FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  未分類

誇り高き桜の戦士たち、死闘を制して史上初のベスト8へ

← 応援クリック、ありがとうございます。

 日本ラグビーの歴史が変わった。昨日行われたラグビーワールドカップのグループリーグA組最終戦で、日本がスコットランドを破り、史上初めてのベスト8入りを果たした。

ラグビージャパン、スコットランドを撃破し、8強


 恐らく、長くラグビーを観ている人ほど、この試合は難しいと感じていたのではないだろうか。この試合だけでなく、予選の組み合わせが決まり、アイルランドとスコットランドが同じ組に入った時点で、私はこのグループを突破することの難しさを感じていた。特に、勝つしか決勝トーナメントに進めないスコットランドは、死に物狂いで挑んでくる。同じグループリーグで日本に敗戦したアイルランドに油断があったとは思えないが、強豪スコットランドが文字通りガチンコで来るのである。

 日本とスコットランドの過去の戦績は1勝10敗と言われているが、秩父宮で日本が歴史的な勝利をあげた1989年の試合を、スコットランド協会は正式なテストマッチとして認定していなかった。2004年、日本はスコットランドに100対8で惨敗している。前回のワールドカップでも、45対10の大差で敗戦。私には不安の方が大きかった。だが、これが「敗者のメンタリティ」なのだろう。

 一昨日、“一生に一度あるかないか”と言われるレベルの台風が、日本列島を直撃した。私も台風の通過ルートのほぼ直下に住んでおり、雨も風もすさまじく、不安な夜を明かした。朝4時に起きて台風対応の仕事をしたので、試合の時間はもうヘロヘロ。おそらく、台風被害の影響でラグビーどころではない人たちも多かっただろう。しかし、我が桜の戦士たちにできることは、ラグビーで日本を元気にすることだけだ。そして彼らはそれを遂行した。

 スコットランド側は、試合開催が危ぶまれる中、開催可否を巡ってワールドラグビーに散々圧力をかけるようなことばを発していた。同国監督がサモア戦の審判のジャッジに対して疑問を呈したり、同協会は「試合が中止になるなら法的措置も」などと挑発していた。気持ちはわかるが、個人的には非常に不愉快だった。日本人としては、「それなら試合で決着をつけたろうか」と反応してしまう。そして我がチームは、実力でスコットランドを退けた。

 決勝トーナメントの4つの組み合わせを見ていると、この8国のなかに日本の名前があること自体が信じられない。唯一残念なのは、私がチケットを持っている10月26日の横浜での準決勝で、日本が別の「山」に行ってしまったこと。決勝トーナメントの戦いは、昨日の横浜の死闘直後からすでに始まっているが、ファンとしては、今しばらく、この歓喜を味わいたい。

 ありがとう!そしてガンバレ!ブレイブ・ブロッサムズ!!


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2019/10/14 10:40 ] 未分類 | TB(0) | CM(6)

奇跡とは言わせない! ~ ラグビー日本代表、アイルランドを撃破!

← 応援クリック、ありがとうございます。

 「ブライトンの奇跡」「正規の番狂わせ」と言われた2015年の南アフリカ戦から4年。ラグビー日本代表の「ブレイブ・ブロッサムズ」がまたやってくれた。途中出場でトライを決めた福岡堅樹が「奇跡なんかじゃない!」とツイートし、スクラムハーフの田中史朗が「『1回だけじゃないよ』と世界に伝えられた」とコメントした通り、世界のメディアは「奇跡」ということばを使わず、「静岡の衝撃」という表現をしているようだ。

ラグビーワールドカップ


 私は、前日の金曜日からキャンプで河口湖周辺に居たのだが、この試合が気になり過ぎて、朝早起きして、ブログを更新した後、早々に撤収。正直なところ、勝利は難しいと予想していたが、それでも試合はリアルタイムで見届けたかった。

 ラグビーは80分間、身体と身体をぶつけあうスポーツだ。私は大学自体、草ラグビーを数年間やった経験があるが、試合を通して走り続け、相手とぶつかり合い、転んでは起き上がるという動作の連続で兎に角きつく、実力差は如実にスコアにあらわれる。4年前の南ア戦は、リードした相手に必死に食らいついて勝利を手にしたが、昨日のアイルランド戦は前半の途中から試合終了まで、日本が試合をコントロールした試合だった。世界の強豪に思うようなプレーをさせなかったという点においても、「奇跡」ではないのだ。

 日本の世界ランクも、史上最高の8位に上がった。私自身は、スコットランド(同9位)やアルゼンチン(同10位)のような強豪が日本より下位にいるという時点で、このランキングは、朝日新聞の世論調査よりマシという程度で、ほとんど信用していない。だが、この評価は日本チームが全員の努力によって得られたもので、誇っていいものだ。

 日本代表チームは、外国出身の選手が多数在籍する「多国籍チーム」と言われる。だが、彼らは全員で「君が代」を歌う。大会を控えた今年7月には、キャプテンのリーチ・マイケル主将らリーダー陣が発案し、君が代への理解を深め、海外出身選手も多いチームの結束強化を図る目的で、宮崎県日向市の大御神社にある「さざれ石」を見学したという。外国出身選手に日本への理解を深めてもらうため、日本史の勉強もチーム全体で行っている。NHKでは黒船来航の歴史を、リーチキャプテンがプレゼンするところが紹介されていた。外国の文化を取り入れ、それを独自のアプローチで発展させてきた「和魂洋才」は、チームの団結力を強化する上で有効だという考え方に基づく。

君が代を歌うラグビー日本代表


 メディアには「決勝トーナメントが見えた」と、やや浮かれた言説が散見される。だが、ランキングは日本より下でも、スコットランドは事実上の格上であることには変わりない。予選プール最終戦まで目が離せない展開だ。

 ※ 今日は嬉しすぎて、政治の話はおやすみです(笑)


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2019/09/29 08:29 ] 未分類 | TB(0) | CM(6)

幕引きを許すな! ~ 違法献金が導き出す辻元の南北朝鮮ルート

← 応援クリック、ありがとうございます。

 辻元清美に違法献金をした在日南鮮人弁護士の林範夫だが、彼のTwitterアカウントは@bumboolだそうだ。アカウント名は「イムボンブ」となっている。過去にツイートはないか、削除されたかのどちらかだろう。ただ、フォローしているアカウントやフォロワーはアチラ系のものばかりで、SEALDs、CRAC、野間易通など、オールスターの勢ぞろいといったところだ。

 須田のオジキの情報収集能力は凄い。この林という弁護士だが、実はしばき隊とのつながりが深く、十三ベース事件(しばき隊内部の暴力事件)の仲裁に入り、法廷闘争を望む被害者を押し留め、事件をもみ消した弁護士だったという。


 「関生と色濃く重なるカウンター活動の人脈」というのも、辻元・しばき隊・関生の3角形の繋がりを示唆するものだ。林範夫はコリアNGOセンターの代表理事というトップの職を務めているが、林は北朝鮮系の代表理事だそうで、北朝鮮=ピースボートという繋がりも意味深さを含む。林は公安の調査対象でもあるそうだが、彼が持つ人脈のヤバさと今回の違法献金事件は、もう少し掘り下げられるべきだろう。

 そもそも、この献金について全く無知であった証拠はどこにもない。むしろ、5年間知らなかったというより、知っていて5年間放置したという可能性だってあり得る。政治資金規正法には罰則がある。法律違反は「返せばよい」というものではなく、犯罪なのだ。献金の事実を「ショックだった」というのは、攻撃の矛先をずらす防御だが、どう強弁しようと、嘘を言おうと、法律違反の犯罪事実は絶対に消えない。

辻元清美


 辻元は、党国対委員長の職について、辞任しないと明言している。与党、内閣相手に根拠のないスキャンダルを仕立て上げて説明責任を要求し、職を辞せと叫ぶ割には、対象が自分になるとこの甘さである。安倍総理など、自分が全くかかわらずに、官僚が忖度したという何ら証拠がない単なる推測で批判されているのだ。その批判の出元の一人が辻元と立憲民主党だが、事実が責任を問われないなら、他を推測で批判するのは金輪際やめるべきだ。

 立民党内部はこの結論で統一したようだ。枝野も辻元の辞任を「必要なし」としている。

枝野氏、辻元氏辞任は必要なし 「勝手に献金」 (産経)

 立憲民主党の枝野幸男代表は9日の文化放送のラジオ番組で、辻元清美国対委員長の関連政治団体が韓国籍の男性弁護士から献金を受けていた問題で、同氏が辞任する必要はないとの認識を示した。「外国籍の方は駄目だと伝えていたのに、勝手に振り込まれた。すぐに返しているので何の問題もない」と述べた。

 政治資金規正法は外国人からの献金を原則、禁じている。枝野氏は「防ぎようがない。外国籍の方が黙って献金し、2年後くらいに外国人だといえば、全ての政治家を陥れることができる」と指摘した。


 枝野は法曹ではなかったのか。脱法行為を問わないとなると、枝野の法令順守感覚にも大きなクエスチョンマークがつく。

 もし、枝野がこの判断で揺るがないのであれば、今後、立憲民主党は、政治とカネの問題で他者を批判したり追及したりすることはできない。普通はそう思う。だが、彼らの主義やメンタリティは、南朝鮮のそれと同じで、南鮮がいわゆる慰安婦問題を、条約を反故にしてまで蒸し返したように、政権与党批判は立民にとってのメシのタネなのだ。彼らは辻元のネタを棚上げし、やがてまた政権与党批判を始める。

 本当に姑息な人々の集まりだ。こういう連中にバッジを与えている状況こそ、有権者は改善すべきだ。大阪高槻市の有権者の皆さんの良識の発揮しどころだ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2019/02/10 07:17 ] 未分類 | TB(0) | CM(7)

これだから共産党は国民政党になれないんだ

← 応援クリック、ありがとうございます。

 共産党の志位委員長は、党創立96周年の講演で、こんなことを語っている。

 私たちが綱領に明記したどんな内容も、それを実現するためには、それが国民多数の合意となることが必要です。すなわち、その内容が統一戦線――市民と野党の共闘の課題となり、国民多数の支持と共感をえて、初めてそれは現実のものとなります。

 はっきり言うが、共産党が国民多数の支持と共感を得ることなど、ない。何故なら、彼等の方針、主張、理念等々が、多数の日本人の価値観とはかけ離れているからだ。彼等は天皇制を身分制度と解釈するが、多くの国民は皇室をありがたい存在として認識しているし、彼等が忌み嫌う自衛隊も、私達の味方として存在し、現に活動している。そのような価値観を変えることなど、共産党はおろか、どんな政治勢力にも不可能なのだ。

 今月20日から4日間、自衛隊の護衛艦「いずも」が名古屋港に入港し、一般公開される予定だそうだが、共産党愛知県連が、この入港を阻止しようと、働きかけを行なっている。

海上自衛隊の護衛艦「いずも」(1万9500㌧)が名古屋港に入港(20~23日)し一般公開が予定されていることから、日本共産党の愛知県議団、名古屋市議団は10日、名古屋港管理組合(管理者・河村たかし名古屋市長)を訪れ、入港を拒否するよう申し入れました。わしの恵子、しもおく奈歩両県議、田口かずと、山口きよあき、高橋ゆうすけ各名古屋市議が参加。前田功憲港営部長らが応対しました。


「いずも」は横須賀を母港とし、ヘリコプター搭載護衛艦として航空運用機能を重視した艦船です。F-35B戦闘機などが垂直離発着できる航空母艦への改造調査も始まっています。

申し入れでは、一般公開とは別に16歳から25歳までが対象の特別見学も予定されており、隊員勧誘を求めないことを要求。「名古屋港は貿易を中心とした商業都市。戦争放棄を定めた日本国憲法の下、名古屋港を自衛隊の広報活動のために利用することは容認できない」と指摘しました。わしの議員らは「西日本豪雨の被災地支援を最優先すべき時です。名古屋港での自衛隊の広報活動は認められない」と訴えました。

前田部長は「港湾施設内での隊員募集活動をしないよう申し入れた」と答えました。(7月11日 しんぶん赤旗)

 「自衛隊が被災地に行ったら絶対に婦女暴行事件が起きる」とか言ったバカ(瑞穂)が居たそうだが、こんなデマを信じる人など、瑞穂の取り巻きの一部しかいないだろう。自衛隊が被災地に赴くケースはいくつもあるが、そこで実際に婦女暴行事件が起きたケースは報告されていない。瑞穂の単なる思い込みであり、悪質なレッテル貼なのだが、この共産党の働きかけも、似たようなものである。

 共産党の姿勢は、南朝鮮と同じである。自衛隊がどんな組織か、どういった命令系統で動くかなど、一切関係ない。ただ単に、自衛隊を悪魔化しているだけなのだ。南鮮民族の場合は、何があろうと自衛隊の入港、通過はおろか、接近も拒絶する。真面目な顔をして「日本が再び占領しにくる」と言うのだ。しかし、現実問題として、今の日本が朝鮮半島を支配することなどあり得ない。要するに、憎む相手を皆で嫌うためのレッテル張りだ。

 こういうことばかりしているから、共産党は「国民多数の支持、共感」を得られないのだが、志位委員長ですらその現実を無視する。組織全体のタコツボ化だ。

 もっとも、共産党がこれだから、政府与党も保守派も安心していられるわけで、共産党には変わらず、ブレず、この路線をひた走ってもらいたい。



最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2018/07/14 07:19 ] 未分類 | TB(0) | CM(8)

時系列として辻褄が合わない「首相案件」と「加計ありき」

← 応援クリック、ありがとうございます。

 テレビ朝日の看板番組のひとつである報道ステーションは、その悪趣味な演出で有名だ。卒塔婆のような物体を画面に入るだけ並べ、そこに安倍総理をディスる様々なキーワードを記し、印象操作を行う。10日に偶然見たこの番組では、「首相案件」と書いた横断幕をバックに、アナウンサーや開設者が一方的に安倍政権を批判する内容だった。あまりに悪趣味さに、Twitter上では#報ステクソコラグランプリが開催され、この横断幕を素材にした報ステいじりが展開される始末だ。

首相案件


 朝日新聞は、倒閣運動に全精力を傾けている。私は朝日を買わない主義だが、ネットの情報によれば、昨日の朝刊一面はほぼすべてがモリカケに割かれ、加えて2面、3面もほぼモリカケであったという。習近平と金正恩の中朝首脳会談の翌日は、朝日だけは他社と違い、1面が森友だったそうだ。大分の土砂崩れ災害を掲載したのは32面のみだったという。

 現下の注目キーワードは、朝日新聞がスクープしたとされる「首相案件」だ。獣医学部新設計画をめぐり、当時の柳瀬首相秘書官が、愛媛県側に「首相案件」と伝えたというメモが出てきたというアレだ。ところが、このメモを書いた本人がこの「首相案件」ということばを覚えていないといい、そのメモ自体、愛媛県庁には存在しないそうだ。こういうメモが発掘されるあたり、役所、官僚も倒閣運動に加担しているという客観的事実だが、新聞とテレビがスクラムを組んだ倒閣運動に様々な分野の人間が協力するという異常な構図だ。そういう報道によって、国民が断片的な情報で思考を一方向に向けられ、首相案件という言葉に踊らされている感がある。

 10日の報道ステーションは、鬼の首でも取ったように「首相案件」を報じたが、雄弁にインタビューに答える前川助平というキャラックターを使っている。しかし、報ステが絶対にインタビューしないのが、前愛媛県知事の加戸氏である。加戸氏のコメントは、ZAKZAKに掲載されている。

「『バカバカしい』の一言だ。愛媛県が作成したメモ(備忘録)が本当だとしても、『それが何なの?』と思う。(『反安倍』勢力などによる)『最後のあがき』ではないか」

「日本獣医師会側の圧力によって、愛媛県や今治市の必死な思いがゆがめられてきた。その実態をただすべきだが、そうなっていない。はらわたが煮えくり返る思いだ。加計学園の話を安倍政権批判に直結させる報道は、『憲法改正を潰すための倒閣運動』と受け取られても、仕方ない」


 後段は反安倍勢力全般への批判だが、前段だけで加戸氏の想いは十分に伝わるはずだ。バカバカしいのである。少なくとも、国政の時間と膨大なエネルギーを使って論じるべき問題ではない。

 そもそも、「首相案件」という言葉が事実吐かれたとしたところで、何ら問題はないはずだ。資料を読み解く限り、この「案件」とは、獣医学部を新設するという岩盤規制の打破を意味するものであって、「加計ありき」とは全く次元が異なるものだ。朝日が「柳瀬氏が首相案件だと言った」という記事で取り上げた2015年4月は、加計学園側がエントリーするずっと以前のことだから、「加計ありき」を結び付けると、時系列的に合わないのだ。このあべこべな時系列を無理やりつなげるところに、朝日新聞の悪意がある。そして、加計ありきと批判する野党の連中も、そのくらいの読解力は持っているはずなのに、朝日に乗っかって政権を批判する。極めてブラックな安倍包囲網なのだ。

 度々「安倍信者」と批判される拙ブログだが、私は決して信者ではない。憲法に対しても、増税に対しても、批判はする。ひと言付け加えるなら、こんなブラックな嘘で内閣が倒れれば、日本の民主主義が成立しないと、強く思っている。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2018/04/13 07:10 ] 未分類 | TB(0) | CM(13)
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ