FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  政権批判のためなら善悪の分別もつかなくなる蓮舫と立憲民主党

政権批判のためなら善悪の分別もつかなくなる蓮舫と立憲民主党

← 応援クリック、ありがとうございます。

 立憲民主党の非常識は、例を挙げたら枚挙に暇がない。そもそも、国会審議をサボるということ自体が税金泥棒であり、国民への背信という面で非常識だ。他に、亡くなった羽田雄一郎参議院幹事長の後釜にあの森ゆうこを据えることも、常識がないか、極端な人材不足のどちらかである。(もしくは両方か。) 国会質疑のテーマ選定も非常識で、武漢ウイルス対策を優先して審議すべきタイミングで「桜やります。時間があればコロナもやります」というホンネが手てくるあたり、非常識さにも筋金が入っている。

 彼らが非常識であり続けるのは、自浄能力の無さの結果だが、そもそも常識という概念がないのかもしれない。メディアも特定野党にツッコミを入れることはめったにないので、「批判がされなければなかったことになる」という独自のルールを定めているのかもしれない。しかし、昨日起きた事案にはツッコミはいれるべきだろう。

蓮舫氏、首相演説前に原稿をツイッター投稿 (産経)

 立憲民主党の蓮舫代表代行は18日、菅義偉(すが・よしひで)首相が同日行った施政方針演説の原稿の一部を、首相の演説前にツイッターに投稿した。蓮舫氏は原稿の画像とともに「今日午後、衆参両院で菅総理が原稿を読み上げられますが、どれだけの思いを込めた話し方をされるのか」などと記したが、演説の原稿が事前に公になったことに、与党からは批判の声が挙がった。

 自民党の末松信介参院国対委員長は記者団に「例え、(原稿を)見ることが事前にあったとしても、それを(ツイッターに)アップして何かすることは、やり方として間違っている」と語った。

 蓮舫氏はその後の投稿で、原稿を投稿したことについて「内閣総務官室に確認、取り扱いに関するしばりは特段なく、便宜上配布するとのこと」と説明している。

蓮舫、首相の施政方針演説前に原稿の一部をツイッターに投稿


 蓮舫は「内閣総務官室に確認、取り扱いに関するしばりは特段なく、便宜上配布するとのこと」としているが、これは言い訳にも何もなっていない。芸能レポーターでもあるまいし、この投稿は特ダネでもない。便宜上の配布が、その情報を公にしてよいということを意味しないのは、常識中の常識だろう。「特段の縛りがない」と言いつつ、蓮舫はこのツイートを削除して、何事もなかったかのように投稿を続けている。もちろん、自分の不適切な投稿への言及は皆無だ。

 蓮舫の魂胆はミエミエだ。「原稿を読むだけ」という、巷の菅総理への批判を利用し、その原稿を事前に共有し、施政方針演説の後に「原稿通りだった」という批判が増幅されることを目論んだのだろう。批判したいがために、やって良いことと悪いことの見分けすらつかなくなっているのだ。会社組織であれば処分ものだ。

 さて、このことを立憲民主党が問題視し、蓮舫になんらかの懲罰が与えられるかだが、そんなことはまずないだろう。自浄作用が全く働かない彼らの党の構造から見れば、これも終わったことだ。そして、終わったことはなかったことになる。もしそうなら、国民の側がこの不埒な行動を批判するしかない。

 常識のない議員と政党、それが蓮舫と立憲民主党だ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2021/01/19 07:09 ] 政治 | TB(0) | CM(11)
国会にあるべきでない人間の見本
この件で、蓮舫の首から下が写された画像を見ていました。
勿論、見たくもない顔ですので、調整することなく
付けられた文章だけを読んでいたのですが。

その画像は、洋服の衿に付けられた議員バッチが
UPされて写されていたことになります。
このような人物が何故、バッチを付けていられるのかと
情けない思いをしていました。
このような常識外れの弁えしらずの愚劣な人物が、
バッチを付けていられる日本ではない筈と。

日本が国際政治のなかに否応なしに放り込まれた
幕末明治維新から先の戦争までを思い出しても
無数の先人たちが、国家の為にどれ程に献身捧げ尽くしたか、
血や汗を流して国を護ったかと思う程に悔しさも
倍加するものでした。

国の政治をなんとも、軽いものと考えている
蓮舫のような人間が国民の血税を懐に口先だけのパフォーマンスで
国民のために論議を尽くすべき国会を貶めること数知れずです。

国家国民を愚弄するばかりの議員など即刻、退場願いたいものです。
[ 2021/01/19 08:57 ] [ 編集 ]
議員にもリコール制を
>国家国民を愚弄するばかりの議員など即刻、退場願いたいものです。

嘘吐きカマキリ女R4やクズ王小西、有田ゴキフ、デマノイ、チビッコ安住、パコリーヌ山尾らを追放するためにも、議員リコール制を早期に導入すべきですねwww
[ 2021/01/19 09:31 ] [ 編集 ]
○演説は、襟をただして、聴くものかと。聴覚障害の方には配慮しつつも、事前配布を禁止してはどうだろうか。

○後から首相官邸ホームページに、歴代総理の施政方針演説集として、PDFファイルをアップすれば、紙の節約も合わせて解決するかと。
[ 2021/01/19 11:34 ] [ 編集 ]
蓮舫 VS 蓮舫(自分と遊んでいろ)
蓮舫VS蓮舫
https://www.youtube.com/watch?v=zN1vC-X1KOo

拡散しよう。
[ 2021/01/19 12:33 ] [ 編集 ]
トーチャン使い捨て
蓮舫とかいう違法人革命家は、トーチャンに赤ちゃんの種と育児しか求めず、用済み後速やかに使い捨てた鬼でした。
革マル枝豚がオッサンになった中核派裸踊りと共闘することは、中核派と革マル派の遺恨があって有り得ません。立民モクモクスパスパにとって、2F手下として自民党メジャー昇格したモナ男はトロツキストです。総理大臣になりたいが、同時にトロツキー細野をピッケルで殴り殺したいとも望んでいるのでは。羽田革命同志の後任者は三軍でOK、卵屋裏金爺の選挙区はタダでゲットなのに、政権交代熱意が全く感じられません。
[ 2021/01/19 17:17 ] [ 編集 ]
蓮舫を当選させるバカ
嬉々として、選挙のたびに蓮舫を当選させる馬鹿が多いせいです。

ほんとうにガックリきます。
ふつう、国籍があやしいタレントあがり、過去の発言等で少しは考えませんかね。
[ 2021/01/19 20:13 ] [ 編集 ]
レンホーが代議士でいる⚪⚪らしさ
レンホーなど、代議士どころか常識の分からない⚪⚪。

日本人であれば普通に持っているべき感覚、例えば「慎ましさ」を言っても、理解出来るわけがないだろうから、話すだけ無駄な人間。

このような反社会的かつ低次元な人間が代議士の身分で存在する日本は異常としか思えない。
[ 2021/01/19 22:55 ] [ 編集 ]
実は 善悪の分別もつかない蓮舫参議
今晩は。総理施政方針演説原稿を事前に流出させた蓮舫参議の罪過は「あると思います」。いかに内閣総務官室に確認しようとも、非常識と与党への非礼は免れるべくもありません。決め事以前の 善悪の判断もつかないのか?

そうした軽挙妄動を許す 立憲民主党もやはり不良な政治勢力といえます。前任
逝去で一度空席となった 党参院幹事長後任人事も、失望を超える情けなさが
ありますね。「騒ぐだけの輩」には、党の要職を担う力は初めからない印象。
何よりも、蓮舫参議に留まらず、マスゴミ出身の野党議員はろくでなしばかり
と思ってしまいます。
[ 2021/01/19 23:49 ] [ 編集 ]
何といっても「確認したが特段の縛りはない」と、すぐに言い訳に走ろうとしたところが、人間性を物語っていますね。

人間としてダメ。

クズ。
[ 2021/01/20 00:38 ] [ 編集 ]
悪目立ちでもR4は目立てば良かったのかな?

内閣総務官室という部署がそのような「しばり」を管轄するところなのか存じませんが、聞き方に沿った答えがあるでしょうから、R4が責任逃れの様な言い訳をする場合、自分の質問の仕方をも説明するのが妥当ではないか。

なんか変、と思ったのが<与党は同日の参院議員運営委員会理議会で会派としての謝罪と投稿の削除を求めた>というのですが、何故本人にも直接求めなかったのか?ふしぎ。
最終的に立民の吉川沙織党筆頭理事が「こうしたことが発生したことは、まことに申し訳ない」。 自然発生みたいな謝罪に感じてしまったワイ。

お題の「政権批判の為なら善悪の分別もつかない~」を読んで、いや~~~彼らの常識の無さは日常茶飯でしょうが、と感じたのですが、本文に十分にその御意向が拝見出来ましたw

R4は今まで何でも、言いっ放し、しっぱなし、の人ですから多重国籍の件を含めて、なに一つ、彼女自身が政権与党によく求める「説明責任」を議員として果たしません。
議会の暇を見つけて、必ず議席を失う前に,まとめてしていただこう。

「どれだけの思いを込めた話し方をされるのか」がどれだけ問題なのだろう?
例えばその気もないのがバレバレの、ルーピー鳩の「命を救いたい」の繰り返しには、声の出し方、間の取り方、思い入れたっぷりではあったが、聞かされる国民は背中が泡立つドン引きで、国会はド下手な生徒劇場じゃあないのよね、と感じた事を思い出しました。
その所信表明は、なにやら演劇演出家?だかの指導とか。

演説に政治家が思いを込めるかどうかは問題ではありません。聞く国民がそこに発言者の「実」を感じ取れるものかどうかで、政府、政治家と国民の信頼の度合いが決まるのではないでしょうか。R4には分かるまいが。
[ 2021/01/20 01:16 ] [ 編集 ]
二重国籍で国民にうそをついたこともなんともおもっていないのでは?
選挙のみそぎを受ける常識もない??
[ 2021/01/31 14:47 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ