら、なんと言い訳するのだろう。それに、WBCで日本に勝利した南鮮チームが、マウンド上に太極旗を立てたとき、この人物は何かを指摘したのだろうか。

済州ユナイテッドの人狩り


 今回の暴動を引き起こした済州ユナイテッドは、世界中から猛烈な批判を浴びている。が、しかし、こと日本が相手であれば、彼らが黙って非を認めることなどありえない。浦和レッズはACLに対して意見書を提出したが、対抗措置なのだろう、済州も負けじと意見書を提出したという。

 今回の乱闘劇は5つの状況に区分でき、そのうち4つで浦和側にスポーツマンシップを欠く行為があったというのが済州の主張だという。

  1. 浦和に3点目入った直後にFWズラタンがMFクォン・スンヒョンに向かって指で3-0と示して嘲笑。
  2. それに怒った控え選手のDFペク・ドンギュがピッチに乱入して、MF阿部勇樹に対して暴行を働いた
  3. MF武藤雄樹が済州ベンチに向かって拳を突き上げて挑発
  4. 試合後には、浦和スタッフも済州側に向かって水を撒く行為をして、ボトルを地面に叩きつけた
  5. 済州を刺激するようなセレモニーを制止させようとDFキム・ウォニルとDFクォン・ハンジンがDF槙野智章に近づいたが、槙野が逃げたために酷い姿が演出された

 事実をここまで曲げ、映像にも残っている証拠を捏造できるのは、南鮮民族のDNAなのか。上記5項目のうち、済州側が非を認めたのは2の阿部勇樹への暴行のみだ。それ以外は、すべての原因を浦和が作ったという「被害者としての主張」なのである。
 
 2日のエントリーでも書いた通り、ひとたび日本相手で問題を起こしても、その原因となる事柄を捏造してまで「加害者日本」を作り上げ、被害者としての自身を創作するのは、南鮮の伝統的なお家芸なのだ。繰り返しになるが、アジアカップの日本戦で奇誠庸が猿真似をし、猛烈な批判を浴びた時、「スタンドに旭日旗が見えて、悲しかった」と、実際にはなかった旭日旗を持ち出してきたのが典型的な例なのだ。

 浦和もJリーグも、この済州の主張には正面から反論すべきである。“猿真似”奇誠庸のような振る舞いを糾弾しなかったからこそ、その後の反日的な蛮行に繋がったのだ。私は、先の川崎の旭日旗騒動で偏った裁定をくだしたACLという組織そのものが、公平・公正な組織であるようには思われない。ACLや南鮮チームには、「話せばわかる」とか「ビデオを見れば明らか」という理論は通用しない。この後の試合をボイコットすることをチラつかせてでも、南鮮の主張に正当性がないことをACLが認め、済州に真っ当な制裁を課すまで、主張を止めてはならない。

 この済州の弁明で、多くの人が理解しただろう。いわゆる慰安婦問題も、この済州暴動事件と性質は同じなのだ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2017/06/06 07:08 ] 朝鮮半島 | TB(0) | CM(10)

済州ユナイテッドの暴動 ~ 日本相手ならスポーツでも許される反日無罪

← 応援クリック、ありがとうございます。

 昨日はまだ少々頭に血が上っていて、文章が支離滅裂になりそうで自制したが、今日は一昨日の夜に埼玉スタジアムで目撃した暴行事件について書いてみたい。サッカーファンでなくても既にニュース記事や動画が流通しているため、ご存知の方も多いだろう。一昨日のACL浦和対済州の試合で、試合終了間際から終了後に渡り、南朝鮮サッカーチームが筆舌に尽くしがたい蛮行を行った。

 アウェイで0対2で敗れ、圧倒的不利な状況で迎えた2ndレグ。敗退の可能性の方が高い状況で行われた試合につめかけた観客は19,149人。他のクラブからは羨ましがられるような数字だが、それでも浦和としては寂しい動員数だ。試合はほぼハーフコートゲームで、浦和が圧倒的にボールを支配し、「あとは決定力」という状況が試合を通して続いた。前半に2点を決めたが、試合は延長戦にもつれ込む。延長後半、森脇良太が劇的な決勝ゴールを決め、スタジアムは歓喜に沸いた。浦和は圧倒的不利な状況を覆し、準決勝進出を決めた。

 終了間際、勝っているチームがサイドライン際でボールを保持し、時間を消費させるのはサッカーにおける常套手段だ。しかし、このサイドライン際の浦和のボールキープから済州の選手がキレ始める。もみ合いの末に登場したのが、ビブスを付けた済州の控え選手だ。集団に突進し、浦和のキャプテン阿部勇樹に肘鉄を食らわせ、即レッドカードを受けている。試合は間もなく終了し、歓喜する浦和選手と喧嘩をしかける済州の選手が入り乱れ、大混乱となった。ご存じない方は、最下部の動画で一部始終をご確認願いたい。

済州の暴行


 通常、サッカーで退場となった選手は、ベンチからも退席し、ロッカールームに戻される。ところがこのビブスを着たペク・ドンギュとかいう選手は、試合後の乱闘にビブスを脱ぎ捨てて参戦していた。その乱闘も、印象で言えば、済州のほうでは止める人数が突進する人数より圧倒的に少なく、やりたい放題の様相だった。

済州 乱闘騒ぎ


 埼スタで観戦する南鮮チームとの対戦では、後味の悪いものばかりだ。昨年の同じACLでは、浦項の選手が試合終了のホイッスルが鳴った後、ピッチにゴミ(テーピング)を投げ捨て、浦和の選手に回収するよう促された。浦項の他の選手がそのテーピングを拾い集め回収したのだが、こともあろうに浦項のキャプテンが、再びそのテーピングを投げ捨てたのだ。悶着は乱闘寸前にまで及んだ。浦項のスタッフはその後、取材に対し、「あれは置いたのだ。南鮮の習慣。文化の違いだ」と開き直っている。(動画はこちら

 浦項のテーピング投げ捨て事件では、彼らは「レッズサポーターに唾をかけられた」と、事件を浦和サポーターに責任転嫁した。私は埼スタをよく知るが、ピッチが客席から近いとはいっても、唾の届く距離にはない。今回、済州の監督や関係者は、「浦和の選手が済州のベンチに向けて挑発行為を行った」と、今度は浦和のチームに責任を転嫁している。彼らはいつもそうなのだ。奇誠庸がアジアカップで猿真似をし、猛烈な批判を浴びた時も、彼は「スタンドに旭日旗が見えて、悲しかった」と理由を捏造した。いつもいつも、彼らは自らの不祥事を人のせいにし、その罪を相対化しようとする。相手が憎き日本であれば、好都合なのだろう。

 我々日本のチームは、ただ地球上で近距離にあるという理由だけで、このような国のチームと対戦しなければならない。地理的にはどうしようもないが、済州ユナイテッドから浦和に対する謝罪は最低限として、AFCから済州ユナイテッドに対する厳しい制裁は求めたい。川崎フロンターレのサポーターが、旭日旗を持ち込んだだけで制裁を受けるのだ。クラブだけでなく、Jリーグ自体もこの暴行事件を追及すべきだ。

 阿部勇樹に肘鉄を食らわせたペク・ドンギュという選手には、AFC主催の試合から永久追放するくらいの措置が必要だろう。スポーツ以前に、このチームを入国させる価値があったとも思えない。



最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2017/06/02 07:10 ] 朝鮮半島 | TB(0) | CM(23)

埼玉スタジアムで目撃した、南鮮サッカー選手による対日ヘイト行為

← 応援クリック、ありがとうございます。

 昨夜、埼玉スタジアムで浦和レッズ対浦項スティーラーズの試合を観戦した。既にグループステージ突破を決めていた浦和に対し、浦項は敗退が決定済み。浦和は、もう一試合の結果如何で1位通過の可能性があったが、スタメンはほぼセカンドチームといったところ。浦項の監督も前日の会見で「1.5軍で臨む」と言っていたから、真剣勝負の中にも“消化試合”的な要素があったゲームだ。

DSC09208.jpg
数多の日の丸がはためく埼スタゴール裏


 試合はサウジの主審が浦項の自作自演のラフプレーで浦項にPKを与えるなど、「中東の笛」というより「買収されてんじゃ?」と思わせるようなジャッジの連続で、浦和が最終的に追いつき、引き分けに持ち込んだものの、なんとも後味の悪い試合となった。しかし、後味は、ゲーム終了後に更に悪くなる。試合が終了し、選手たちが整列する場面で事件は起きた。

 浦項の選手たちが、自分らが付けていたテーピングをピッチに捨て、そのまま整列しようとする光景に、浦和サポーターから巨大ブーイングが起きた。それを見た浦和FW興梠が、浦項側に歩み寄り「拾え」と促すようなジェスチャーを見せ、浦項の選手が嫌々ながら捨てられたテーピングを拾う。しかしその直後、一度拾ったテーピングをこれ見よがしに投げ捨て、興梠、西川らが激高。揉み合いとなった。


 ちなみに、最後にテーピングを投げ捨てたキム某は、この日のゲームでキャプテンマークを付けていた選手だ。

 南朝鮮といえば、WBC日本戦で勝利した後にマウンドに太極旗を立てたり、ロンドン五輪のサッカー日韓戦後に「独島はわが領土」のプラカードを掲げたり、3年前のサッカー東アジアカップ決勝戦でサポーターが「歴史を忘れた民族に未来はない」と書かれた横断幕を掲げたりと、およそスポーツマンシップの概念からはかけ離れた愚行ばかりが目立つ。

 驚くべきは、サッカー選手の職場であるピッチ上にごみを捨て、それを興梠や西川らに指摘されるまで、浦項の同僚選手が誰も咎めないことである。スポーツマンシップはもとより、マナーとかモラル以前の問題だ。

 アジアチャンピオンズリーグの試合では、選手はその国の国旗がプリントされたユニフォームを着て試合をする。いわば、国を代表して試合をするわけだ。当然、浦項は南鮮を代表して試合をした。試合後の愚行は、彼らが日本に対してヘイト行為と捉えられても仕方ないものなのだ。

 この程度の精神構造しか持たない民族に、果たしてオリンピックを開催する資格そのものがあるのだろうか。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2016/05/04 09:21 ] 朝鮮半島 | TB(0) | CM(10)
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ