FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  左翼団体・反社会団体

なんの役にも立たない室井佑月の空想的平和論

← 応援クリック、ありがとうございます。

 昨日のエントリーでいただいた拍手コメントに、こういうものがあった。

丸山氏の「戦争で取り返すしかないんじゃないですか?」という提案には全面的に賛成とはいかないが  ←  このブログ主もこんな程度か? 残念!


 陰で「こんな程度」と言われたことについては別に腹立たしさも感じないが、「100%肯定しなければ認めない」と言われているような気がして、なんともモヤモヤ感が残る。人によって意見に違いがあるのは当然であって、一方的に意見や見解を押し付けるのは、かなり危険だ。もちろん、ブログを書いている以上、反対意見があるのは百も承知。しかし、押し付けでは議論にすらならない。

 そんなことを考えながら、室井佑月のツイートを読んで、「やっぱりこの人は意見の違いは一言申し上げたいと思った。


 はっきり言うと、彼女は偽善者であり、本質的な平和を分かっていないと言わざるを得ない。

 彼女のような人物は、自分のことを平和主義者だと考えているのだろう。しかし、それは大いなる勘違いだ。他国に「攻めてこられた」時点で、平和は終わりを告げる。平和というのは、単純に「戦争ではない状態」のことである。従って、平和は努力してこそ保たれるものであって、祈ったり唱えたりすることで実現するものではない。だから抑止力を増す「努力」が必要なのだ。


 そもそも、悪意を持って侵略してくる側に「そういう野蛮なことはやめてください」と言ったとして、その野蛮な行為は止められるのか?もしそう思うなら、度し難い空想的平和論だ。侵略された後に、どんなに毅然とした抗議をしたところで、その毅然さはなんの役にも立たない。侵略された時点で、我々は防人を含め、既に多くを失っているのだ。

 国民の生命と財産を守るためには、どういう軍備、法律、国民の理解が必要かを、常に考えなければならないし、不備があればそれを正し、実際に備えていく必要がある。何が必要か考えること一切をひたすら避け、「戦争は嫌だ」という言霊と宗教がが平和を守るなどど吹聴するなら、室井は今後も叩かれ続けるだろう。なぜなら、批判されるネタを、彼女自身が投下し続けているからだ。




最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

香ばしい面々が集まって出した声明はデタラメな作文 ~ 「声明 韓国は「敵」なのか」を嗤う

← 応援クリック、ありがとうございます。

 もはや冷凍保存状態に入っている日韓関係だが、先だって行われたWTOでは、南鮮側の主張に対する参加各国からの共感はなく、南鮮代表団は手ぶらで帰国することと相成った。彼らはWTOに提訴するだろうが、提訴というのは長期戦を見据えていて出来る行為であり、南鮮経済はその長期戦には耐えられないだろう。手ぶらで帰国するだけでなく、トランプ大統領からは、「中国や韓国などが発展途上国として優遇措置を受けるのは不公正だ」と指摘された。日本の南鮮に対する貿易管理を批判するどころか、それに積極的に協調しようとしているようにも思われる。南鮮にとっては泣きっ面に蜂といったところだろうか。

 さて、各社の世論調査を見ても、今回の日本政府による南鮮への輸出管理の厳格化(半導体素材の輸出管理)や貿易優遇措置の見直し(ホワイト国からの除外)は大多数の国民が支持している。朝日新聞がいくら「即時撤回せよ」と吠えたところで、南鮮の無礼や非常識が過ぎて、翻る民意はほぼ皆無だろう。そんななかで勇気あるパヨク(笑)が名乗りを上げた。25日に「韓国は敵なのか」という声明文を発表した面々である。

 呼びかけ人には、和田春樹、香山リカ、金子勝、中島岳志、中野晃一、そして大御所山口二郎といった、保守系には大人気の香ばしいメンバー(笑)が勢ぞろいだ。呼びかけ人の羅列はいつもの通りで、例を挙げれば「安全保障関連法に反対する学者の会」などと大きく被る、レギュラーメンバーといったところ。ちなみに、杉田水脈議員がフェイスブックで、「私を裁判で訴えた方々とそれを支持する声明を出した方々とかなり被りますね」と言っておられた。

韓国は「敵」なのか


 だいたい、ネーミングがおかしい。「韓国は「敵」なのか」というのが彼らの活動団体名なのだろうが、我々のような市井の民を除き、政治家などが「南鮮は敵だ」と宣言した経緯はない。声明文は無駄に長いので、そちらのサイトでご確認いただきたい。が、生命に書いてあることはほとんどがデタラメで、南鮮側の主張を複製したものに過ぎない。ほとんどは、既に語り尽されたり、論破されたりしてきたもので、声明に新しい要素はひとつも存在しない。声明のなかで一貫しているのは、「日本は朝鮮を併合し、朝鮮人に悪いことをした。だから歴史を直視し、過去を反省することで、日韓は上手くやっていける」という、贖罪史観をベースにした戦後民主主義そのものだ。彼らはいまだにこんな思想を妄信しているのだ。

 南鮮の中央日報は、このアクションを「日本の知識人77人の叫び」と称しているが、声明の冒頭に出て来る「私たちは、7月初め、日本政府が表明した、韓国に対する輸出規制に反対し、即時撤回を求めるものです」と語っている時点で、この知識人と呼ばれる人々の認識違いを自白したようなものである。日本政府は輸出規制などしていない。大学の教授らが寄ってたかって作った作文が嘘で始まるという、失笑を禁じ得ない状況で、この知識人といわれる人々は、論理や整合性などはどうでもいいから、とにかく南鮮に対して日本は折れろと言いたいのだろう。

 安保法制、特定秘密保護法、共謀罪などの法制や、杉田水脈議員へのバッシングなど、毎度毎度、こういう分かり易い自己紹介をしてもらうと、「日本の本当の敵」が可視化されるというものだ。声明を出し、賛同者と寄付を集め、国会前や公演などで集会やデモを開くといった、吉本新喜劇ばりのお約束的な展開は今から見えるようだが、彼らにはその先に展望があるのだろうか。つくずく、残念な人たちが分かり易い自己紹介をしてくれたものだ、と思う。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

自衛隊差別を許すな ~ 新婦人の会の自衛隊排除活動に反意を!

← 応援クリック、ありがとうございます。

 大丸須磨店で企画されていた「夏休みパラダイス in 須磨」で予定されていた「特別企画 防衛省 自衛隊の車両がやってくる」が、急遽中止された。百貨店側に中止を申し入れたのは、「新日本婦人の会 兵庫県本部」のようで、Twitterに成果報告をしている。

自衛隊参加のイベント中止 ~ 大丸須磨店


 大丸側は、「諸般の事情により、急遽中止させていただくこととなりました」としかアナウンスしておらず、「新日本婦人の会」の自白からみても、このイベントからの自衛隊排除は、プロ市民団体の猛抗議が原因だと見て間違いないだろう。

 新婦人の会は共産党に極めて近い組織で、自民党の杉田水脈氏が国会で「共産党の女性組織」と称したところ、共産党と同団体から猛抗議を受けた。同会の代表は、南鮮の中央日報によれば、共産党の笠井亮の夫人の笠井貴美代だ。(2014年当時の記事であるため、現在は確証なし。) いずれにしても、社会運動を標榜する共産党の別動隊であることに変わりはなく、大丸への抗議はその「共産党の流儀」に基いて行われたものと推察する。

 須磨で活動したのが兵庫県本部なら、同会の京都府本部は「はじめてのはたらくくるま 英語付き」という幼児向けの乗り物図鑑に自衛隊車両や戦闘機、潜水艦などが掲載されていることを問題視し、出版社に抗議活動を行っている。この場合も出版社が折れ、今後、この図鑑から自衛隊の装甲車などが消えるという。

幼児向け「はたらくくるま」図鑑に戦車 不適切との指摘 (朝日)

 出版社の講談社ビーシーは22日、幼児向けの乗り物図鑑「はじめてのはたらくくるま 英語つき」に、装甲車両や戦闘機などを掲載したのは不適切だったとして、同書は今後増刷しないと発表した。「武器としての意味合いが強い乗り物を子ども向けの本に載せるのは不適切だ」などと、市民団体や読者から指摘があったためだという。
 同書は3~6歳向けで、2018年11月に講談社が発行。子会社の講談社ビーシーが編集を担当した。全30ページのうち6ページで、自衛隊の装甲車両や戦闘機を取り上げたという。中には潜水艦など、車ではないものもあった。本の回収はしないとしている。(以下略)


 自衛隊の装甲車両だって立派な「はたらくくるま」であって、掲載が不適切という出版社の見解には同意できない。彼らは彼らの「はたらくくるま」を用いて国民の生命と財産を守っているのであり、それらを排除しようとする発想は、戦後民主主義者たちが妄信する空想的平和主義によってうまれた「自衛隊差別」をそのまま引きずったものだ。私は安倍総理の憲法9条における自衛隊加憲論に必ずしも賛成ではないが、こういう話を聞くと、是が非でも自衛隊を憲法に明記を、と強く思う。

 先の大丸須磨店の事なかれ主義的な対処も、須磨という土地柄を考えると、信じられない思いだ。須磨地区は、阪神淡路大震災で壊滅的な被害を受けた。そこに出動した自衛隊が、多くの市民の命を救い、復興に少なからず寄与したことは、土地の人間なら強く記憶しているはずだ。その恩を仇で返す精神構造は、私の理解を遥かに超えている。婦人の会は「子供が利用する百貨店だからダメ」と言っているのだが、同会は、自分たちのイデオロギーを通すためなら、「子供の知る権利」などというものなど無視してよいと思っているのだろう。度し難い論理だ。

 私は大丸須磨店にメールで抗議したが、もし回答があるとしても、テンプレ的なものしか期待していない。他方、「はじめてのはたらくくるま」は、現在、Amazonの「実用・工作・趣味 (本)」部門で1位となっており、 婦人の会の主張と講談社ピーシーの判断に必ずしも与しない人の多さを物語る。「この本から自衛隊車両を排除せよ」と主張した婦人の会京都府本部は、前述の朝日の報道を引用しつつ、「おかしいことは「おかしい!」とみんなで声をあげれば変わる!」とツイートしている。ならば、我々は、この婦人の会のおかしさを全力で叫ぶことで、彼らの偽善、欺瞞を世に知らしめることとしたい。新婦人の会は、「社会の敵」と規定すべきである。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

杉田水脈氏の言論を封じ込めようとするファシストどもを批判する

← 応援クリック、ありがとうございます。

 東京大学の入学式で、ジェンダーファシズムの教祖と言うべき上野千鶴子が述べた祝辞が話題となっているようだ。祝辞の「あなたたちのがんばりを、どうぞ自分が勝ち抜くためだけに使わないでください」というくだりが一部の称賛を得ているようだが、これは祝辞の一部分にすぎない。その大半は、上野の視点に立った場合の女性差別に対する訴えであり、これは活動家としての上野のアジテーションともいえる。おかしなことに、東大のサイトに掲載された上野の祝辞全文には、「東京大学名誉教授 上野千鶴子」ではなく、「認定NPO法人 ウィメンズ アクション ネットワーク理事長 上野千鶴子」と署名されている。上野は東大教授ではなく、NPO法人の代表としてこの祝辞を述べたということになる。この祝辞に感動するかどうかは自由だが、感動するならよく確認してからの方がよい。

 さて、そんな上野なら、手を差し伸べるべき女性がいる。恐らく世の中で最も差別されている、自民党の杉田水脈議員だ。杉並区議会議員選挙に出馬している松浦たけあき氏の応援演説で、杉田氏は高円寺を訪れた。たけあき氏は、国士である松浦芳子氏のご子息であり、今回、芳子氏の地盤を継ぎ、杉並区議に出ている。その応援演説で、アンチ杉田のパヨクが大集結し、演説の妨害を敢行し、大混乱となった。日刊ゲンダイは、この妨害を一切批判せず、杉田氏自身の「差別発言の“呪い”」と報じている。

杉並区議選応援で「帰れコール」杉田水脈議員に差別発言の“呪い” (日刊ゲンダイ)

「かーえーれ! かーえーれ!」――。16日午後7時からJR高円寺駅前で行われた自民党杉並区議候補の応援演説。「帰れコール」の先にいたのはナント、杉田水脈衆院議員だった。

 杉田議員といえば、月刊誌「新潮45」への寄稿で、LGBTを「生産性がない」とあげつらった人物。党内外からはもちろん、国内外から批判を浴びた“大炎上議員”だ。(中略)

 杉田議員がマイクを握った瞬間、「生産性で人を測るな」などと書かれたプラカードを持った聴衆のボルテージは全開に。冒頭の「帰れコール」が沸き起こり、高円寺駅前はパニック状態に陥った。

 その混乱ぶりは、主役の松浦が演説中に「高円寺の皆さま、本当に申し訳なく思っています」と謝罪したほど。「杉田水脈さんを呼んだこと、後悔しております」と言い出す始末だった。


 まず、この記事だが、いくら三流タブロイド紙と言えども、看過することができない悪質なものだ。記事は、演説を妨害した者に対し、一切批判をしていない。逆に、松浦氏が「杉田水脈さんを呼んだこと、後悔しております」と伝えるが、芳子氏によるとこれは「切り取り」であるという。たけあき氏自身もTwitterで、「高円寺駅に混乱を招いたこと、暴行の現行犯まで起きてしまったこと、申し訳ございません。私の謝罪はその一点のみです」とツイートしている。


 Twitterの動画を観ればわかるが、これは公開リンチと言えるものだ。本来、LGBTおよび真っ当な人権主義者が求めるのは多様性だが、この駅に集まり、杉田氏の演説を妨害する者たちは、多様性など一切認めないファシストではないのか。こういう行為で迷惑するのは当のLGBTの人々であり、真剣に候補者を観察する有権者である。

 そもそも、杉田氏の論文は、LGBTを差別したものではない。それは、過去のエントリーでも指摘した。

杉田論文 ~ 「区別」を「差別」と言い換えて批判する邪道 (拙ブログ

 論文をすべて読んだ方には、ある程度の共通理解が生まれると思う。それは、杉田氏の論旨の根幹は、LGBTのうちのT(トランスジェンダー)は「性同一性障害」という障害だが、LGB(レズビアン、ゲイ、バイセクシャル)は個人の性的嗜好であり、そのふたつは区別して考えるべきだということだ。サヨクの常套手段として、「区別」を「差別」と言い換えて批判する手法があるが、批判にはまさしくこの手法が使用されていると考える。何故「区別」が必要になるかというと、国会議員として、そこに公金を投入することの是非を論ずる必要があるからだ。


 この論理を差別と規定するのは邪道であり、切り取りですらない「曲解」である。杉田氏の妨害に集まったファシストどもは、この論文をロクに読んでいないか、余程の阿呆なのだろう。ただ、杉田氏を吊し上げ、公開リンチをしつつ、その言論を封殺したいという渇望で動いているとしか思えない。言論の場すら奪おうとするこれらの行為は、民主主義への挑戦であり、断固として容認できない。

 そういえば朝日新聞は、11日の社説「自由な言論 守り続ける覚悟を」で、講演会が中止された香山リカのことを取り上げていた。朝日よ、自由な言論を守りたいなら、この杉並で言論を妨害したパヨクの連中を、等しく批判せよ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

「日本国紀」を貶めるためならデマをも駆使する有田芳生の愚

← 応援クリック、ありがとうございます。

 何かと物議を醸している百田尚樹氏のベストセラー「日本国紀」だが、ベストセラーが故の批判はあり得るとしても、政治的な批判が多いのも事実のようだ。とりわけ、百田氏が保守派の論客として歯に衣着せぬパヨク批判を繰り広げる背景があって、パヨク陣営はこのベストセラーを「政敵」の産物として叩きたいようだ。すべてとは言わないが、その多くは“ポジショントークとしての批判”である。

 そのひとりが、かの有田芳生である。有田は日本国紀を「コピペ本」と貶めた上で、このようなツイートを発信した。


 このツイートに反応したのが、日本国紀の出版元である幻冬舎の社長、見城徹氏だ。


 有田は、百田氏および氏の書籍に関して、批判する理由を探しているだけとしか思えない。見城氏は「書籍の流通システムに全く無知」と指摘しているが、有田は新日本出版での勤務経験があり、書籍の流通システムに全くの無知というのは考えにくい。「誤りを訂正するたびに増刷すれば累計部数は増えていくという仕組み」という指摘にも無理がある。昨今の活字不況のなか、売れない本を増版して赤字を出す余裕は、出版社にはないはずだ。そう考えれば、有田は単に日本国紀をディスりたかったとしか思えない。

有田芳生と釘バット


 念のため、今日の会社帰りに近くの書店で確認してみたが、一つの書店では日本国紀は平積み書籍の中央に鎮座し、サヨク系の書籍が幅を利かせるもう一つの書店では、平積みながら端っこに追いやられていた。何を並べるかは、書店の判断なのだ。恐らく後者の書店は、平積みしたくはないが、それでも売れるから、不本意ながら置いていたのだろう。もしくは、お客からの「日本国紀はどこにありますか?」という問い合わせに答えるのが面倒だからかもしれない。

 津田大介は、ジュンク堂書店で「店長本気の一押し STOP!ヘイトスピーチ、ヘイト本」の特設コーナーがあるというツイートに反応し、「これからは紀伊国屋書店ではなくジュンク堂書店で買うようにしよう。」とツイートした。百田氏のサイン本があるとツイートした紀伊国屋への当てつけだ。当の有田はといえば、完全に開き直っている。


 有田のツイートに関し、見城社長と、日本国紀の副読本の共同著者である有本香氏が、「悪質な風説の流布」であるとして、法的な対応に言及している。批判するのは自由だが、批判には事実を以ての批判というルールがあり、また批判内容に責任も伴う。有田の批判には、南朝鮮人に通ずるものがある。反日無罪を謳歌するのが南鮮人、反安倍無罪や反百田無罪のなかで生きるのが有田ということだ。

 最も恐ろしいのは、有田が国会議員という立場でありながら、いち私人の書籍を公然と批判する実態だ。しかもその批判はただのヘイトに近く、出版社の営業活動を事実に基づかずに批判するのは、業務妨害でしかない。ツイートを批判されて、「安倍親衛隊に批判されるほど光栄なことはないね」などと吐き捨てる品格の無さは、国会議員としては失格であり、不適切だ。有田の改選時期は3年後だが、恐らく3年後も同じようなヘイトを垂れ流しているだろう。こんな輩に、再度バッジを与えるのは、日本国民として恥と思わねばならない。

 最後に大笑い。


 これだから百田氏は愛され、反対側からは嫌われる。


日本国紀
日本国紀

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ