FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  憲法審査会の集団遅刻、王毅に放言を許しながら「経済分野の協力強化」 ~ 自民党は国民を甘く見るな!

憲法審査会の集団遅刻、王毅に放言を許しながら「経済分野の協力強化」 ~ 自民党は国民を甘く見るな!

← 応援クリック、ありがとうございます。

 26日、改憲手続きを定める国民投票法改正案に関する質疑が衆院憲法審査会で行われた。この改正案が提出されたのは2018年6月の事。実質審議は今回が初めてで、提出から2年半を経たタイミングでの初審議というのは、国会の怠慢を如実に物語る事実である。

 当然ながら、この法案に関する審議が進まないのは、何かと理由を付けて憲法審査会をサボり続ける野党の責任である。改憲の是非に関する国民の意思表示の機会を奪うのは、野党が国民の敵であることを明瞭に示す「暴挙」と断言する。護憲という考え方を持つことは自由だが、それなら憲法改正反対の論陣を張り、国民に自分たちのことばで訴えればいい。憲法に関する議論を否定または拒否する正当性など、どう探してもないのだ。

 しかし、今回は自民党を批判する。この日の憲法審査会は、それほど久しぶりに開かれるものだったにもかかわらず、自民党議員の10人ほどが会議に遅刻する始末だ。審査会を開くのに必要な「定足数」は満たしていたものの、会長の細田博之氏が開始を見合わせ、審議がスタートしたのは予定より6分遅れだったという。また、日本維新の会が質疑打ち切りと採決を求める動議を提出したものの、細田審査会長は「幹事会で協議」とし、結果として法案採決は来年の通常国会に先送りされた。

憲法審査会


 26日の憲法審査会は、開会時刻の確定が前日夕方にずれ込んだという事情もある。しかし、遅刻者が出て審議が開始されなかったというのは「緩み」であり、おまけに野党のゴネ得を受け入れるような先送りの判断をすることに、憲法改正に対する信念や真剣さは全く感じられない。自民党憲法審査会の議員諸氏は猛省すべきである。

 日中外相会談後の会見で飛び出した、王毅の尖閣諸島の領有権に関する言いっ放しを許し、反論すらしなかった茂木外相も、いま痛烈に批判されている。これについてはさすがに自民党有志が反発し、会見翌日の自民党外交部会、外交調査会は大荒れだったという。王毅の発言は、昨日のブログで書いた通り失敗だった。だが、その失敗は日本国内に限られた結果であり、発言は国際社会に伝播する。すぐさま反論しなかったことで、その失敗は日本政府に付け替えられることになるのだ。

 日本の漁船が違法操業だと言われ、尖閣は中共の領土だとプロパガンダを蒔かれ、日本政府は外形上、「前向きの態度を要請」したに留まる。言いたいことを言われた挙句、「経済分野では協力を強化」なのだそうで、月内にはビジネス関係者らの往来を再開するという。本末転倒と言わざるを得ない。二階など、王毅にお土産を渡すことを忘れず、「さらなる民間友好交流の強化」だとか、「両国の経済貿易、観光、青少年、女性などの分野で交流と協力を深化」など、王毅相手に心づくしのおもてなしをする有様だ。

王毅と二階


 安倍政権下には存在した、対中外交における「戦略」が、今の政権にも外相・外務省にも見えない。このままでは中共の手のひらで転がされるだけだ。自民党は緩みを正し、憲法にも対中共にも緊張感をもってあたって欲しい。国民を甘く見ない方がいい。特に対中関係でこのままずるずると安易な外交を続ければ、国民は自民党を見放していく。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2020/11/28 07:21 ] 政治 | TB(0) | CM(9)
日本を不幸にする二階という愚者
どれだけ、国家の名誉も国家の精神も伝統も毀損し
国民を愚弄すれば済むのか。

日本中がコロナ禍に苦しんでいる中、
無礼千万の王毅との写真を見せつけられる国民の感情は
どんなものか、この強欲爺さんには、及びもつかないのだろう。

国家国民を護ることはおろか、国家国民を差し出さんばかりの人間が
政治の中枢にいることに憤激するばかり。
[ 2020/11/28 08:14 ] [ 編集 ]
文言を付け加えます
「日本中がコロナ禍に苦しんでいる中」の言葉の前に、

「尖閣の守り、国の守りに命をかけて日々、任務にあたってある
 海保や自衛隊の方々に対してもあまりにも申し訳なく、」

 を付け加えます。
[ 2020/11/28 08:44 ] [ 編集 ]
泥棒に追い銭
[ 2020/11/28 09:08 ] [ 編集 ]
○中国との関係、どうあるべきか、むずかしい話ですね。日本国として、真実や誠意、友好的に言葉を尽くして語ろうとも、中国国内の中共プロパガンダで欺瞞とされれば、いとも簡単に覆されてしまう。日中の友好関係は、砂上の楼閣なのだろうか。

○菅政権は今、アメリカ大統領選挙の結果待ち、といったところでしょうか。トランプさんか、バイデンさんか、結果はまだわかりませんが、確定するまで、待ちたいと思います。
[ 2020/11/28 11:10 ] [ 編集 ]
正直

アメリカ民主党と中国共産党は一心同体と見てもよさそうです。
そうなると、憲法に縛られた日本は何ら対抗できない。余りにも情けないことですが…

戦勝国連合(俗称国連)に残ってるとされる敵国条項で、イタリア・ドイツは外れたのに日本は中国の反対で外れなかった

というのがアチラ側が強気に出れる理由でしょう。

ハニトラなんか全く必要ない(ハニトラして逆にアカン事になって逃げだした事がある)。敵国条項を盾にしてミサイルぶっ放すと脅せば

赤子の手をひねるよりも簡単なのです
[ 2020/11/28 13:47 ] [ 編集 ]
安倍政治の余慶が無駄になりそう
茂木外相は「会見後に抗議した」と、国民の憤懣にご不満だった様子ですが、海外にも報じられるマイクとカメラが作動している間の効果を、長年議員をしている茂木氏がお分かりでないと言う事でしょうね。

王毅がどういう発言タイプの中共要人か、今まで日中関係に多少とも関心を持つ一般人でもはっきりわかる事で、あれは予想不可能な発言では無いと断言できます。
余りの油断か、それともナニか? 後者とは思いたくないことでしたが 、「総理候補の一人」と書くメディアもある中で、私は”かなりの要注意人物”にランキングしたいです。

感染者と重症者と死者の増加が確実に予想出来た三連休前の尾身氏ら分科会の提言を無視した菅内閣は、何が何でも経済優先なのでしょう。
ベットを増やせ、医療従事者を増やせ、と言っても誰にでもそんなことが即座に出来るはずもない事はわかること。
ちょっと感覚がズレていませんかね?
経済復活の大事は分かりますが、国民の健康、安全は地道な方針があって可能になるのではないのか?
相反する条件の場合、その内閣がどちらを重視するのか、じっくり観察をしていたいと思います。

食の自給率の低いこの日本に、外国人を大量に勧誘したい菅氏の官房長官時からの意向と、この期に及んでも中共との経済協力を表明する外交感覚。
一体日本国を何処に導こうとしているのやら。
[ 2020/11/28 17:03 ] [ 編集 ]
敵に無駄餌を与える様では・・
今晩は。憲法審査会の国民投票法案審議など滞りの主因は、貴指摘通り「改憲関連の議論さえ認めない」特定野党の不良姿勢にあると拙者も思います。

しかしながら、決して真の国益や国民の福利にならないそうした不良な事共と真摯に対峙すべき時に 事もあろうに遅刻多数を生じる与党側の決意と見識も疑われます。これまで再三に亘り改憲の必要を喧伝してきたのは一体何だったのか?の強い疑問を国民多数から持たれても仕方がないと心得ます。

戦後の総理経験者複数、なかんずく「桜問題」など難点もそれなりとはいえ、安部前総理が尽力された「改憲への道造り」をも蔑ろにするもの。此度な様な重要会合には「一人や二人の遅刻はやむなし」といった僅かな緩みも糺されるべき。まして大人数とくれば言語道断です。特定野党なる「つまらない連中」に、つまらない事で大きな言質を取られた事を まずは真に恥じるべきです。
[ 2020/11/29 00:15 ] [ 編集 ]
安倍さんの盟友・中川昭一さんが財務・金融相だった時だったか、前の会合が時間を押して予算委員会に遅れ国会の中を書類を抱えて走っている動画が懐かしい。遅刻時間は確か一分前後だったような。

平謝りの中川財務相に笑顔で責める野党。あれから十数年、緊張感は与野党共にブッちぎれ、でしょうかね。
[ 2020/11/29 00:35 ] [ 編集 ]
負け続ける日本
 写真だけ見ても嘔気氏の方が文明人のようだ。茂木氏こそ発展途上国民に見える。なんで日本人てこんなに醜いのだろう。
それなのに大臣になれたのは仕事ができるからなのでは?
こんな写真が世界に出て、見かけだけでも印象で負けてるのに、あんなこと言われたら、世界意識は尖閣に関し中国側になってしまう。
[ 2020/12/01 08:46 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ