FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  左翼団体・反社会団体

杉田水脈氏の言論を封じ込めようとするファシストどもを批判する

← 応援クリック、ありがとうございます。

 東京大学の入学式で、ジェンダーファシズムの教祖と言うべき上野千鶴子が述べた祝辞が話題となっているようだ。祝辞の「あなたたちのがんばりを、どうぞ自分が勝ち抜くためだけに使わないでください」というくだりが一部の称賛を得ているようだが、これは祝辞の一部分にすぎない。その大半は、上野の視点に立った場合の女性差別に対する訴えであり、これは活動家としての上野のアジテーションともいえる。おかしなことに、東大のサイトに掲載された上野の祝辞全文には、「東京大学名誉教授 上野千鶴子」ではなく、「認定NPO法人 ウィメンズ アクション ネットワーク理事長 上野千鶴子」と署名されている。上野は東大教授ではなく、NPO法人の代表としてこの祝辞を述べたということになる。この祝辞に感動するかどうかは自由だが、感動するならよく確認してからの方がよい。

 さて、そんな上野なら、手を差し伸べるべき女性がいる。恐らく世の中で最も差別されている、自民党の杉田水脈議員だ。杉並区議会議員選挙に出馬している松浦たけあき氏の応援演説で、杉田氏は高円寺を訪れた。たけあき氏は、国士である松浦芳子氏のご子息であり、今回、芳子氏の地盤を継ぎ、杉並区議に出ている。その応援演説で、アンチ杉田のパヨクが大集結し、演説の妨害を敢行し、大混乱となった。日刊ゲンダイは、この妨害を一切批判せず、杉田氏自身の「差別発言の“呪い”」と報じている。

杉並区議選応援で「帰れコール」杉田水脈議員に差別発言の“呪い” (日刊ゲンダイ)

「かーえーれ! かーえーれ!」――。16日午後7時からJR高円寺駅前で行われた自民党杉並区議候補の応援演説。「帰れコール」の先にいたのはナント、杉田水脈衆院議員だった。

 杉田議員といえば、月刊誌「新潮45」への寄稿で、LGBTを「生産性がない」とあげつらった人物。党内外からはもちろん、国内外から批判を浴びた“大炎上議員”だ。(中略)

 杉田議員がマイクを握った瞬間、「生産性で人を測るな」などと書かれたプラカードを持った聴衆のボルテージは全開に。冒頭の「帰れコール」が沸き起こり、高円寺駅前はパニック状態に陥った。

 その混乱ぶりは、主役の松浦が演説中に「高円寺の皆さま、本当に申し訳なく思っています」と謝罪したほど。「杉田水脈さんを呼んだこと、後悔しております」と言い出す始末だった。


 まず、この記事だが、いくら三流タブロイド紙と言えども、看過することができない悪質なものだ。記事は、演説を妨害した者に対し、一切批判をしていない。逆に、松浦氏が「杉田水脈さんを呼んだこと、後悔しております」と伝えるが、芳子氏によるとこれは「切り取り」であるという。たけあき氏自身もTwitterで、「高円寺駅に混乱を招いたこと、暴行の現行犯まで起きてしまったこと、申し訳ございません。私の謝罪はその一点のみです」とツイートしている。


 Twitterの動画を観ればわかるが、これは公開リンチと言えるものだ。本来、LGBTおよび真っ当な人権主義者が求めるのは多様性だが、この駅に集まり、杉田氏の演説を妨害する者たちは、多様性など一切認めないファシストではないのか。こういう行為で迷惑するのは当のLGBTの人々であり、真剣に候補者を観察する有権者である。

 そもそも、杉田氏の論文は、LGBTを差別したものではない。それは、過去のエントリーでも指摘した。

杉田論文 ~ 「区別」を「差別」と言い換えて批判する邪道 (拙ブログ

 論文をすべて読んだ方には、ある程度の共通理解が生まれると思う。それは、杉田氏の論旨の根幹は、LGBTのうちのT(トランスジェンダー)は「性同一性障害」という障害だが、LGB(レズビアン、ゲイ、バイセクシャル)は個人の性的嗜好であり、そのふたつは区別して考えるべきだということだ。サヨクの常套手段として、「区別」を「差別」と言い換えて批判する手法があるが、批判にはまさしくこの手法が使用されていると考える。何故「区別」が必要になるかというと、国会議員として、そこに公金を投入することの是非を論ずる必要があるからだ。


 この論理を差別と規定するのは邪道であり、切り取りですらない「曲解」である。杉田氏の妨害に集まったファシストどもは、この論文をロクに読んでいないか、余程の阿呆なのだろう。ただ、杉田氏を吊し上げ、公開リンチをしつつ、その言論を封殺したいという渇望で動いているとしか思えない。言論の場すら奪おうとするこれらの行為は、民主主義への挑戦であり、断固として容認できない。

 そういえば朝日新聞は、11日の社説「自由な言論 守り続ける覚悟を」で、講演会が中止された香山リカのことを取り上げていた。朝日よ、自由な言論を守りたいなら、この杉並で言論を妨害したパヨクの連中を、等しく批判せよ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

「日本国紀」を貶めるためならデマをも駆使する有田芳生の愚

← 応援クリック、ありがとうございます。

 何かと物議を醸している百田尚樹氏のベストセラー「日本国紀」だが、ベストセラーが故の批判はあり得るとしても、政治的な批判が多いのも事実のようだ。とりわけ、百田氏が保守派の論客として歯に衣着せぬパヨク批判を繰り広げる背景があって、パヨク陣営はこのベストセラーを「政敵」の産物として叩きたいようだ。すべてとは言わないが、その多くは“ポジショントークとしての批判”である。

 そのひとりが、かの有田芳生である。有田は日本国紀を「コピペ本」と貶めた上で、このようなツイートを発信した。


 このツイートに反応したのが、日本国紀の出版元である幻冬舎の社長、見城徹氏だ。


 有田は、百田氏および氏の書籍に関して、批判する理由を探しているだけとしか思えない。見城氏は「書籍の流通システムに全く無知」と指摘しているが、有田は新日本出版での勤務経験があり、書籍の流通システムに全くの無知というのは考えにくい。「誤りを訂正するたびに増刷すれば累計部数は増えていくという仕組み」という指摘にも無理がある。昨今の活字不況のなか、売れない本を増版して赤字を出す余裕は、出版社にはないはずだ。そう考えれば、有田は単に日本国紀をディスりたかったとしか思えない。

有田芳生と釘バット


 念のため、今日の会社帰りに近くの書店で確認してみたが、一つの書店では日本国紀は平積み書籍の中央に鎮座し、サヨク系の書籍が幅を利かせるもう一つの書店では、平積みながら端っこに追いやられていた。何を並べるかは、書店の判断なのだ。恐らく後者の書店は、平積みしたくはないが、それでも売れるから、不本意ながら置いていたのだろう。もしくは、お客からの「日本国紀はどこにありますか?」という問い合わせに答えるのが面倒だからかもしれない。

 津田大介は、ジュンク堂書店で「店長本気の一押し STOP!ヘイトスピーチ、ヘイト本」の特設コーナーがあるというツイートに反応し、「これからは紀伊国屋書店ではなくジュンク堂書店で買うようにしよう。」とツイートした。百田氏のサイン本があるとツイートした紀伊国屋への当てつけだ。当の有田はといえば、完全に開き直っている。


 有田のツイートに関し、見城社長と、日本国紀の副読本の共同著者である有本香氏が、「悪質な風説の流布」であるとして、法的な対応に言及している。批判するのは自由だが、批判には事実を以ての批判というルールがあり、また批判内容に責任も伴う。有田の批判には、南朝鮮人に通ずるものがある。反日無罪を謳歌するのが南鮮人、反安倍無罪や反百田無罪のなかで生きるのが有田ということだ。

 最も恐ろしいのは、有田が国会議員という立場でありながら、いち私人の書籍を公然と批判する実態だ。しかもその批判はただのヘイトに近く、出版社の営業活動を事実に基づかずに批判するのは、業務妨害でしかない。ツイートを批判されて、「安倍親衛隊に批判されるほど光栄なことはないね」などと吐き捨てる品格の無さは、国会議員としては失格であり、不適切だ。有田の改選時期は3年後だが、恐らく3年後も同じようなヘイトを垂れ流しているだろう。こんな輩に、再度バッジを与えるのは、日本国民として恥と思わねばならない。

 最後に大笑い。


 これだから百田氏は愛され、反対側からは嫌われる。


日本国紀
日本国紀

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

自衛隊参加のイベントが中止に ~ 共産党こそが差別主義者である

← 応援クリック、ありがとうございます。

 自民党の杉田水脈議員が15日、靖國神社を参拝した。このことに対し、立民党の関係者が「LGBTの方への謝罪がない中、政治活動を再開したとは、許されることではない」と憤っているそうだ。ネタ元が東スポなので、「信じるかどうかはあなた次第」的なニュースではあるが、別の野党党関係者は「杉田氏の辞任を要求する」と息巻いているそうで、杉田氏批判は今後も続けるようだ。

 拙ブログでは何度か主張しているが、杉田氏はLGBTの方々を差別しているわけではない。差別という見方をする方もいらっしゃるようだが、氏の論文は税金の使途としての優先度が主張されているのであって、LGB(レズビアン、ゲイ、バイセクシャル)という性的嗜好とT(トランスジェンダー)は区別して捉えるべきだと言っているに過ぎない。この区別を差別にすり替えるなら、政治なんてできっこない。

 野党や反自民のメディアは、杉田氏のことを差別主義者とレッテル張りするが、党の本人たちの差別には頬かむりである。殊更、彼らの自衛隊に対する差別の歴史は、過去に何度も取り上げたい。そして新たに、こういう差別がまかり通っているという。

ショッピングモール 埼玉・鴻巣 自衛隊参加の催し 中止に 市民の声が力を発揮(しんぶん赤旗)

 埼玉県鴻巣市内にあるエルミこうのすショッピングモールで自衛隊が行う予定だったイベントについて16日、自衛隊埼玉地方協力本部がイベントを中止すると明らかにしました。

 日本共産党鴻巣市委員会、同市議団、新日本婦人の会鴻巣支部、平和遺族会鴻巣支部、市民有志らが15日に行った、同ショッピングモール館長への要請に自衛隊が応えた形です。

 中止されたイベントは、「夏休み特別企画!自衛隊と警察ふれあいフェスタ 2018」と題したもので、合同採用説明会に加え、自衛隊の子ども用迷彩服の試着体験や、軽装甲機動車の展示などが行われる予定でした。

自衛隊と警察 ふれあいフェスタ2018


 要請では、イベントが市民の目につく商業施設等で行われることや、戦争法の成立などをうけ、自衛隊の果たす役割が変化するもと、迷彩服や装甲車が戦争を想起させると指摘。参加した親子らは、不安の思いを同館長に訴え、自衛隊にイベントを中止するよう申し入れていました。

 自衛隊がイベントを中止したことを受け、竹田悦子市議団長は、「市民が声を上げたことが力となり、大きな成果になりました。自衛隊はほかにも、市内で行われるイベントに積極的に声をかけています。これからも声を上げ続けていきます」と語りました。


 自衛隊が参加する予定だった埼玉県鴻巣市でのイベントが、「市民の声」によって中止に追い込まれた。市民と言っても、「新日本婦人の会」や「平和遺族会」は共産党系の活動団体で、このイベントは共産党によって中止されたと見てよいはずだ。不安の思いを同館長に訴えた「参加した親子ら」というのも、恐らくシナリオ通りの役割を果たしただけのことだろう。

 私は子供を対象としたイベントを主催したり、取材したりもするが、子供たちは、このイベントが企画していた「大人の制服を着て記念撮影」とか「車両の展示」などは大好きで、時に列を作って待つ子供が出ることもある。その子供らが「迷彩服」や「装甲車」をみて不安に思うことなどありえない。共産党系の大人たちが、子供たちを利用し、自衛隊を排除するような活動をしているのである。そもそも、参加義務があるならまだしも、不安を感じるならイベントに行かなければよいだけではないか。

 先の西日本豪雨災害でも、自衛隊は最前線で、身を粉にした救援・復旧活動を行った。特に倉敷市真備町から自衛隊が撤収する際は、地元から多くの住民が駆け付け、避難者らのメッセージが寄せられた色紙を贈り、「ありがとうございました」などと記した横断幕を掲げ、手を振って見送ったという。このような人たちに対し、「迷彩服や装甲車が戦争を想起させる」などという感情を持つこと自体が、共産党の異常さを示しているのだ。

 これは、自衛隊、自衛官らに対する職業差別である。LGBTでは「差別」とか「多様性」などともっともらしいことを言う人々が、相手が自衛隊なら差別はまかり通るとしているのだ。共産党こそ、真の差別主義者である。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

フェイクニュース ~ 「沖縄平和運動家がノーベル平和賞にノミネート」

← 応援クリック、ありがとうございます。

 ノーベル賞において、平和賞は、物理、化学、医学等々と比べてとりわけ政治力が強いと言われている。物理、化学等は、基本的に実績に対する評価期間が必要とされているが、平和賞だけは現在進行形のイシューも選考対象に加わる。「核なき世界」という、できもしないことで受賞したオバマが良い例だ。そして、平和賞にはロビー活動や工作が絡む。過去に受賞した金大中は、受賞のために組織的な工作を展開していたというのだから、「金で買える」と言われても仕方ないのだ。

 そのノーベル平和賞に、沖縄県知事の翁長や、活動家の山城博治らがノミネートされたというから、ため息が出そうだ。

翁長知事、山城議長らノーベル賞にノミネート 県内から8氏2団体 (琉球新報)

 翁長雄志知事や沖縄平和運動センター議長の山城博治氏ら県内8氏と2団体が一つのグループとして、2018年のノーベル平和賞候補にノミネートされた。

 「命どぅ宝のマブイ(魂)を継承し、平和の礎を創設した沖縄の人びとにノーベル平和賞を」実行委員会の高良鉄美共同代表(琉球大学法科大学院教授)らが21日、県庁で記者会見し、ノルウェーのノーベル平和賞委員会から4月20日に連絡があった、と発表した。

沖縄活動家にノーベル平和賞?(フェイクニュース)


 8氏は翁長知事と山城氏のほか、元知事公室長の高山朝光氏、沖縄国際大学名誉教授の石原昌家氏、元読谷村長の山内徳信氏、沖縄戦の遺骨収集を続ける具志堅隆松氏、辺野古新基地建設に反対する島袋文子氏、元白梅学徒の中山きく氏。

 団体は伊江島の一般財団法人「わびあいの里」と糸満市のひめゆり平和祈念資料館。

 同実行委が「平和運動を70年以上も続ける県民の代表」として選定し、大学教授ら14人が連名でノーベル平和賞委員会に推薦していた。高良共同代表は、沖縄戦を出発点とした過重な基地負担を念頭に「平和賞受賞者はこれまでも『圧政に対して抗している人』が多い。沖縄の平和運動の継続性は意義がある」と受賞に期待を込めた。

 18年のノーベル平和賞には330の個人と団体がノミネートされている。発表は10月5日の予定。17年は故・大田昌秀元知事がノミネートされていた。【琉球新報電子版】


 「平和運動を70年以上も続ける県民の代表」という定義だそうだが、彼らが実行している活動が平和を目指したものなのかは、ネットを徘徊していればすぐにわかる。わかる限り、ノミネートされた人物らを見ていこう。

翁長雄志(沖縄県知事)
⇒ヅラ県知事。その他、省略。

山城博治
⇒言わずと知れた活動家。いったい、前科何犯なの??

高山朝光
⇒反基地の故大田知事のブレーン。政策責任者を務めた人物。

石原昌家(沖縄国際大学名誉教授)
⇒タリバンを倒そうとアフガンに侵攻した米国を引用し、「沖縄はアフガンにとって加害者の国」と語った偽善学者。

山内徳信(元読谷村長)
⇒「辺野古新基地建設は人殺しをする戦争目的の飛行場建設だ。(米国の)海兵隊の使う基地は人殺しのためのものだ」と語ったバカ。

島袋文子(活動家)
⇒別名、暴力ババア。この動画を見れば一目瞭然。

(その他、省略)


 さて、そもそも論だが、ノミネートという言葉の使い方がおかしい。ノーベル平和賞の候補者は非公開であり、ノーベル委員会は候補者の数は公表するけれども、候補者の名前は50年間公表されないというルールがある。(Facts on the Nobel Peace Prize: "The names of the nominees cannot be revealed until 50 years later.")

 つまり、このノミネートということばは正しくなく、推薦者に対し、推薦状の受理を単に伝える連絡が入ったということに過ぎない。「憲法9条にノーベル平和賞を」という運動の中でも同じ事例があったが、いわゆるひとつのフェイクニュースと言えるだろう。

 さて、こういう人たちは真面目に「平和運動にノーベル平和賞を」と言って活動しているのだろうが、やっていることは平和運動でもなんでもなく、平和を冠にした単なる被害者ビジネスである。そして、彼らの受賞資格について言えば、山城の逮捕歴も、島袋の暴力も、ネガティブな要素しか発揮しない。推薦状が受理されたくらいで、騒ぐことでもない。

 むしろ、これをノミネートと報ずるメディアの側に、重大な瑕疵がある。願望を記事にして、読者、視聴者を騙すのもいい加減にしてもらいたいものだ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

言論の自由を脅かすのはパヨクである

← 応援クリック、ありがとうございます。

 民主主義社会には、最低限のルールがある。一党独裁の支那や、一族独裁と先軍政治の北朝鮮とは違い、民主主義国家には言論の自由が保障され、それに異を唱える場合でも、その解決方法として、暴力的行為およびそれを匂わす脅迫を用いないことだ。

 自民党の杉田水脈議員が、Twitterである莫迦に脅迫された。その内容が酷い。国会議員を辞めろ。さもなくば娘に被害が及ぶぞ」というものだ。このツイートで、まだ消されていない。


 このツイートはTwitterユーザーによって運営者に通報され、警察に報告した方もいたようだ。杉田氏と娘さんの安否確認のため、ご自宅には警察が訪れたという。だが、杉田氏がTwitterに通報しても、くだんのツイートは「問題なし」との回答だったそうで、Twitterが何処に基準を置いているのかが全くわからない。

 どうせ偽名だろうが、この遠藤太郎という人物は、その後も懲りずに、すぐに論破されるようなツイートを連発している。代表例がこれだ。


 蔓延をまんえいと書くこと自体には、バカバカしいのでツッコミは入れない。「娘さんに被害が被る」とか、「常にあろうと常に志ている」とか、どうも日本語能力に問題があるように思われる。ただ、言語能力は別としても、この人物にはカルト宗教にとりつかれたような狂気が匂う。

 「報復」ということばに、その狂気が現れる。報復とは仕返しのことで、その仕返しが「杉田氏の娘さんの安全を脅かす何か」なのだから、言葉で通じないから暴力に訴えるぞという風にしか解釈できない。そもそも、ヘイトを止めろと言いながら、自分のヘイトどころかヘイト以上の犯罪の示唆にまで及ぶことは、ある種の病というべきだろう。

 こういう一部のカルト宗教的な人物が、パヨク側のスタンダードであるとは言わない。遠藤某は、その前のツイートにおいて、「チャンネル桜や在特会はある意味、形を変えたオウム真理教のようなもので、排外主義の極右カルトである」と言っている。しかし、彼をことばで観察する限り、遠藤その人がオウム真理教のようなカルトとしか思えないのだ。

 こういう人物がTwitterによって厳正な処分を受けないなら、言論の自由も、それを包括する言論空間も危うい。



 注目された名護市長選挙で、自公推薦の渡具知氏が、社民、共産、社大、自由、民進推薦、立民支持の稲嶺進を破る快挙だ。さぁ、オール沖縄の敗北を受け、翁長よ、どうするんだ?


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ