FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  外交 >  公開された米機密文書の内容から読み解く日本のプレゼンスと、日本が主張すべきこと

公開された米機密文書の内容から読み解く日本のプレゼンスと、日本が主張すべきこと

← 応援クリック、ありがとうございます。

 米トランプ政権が、ホワイトハウスがインド太平洋戦略の枠組みに関して2018年2月にまとめた機密文書を公開した。作成から3年しか過ぎていない安全保障関連の文書の機密が解除されるのは異例なことだ。トランプ政権で安全保障分野を担当するオブライエン大統領補佐官は「米国民や同盟諸国に、米国が今後も長き将来にわたってインド太平洋を自由開かれた地域にするため永続的に取り組んでいくことを知ってもらうためだ」と機密解除の理由を述べている。この文書公開にも、外交・安保政策がバイデンによってなし崩しにされないようにするトランプ大統領の意図が感じられる。

トランプ大統領


 文書は尖閣や台湾が位置する「第1列島線」の内側を守り抜くための戦略を構築し実践すると明記した。また、インド太平洋地域における懸念として、「中国による非自由主義的な影響圏の確立の阻止」「北朝鮮による米国および同盟諸国への脅威の除去」「世界における米国の経済的リーダーシップの促進」を挙げた。その中で米政権は、この戦略における「地域的に統合され技術的に発達した中心的な柱(regionally integrated, technologically advanced pillar of the Indo-Pacific security architecture)」に日本を据え、自衛隊の近代化支援もコミットしている。

 日本に寄せる期待は高い。「日本、インド、オーストラリア、米国を地域統括ハブとする安保の枠組み形勢を目標とする」とあったと思えば、「日本とオーストラリアとの三角協力を深化させる(Deepen trilateral cooperation)」という記述もある。日米豪印による「クアッド」はもちろんだが、中でも米国が中心的なリーダーシップを求めている相手が日本だ。安倍前総理の日米同盟強化は、こんなところにも成果として表れている。

米安保機密文書


 一方、南朝鮮の位置づけは高くないようだ。文書は「朝鮮半島以外の地域における安保問題にもより大きな役割を果たせるよう勧告すること」とあったという。勧告とは「ある行動をとるように説きすすめること」を意味する。要するに信頼のおける相手ではないから、「説かなければならない」のだろう。

 文書には、戦略として「韓国と日本による相互の緊密な関係促進(closer to one another)」という部分もある。日本と南鮮の対立は米国の国益に適わぬということだ。しかし、「相互の緊密な関係」は、既に、米国が仲裁してどうにかなるような次元のものではない。南鮮の対日敵対的行為は、条約や国際約束の遵守という外交関係の基礎も無視し、とにかく日本に謝罪させたい、賠償させたいという民族のストレス解消を、政治も司法も迎合してやっている。そしてそのストレスは、日本がどんなに譲歩しても解消されるものではない。鬱憤を晴らすためなら、条約も国際約束も関係ないというのが彼らの民族性だからだ。

 文在寅は、離任する冨田浩司駐韓日本大使と会い、「日韓両国が建設的で未来指向的な関係を早期に修復していく必要がある」と述べ、一方で新駐日大使に着任予定の姜昌一に信任状を授与し、「(両国関係で)問題が生じても、未来指向的に発展しなければならない両国関係全体がそれに悪影響を受けてはならない。それはそれとして解決策を探し、未来指向的な関係のための対話の努力はそれとは別に続けなければならない」と述べたそうだ。関係悪化という放火行為をしながら、その放火を問題視せずに「未来志向で話し合おう」という主張だ。これがどれだけ非常識であるかは、もう論ずるまでも無い。

 日本はアジアの多国間安全保障の柱となるべき存在だ。しかし、信頼を損ねる相手とは連携できないことを、米国に告げるべきだろう。安倍前総理との信頼関係を築いたトランプ大統領は、あと数日でホワイトハウスを去る。オバマの2期8年の大半が、日本の安保環境にとって苦難の時代であったことを忘れてはならない。「言うべきは言う」という態度で、米新政権に臨むべきだ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2021/01/15 07:07 ] 外交 | TB(0) | CM(5)
米帝も朝鮮は要らない
トランプが公開した文書で、台湾地方は重要だが南朝鮮は目じゃない、カリアゲにくれてやれという本音が判明しました。京城を核総攻撃で潰せば、南朝鮮の害虫は半減します。
欧州大陸の言語は、日本で辞書が売られている言語だけで10言語以上あります。領地領民規模が欧州大陸の2倍あるあの国、日本で売られている中国語辞書が20言語あっても不思議ではありません。
日本が誇るアニメを見たい、任天堂やプレステのゲームで遊びたいから、日本語覚えたい人が支那虫に多数とか。中華ユーザーの強い要望で実現したポケットモンスター中国語版は、普通語と上海語だったのか遊べる人がそれほどいなかったようです。台湾地方ユーザーの多くは日本語、香港地方ユーザーは英語で遊ぶようです。ODAの一環として、中古小中学校教科書をプレゼントし続けると、50年後位に「日本語ニハ仮名ガアルカラ便利アルヨ」という怪しい日本語が通じるようになるかもしれません。
[ 2021/01/15 20:04 ] [ 編集 ]
バイデン副大統領のしたこと
2013年11月23日に中共政府が尖閣諸島を「中国領土」であるかのように『東シナ防空識別区』を設定し、その空域を飛行する航空機に対し中共国防部が決めた規則を強制して、従わない場合は中共軍が緊急措置を取る主旨の発表した。(日本・防衛白書 平成30年版から要約)
日本は当然、米国・豪州・EU・韓国の中共の勝手な「防空識別圏」設定に抗議・懸念表明をしています。


で、その時、
中共の強引な外交に釘をさすために、オバマ政権はジョー・バイデン副大統領を派遣し、12月3日北京に入る前にバイデン氏は東京で安倍総理と協議を持った。
翌4日北京入りしたバイデンのエアーフォース・ツーに息子のハンターと孫娘も同行させていて、従来なら副大統領のカウンターパートである副主席ではなく、キンペーと5時間半の会談の結果、
<防空識別圏問題については「不測の事態が起きない様に十分に注意を促した」「米国は民間航空機については、中共の規則に従うことを容認した」>だけに終わった、と。

そして副大統領帰国後10日目に、ハンター・バイデンが経営する投資ファンドのローズモント・セネカ・パートナーズ と 中国銀行が、新投資会社ボハイ(渤海)・ハーベストを設立することが分かりました。
米国側の投資ファンドの経営陣にはジョン・ケリー国務長官の女婿クリス・ハインツも居て、中共は渤海ハーベストの設立で米国副大統領と国務長官の親族に巨額のコミッションを生むスキームを作り上げた。

以上、ピーター・シュワイザー氏の著作と新聞(ニューヨーク・ポスト紙)寄稿を渡辺惣樹氏が「アメリカ民主党の崩壊2001-2020」で紹介しています。

こういうバイデン氏が米国大統領になるなら、トランプ大統領が年月短くとも情報開示しておかねば、とお考えになるのは当然の措置だと思います。
これからトランプ氏には今以上に濡れ衣捏造・貶め工作が始まるでしょうから、米国の信用の為にもトランプ政権が成した諸事は発表しておくべきだと思います。
[ 2021/01/16 00:37 ] [ 編集 ]
感服いたします
機密文書の内容にではなく、それを聞き知り読み取り分析され、自身の意見として文章化される管理人さんに感服いたします。

ホットなだけでなく、一次資料に近い情報に加えて保守本流らしいコメントにはいつも癒されています。

安倍前首相のように世界を俯瞰した考え方を持ち、海外首脳に意見出来る首相が近い将来生まれ得るのでしょうか?
改めて安倍前首相を思い返してしまいます。

北朝鮮の節操のない動向も気になりますが、日本国に危難が訪れる前に、日本国民が気付いてほしいと憂慮いたします。

その安倍前首相も成し遂げられませんでしたが、まずは憲法9条を変えないと、この国はよくなりません。
[ 2021/01/16 00:41 ] [ 編集 ]
1行目 東シナ防空識別区 は 東シナ海防空識別区
5行目 日本は当然、米国、豪州、EU,韓国も、中国の勝手な~
    に訂正いたします。
[ 2021/01/16 00:50 ] [ 編集 ]
1行目 東シナ防空識別区 は 東シナ海防空識別区
5行目 日本は当然、米国、豪州、EU,韓国も、中国の勝手な~
    に訂正いたします。
[ 2021/01/16 00:52 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ