FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  検察への政治介入を批判する前科者たち

検察への政治介入を批判する前科者たち

← 応援クリック、ありがとうございます。

 メディア、特定野党、パヨクら左派が大騒ぎしていた、いわゆる検察庁法改正案について、政府与党は今国会での成立を見送った。自民党幹事長の二階と会談した後、安倍総理は「国民の理解なくして前に進めていくことはできない」とし、先送りが決定した。しかし、先送りは「国家公務員の定年を段階的に65歳に引き上げるための法案」も道連れだ。

 立民党代表の枝野は、「今回、国民が声を上げざるをえなくなった背景には、新型コロナウイルス対策を与野党協調して進めている時に国論を二分する問題を強引に進めようとした姿勢がある」とコメントした。コロナそっちのけで桜をやって、国論を二分したついこのあいだの出来事すら、きれいさっぱり忘れることができるらしい。Twitterでも「まずは感染症対策に全力投球」などと、コロナ議論の妨害を“なかったこと”にしようとしている。

枝野


 特定野党の連中は、自民党にこの法案を「強行採決」させるつもりだったのではないか。先送りされた法案の中心にあったのは国家公務員の定年延長であり、その国家公務員が構成する官公労もこの先送りの実害を受けることになる。立民党としては、本来は味方であるはずの労組に犠牲を強いることになる。枝野は慌てて「#検察庁法改正部分は切り離し」というハッシュタグを付け、国家公務員の定年延長部分は通すべきとツイートしているが、改正案の審議に応じてすらいない野党に何を言っても説得力はない。

 だから、政府与党が500万(だかなんだか知らないが)の国民の声を無視した強行採決をしてくれれば、内閣支持率も下げられるし、その強行採決に対して議場内でプロレスをやって、テレビで抵抗する姿を映してもらえれば、低空飛行を続ける野党の支持率も少しばかり改善すると目論んでいたのではないだろうか。もしそうなら、特定野党の作戦は大失敗だったということになる。

 政治権力による検察への介入で、最も具体的な事例は、菅直人政権にある。


 当時の民主党政権は、尖閣沖で海保の船に体当たりした犯罪者を、沖縄地検に圧力をかけて釈放させ、プライベートジェットまで用意して帰国させた。中共から返ってきたのは、日本に謝罪と賠償を求める声明だ。これ以上の国辱はないし、まさしく「悪夢の民主党政権」である。枝野は無役だったが、陳さんは政務官、蓮舫は閣僚である。彼らを含め、当時与党の一員であった多数の議員に「政治権力による検察への介入」などと批判する資格はない。実際に介入したのは彼ら自身だからである。彼らはその点において前科者なのであり、真の偽善者だ。

 当時あったのは、国民の理解などとは程遠い「国民の反発」だ。そしてその反発は、現在の旧民主党系の政党や議員でも引き継がれている。朝日新聞の世論調査では、安倍内閣の支持率が33%と、前回調査から8ポイント減らしたが、立民党の支持率は5%と前回から上昇すらしていない。

 ごく一部のコアな支持者以外、彼等特定野党には見向きもしないし、期待もしていないのだ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2020/05/19 09:15 ] 政治 | TB(0) | CM(10)
反日4バカ野党のブーメランが支持者に炸裂!
 継続審議をすればと冗談気味に思っていましたが正夢となりました。安倍総理大ヒットですね。
反日4バカ野党・マスゴミ・踊らされたデュープス芸人さんご苦労さんでした。国民からすれば公務員の待遇改善策でありコロナ対策で公務員からまず範を垂れるということで国民から理解されることでしょう。
 臨時国会が召集されるころには騙された国民も内容を理解し、強行採決を願望していた反日4バカ野党も自治労と日教組という強力な支持地盤からお灸をすえられることでしょう。
 しかし、今回の騒動を起こした朝日新聞やら芸人を操った電通さんの力はまだまだすごいものがありますね。

 令和初のネット政党です。応援よろしくお願いします。
https://www.sanseito.jp/
https://www.youtube.com/watch?v=2yca5DIbteg

[ 2020/05/19 12:37 ] [ 編集 ]
またフジのヤラセ発覚!! 直近3例目の悪質さ。放送免許取り消しレベル!!!
管理人様、毎日更新ありがとうございます。
ところで、フジテレビはまたまたヤラセ発覚で番組がBPO審議入りしました。

【フジテレビ「99人の壁」がBPO審議入り】2020/05/18 18:04
 フジテレビのクイズバラエティー番組「超逆境クイズバトル!!99人の壁」で解答権のないエキストラを参加させていた問題をめぐり、放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会は15日、審議入りすることを決定した。
 同番組は参加者100人の中から挑戦者1人を選び、「壁」となる99人の解答者と対決しながら全問正解を目指す。参加者はホームページで募り、オーディションで選抜していたが、参加者が集まらないときには、解答権のないエキストラを手配していた。
 BPOによると、委員からは「意欲的な番組であるが、もともと無理があったのではないか」などの意見が出され、放送倫理違反の疑いがあるとして審議入りを決めたという。
 不適切な手法での収録が行われていた期間について、フジテレビは平成30年8月15日の放送回〜昨年10月26日の放送回としている。同局は今年4月、番組ホームページ上で「番組のコンセプトを逸脱し、視聴者の信頼を損なう形となっていた」と公表していた。
https://news.goo.ne.jp/article/sankei/entertainment/sankei-ent2005180014.html
--------------------------------------
フジテレビは数年前の、特ダネやグッディでもヤラセ認定受けています。
これで直近3例目です。立て続けのインチキです。
報道機関にとって情報=商品です。
公共の電波を悪用してのヤラセ・インチキは、私たち視聴者を騙すわけですから、テレビ局による詐欺も同然です。
詐欺として、法的にテレビ局を告発できないのでしょうか?
少なくとも直近3例目ですから、もう、そろそろ放送免許取り消しにすべきだと思います。あまりに悪質。視聴者にとってあまりにひどいことです。
このままテレビ業界全体で、何もなかったかのようにシレーーッと誤魔化そうなんて許せるものではありません。
[ 2020/05/19 14:49 ] [ 編集 ]
安倍政権に何でも反対は論外だが何でも賛成もよくない
中共南北朝鮮反日ゴロツキどもに対して毅然とした外交姿勢を貫き通し、
日本を命懸けで守る自衛隊に尊敬を絶やさない安倍首相を全面的に支持し、
日本の未来のためには安倍4選以外ありえないと信じる者ですが、
今回の検察官の定年延長問題については、政権に驕りを感じます。
安倍シンパの保守層にも反対意見が目立ちます。
何でも反対アベガーどもから守ろうとする一念はわかりますが、
贔屓の引き倒しをしてはいけないと思います。

今回安倍政権は法案審議を強行せず、ひとまず兵を引いたことは
賢明だったと思います。
強行採決でもしようものなら、なんでもかんでも「安倍ヤメロー!」
の単細胞左翼どもを勢いづかせるだけです。

いわゆるモリカケ疑惑。
左翼があれだけ鉦や太鼓を叩いても結局ネズミ一匹出てきませんでした。
にも拘らずあたかも疑惑があるかのような印象操作を続けています。

なのにここで黒川検事総長を実現させたら、痛くもない腹をまた探られる。
黒い疑惑を政権に媚びへつらう検事総長でうやむやにしようとしている。
そういうシナリオを描いて根拠のないフェイクニュースを撒き散らします。

強行突破は安倍政権を窮地に追い込ませる爆弾になると思います。
安倍一強が長く続いて、野党がいくら遠吠えしようと政権の安定運営が
可能なことはまことに結構ですが、だからこそ抑制的であってほしい。
安倍政権を支持する保守層の声にも傾ける耳を持ってほしいものです。
安倍首相を裸の王様にしてはいけません。


[ 2020/05/19 16:38 ] [ 編集 ]
あらゆる原理主義から遠く離れて
戦前には政治による検察介入ではなく、検察による政治介入がありました.昭和9年の帝人事件がこれであります。斎藤実内閣を打倒するために、閣外の政治勢力と結託した検察庁が帝人関係者や大蔵省の幹部ら四十数名を逮捕、起訴して、斎藤内閣は総辞職に追い込まれますが、200日に渡る勾留と強引な取調べの果てに開かれた裁判では全員が無罪。証拠不十分ではなく、最初から犯罪の事実はない、と裁判所に言われるほどにひどいでっち上げ事件でした.検察庁が一念発起すれば、一法案どころか、内閣を潰す力があるのです。

日本を滅ぼす要因の一つともなった統帥権能の独立にしても、軍人を政争に巻き込まないと言う本来の趣旨はごく真っ当なもので、英国のロイヤル.ネービー、ロイヤル.エアホースにも同種の規定があるようです。問題になるのは、それが政治的な原理主義に結びつくと、ほぼ必ずそこから暴走が始まることで、検察官の独立も例外ではありません。政治的な目的はなかったようで、単なる点数稼ぎのためとはいえ、大阪地検特捜部が厚労省の女性官僚を冤罪で勾留した事件は、まだ記憶に新しいところです。

政治はトータル.バランスで見ないと、えらいことになります。ロッキード事件で田中角栄が逮捕された時の旧社会党の連中のはしゃぎようときたら。『角栄ご用』と御用提灯を持って田中邸周辺でデモをかけてはしゃぎまくる姿を見ていると、一体ぜんたい、こいつらは左翼なのか、社会主義者ではなかったのか、私も角栄嫌いなのは人後に落ちないつもりでも、少なくとも推定無罪という言葉ぐらいは知っています。左翼が御用提灯を掲げて、お上の捕物のお先棒を担ごうとする図式にせいぜい心が冷えたものであります。彼らはいつだって、その程度の人間でした。
 
.
[ 2020/05/19 17:01 ] [ 編集 ]
検察OBの一部からも何か反対声明のようなものが出ているようですが、一国民として言わせていただけば、「自分達のやりたいように出来ないから文句言ってるだけ」に聞こえてしまいます。

今回の法案は、定年を延長するだけの話なのに、なぜここまで話が大きくなっているのかさっぱり分かりません。法律的にも何の問題もないのに。当の安倍総理自身が黒川氏の事を知らないのですから、一体何の事やら。

青山繁治氏のブログによると、韓国からの芸能人を使った工作だとか。政府も把握しているそうです。何となく合点が行きます。

こういう事からも、立憲をはじめとする野党は日本国民の方を全く向いていないことがよく分かります。隙あらば反日。心は韓国か中国か。安倍総理さえいなくなれば、後は簡単だと思っているのでしょうか。もはや、工作員ですね。

マスコミにしても、政府が行っている経済対策をテレビの画面に常時出したり、毎日新聞の紙面を割いて載せればいいのに、そういう事は一切やらず、国民を煽っているだけ。バカバカしいったらありゃしない。それでも、まだ国民は愚民ばかりだと思っているのでしょうか。逆に、あなた方の方が頭がどうにかしていると思われているのに。

本当にうんざりします。

[ 2020/05/19 17:36 ] [ 編集 ]
検察OBの一部からも何か反対声明のようなものが出ているようですが、一国民として言わせていただけば、「自分達のやりたいように出来ないから文句言ってるだけ」に聞こえてしまいます。

今回の法案は、定年を延長するだけの話なのに、なぜここまで話が大きくなっているのかさっぱり分かりません。法律的にも何の問題もないのに。当の安倍総理自身が黒川氏の事を知らないのですから、一体何の事やら。

青山繁治氏のブログによると、韓国からの芸能人を使った工作だとか。政府も把握しているそうです。何となく合点が行きます。

こういう事からも、立憲をはじめとする野党は日本国民の方を全く向いていないことがよく分かります。隙あらば反日。心は韓国か中国か。安倍総理さえいなくなれば、後は簡単だと思っているのでしょうか。もはや、工作員ですね。

マスコミにしても、政府が行っている経済対策をテレビの画面に常時出したり、毎日新聞の紙面を割いて載せればいいのに、そういう事は一切やらず、国民を煽っているだけ。バカバカしいったらありゃしない。それでも、まだ国民は愚民ばかりだと思っているのでしょうか。逆に、あなた方の方が頭がどうにかしていると思われているのに。

本当にうんざりします。

[ 2020/05/19 17:36 ] [ 編集 ]
昨日までアベガー、クロカワガーと言ってたテレビが随分おとなしくなっています。
そりゃそうだよね、だって「検察庁法案」てNHKでも煽ってたのにいざ政府が取り下げると「公務員の定年がー」ってことになってて立憲が大慌てということで、テレビしか見てない層は「あれ?検察って言ってたのになんで公務員の定年?」なんて不思議現象になっているし。
なんとかアベガーにつなげようとしている悪あがきのテレビもあったけど、言ってることが支離滅裂で全く理解できない。
最初からきちんと法案の議題を言っていればもっと理解も進むのに、陰謀を仕掛けたいから法案の概ねの概要である公務員定年は言わなかった。

立憲は大慌てで検察は切り離しとか言ってるけど、では何故公務員の中で検察だけが定年65歳じゃいけないのか?をきちんと説明しなければならない、まあ出来ないだろうけど。

おかげで国家公務員とそれに準ずる地方公務員まで割を食う形となりそうです。
世耕大臣が見直しも検討といってることだし、しれっと通っていたならば一般会社員よりかなりいい条件であったろう法案もどうなるかわからない。
私が見直してほしいところは、60歳以上の職位定年制を導入するにあたって再雇用になる人は従来の7割の給与がもらえるとかいうあたりです。
一般企業だと55歳からとか多いし、年収も6割~あたりも多いけれど、公務員は60歳からで7割 https://www.soumu.go.jp/main_content/000675581.pdf
これはかなりいいほうではないかと思うのです。
目立たなければ通ってたはずなのにねぇ、騒いだ人は誰なんでしょうね
あら、全く定年なんて関係ない芸NO人さんとか・・?
選挙のたびに応援してねって労組から言われる立憲とか?
ないわ~、毎月給料から労組会費引かれてるのにひどいわ~。
と公務員さんたちもお怒りかもしれません。
そういえば最後あたりにガラパゴス化した元検察の人とか出てたけど、彼らは普通に厚生年金よりお高い年額の公務員共済年金をもらってたのでしょう。なんて後輩をいじめる先輩なんでしょうね。
いつも大騒ぎする人たちを見て思うのですが、ブーメランも大概にしてほしいですね
政治主導ってどこいったんだろう?

戦後、かなりの年月が過ぎ、民主主義と選挙システムも確立されて久しいのに、未だに「反体制」だの「反権力」だのの言葉に酔っている人たちは、政権交代しても野党の味方なんだろうか。
また反権力というけれども、検察の意義は反権力ではない。
「検察は,国家社会の治安維持に任ずることを目的とし,検察権の行使に当たって,常に不偏不党・厳正公平を旨とし,また,事件処理の過程において人権を尊重すべきことを基本としています」(検察庁HPより)
反権力ではなく、法律と向き合い厳正公平に事案を扱う行政と司法に跨った部署です。
いつまでも戦前から抜けられない人たちは何か勘違いしているのではないのかと常々思うところです。

今回の件で自民党に文句を言うとしたら「スパムについてはちゃんと否定しろ」「ツイッターが世論なんてありえない」「もっとネット関係勉強しろ」というところでしょうか。
[ 2020/05/20 03:07 ] [ 編集 ]
何か変
何かおかしいんですよね。
特に検察OBが集団で反対表明したことが。
まるで検察は「曇り一点もなく常に正しいから誰にも指図されない存在だ」と言っている様で、非常に傲慢に感じました。

国家公務員と検察庁の定年改正案を「束ね法案」とか言うらしいのですが、定年延長には誰も反対をしていない(らしい)。黒川東京高検検事の定年延長だけが問題(らしい)というなら、なぜ延長が閣議決定された1月時点でOB達は反対表明していなかったのだろう?
今は「定年延長法案」が審議採決される予定の時であって、黒川氏云々ではないのに。
それが「正しい検察」のあるべき姿なのか?

大阪地検特捜部の女性官僚に対する証拠改竄逮捕の後で、最高検は「検察の理念」なるものを制定したそうですが、あれだけの検察に依る人権侵害事件に「法」規制ではなく「理念」で”検察を正した”ことにしただけ。

あの時、検査OBが集団で反省意見表明したとは聞こえませんでした。
あれやこれやを見ると、結局、検察砦には任命権を持つ内閣であっても指一本触れさせない!というだけの治外法権護持行動ではないのか。

黒川氏の件は、法務省から閣議に上がってきたものを通しただけだという報道もありましたが、揉めるとわかっていての法務省の安倍政権への「仕掛け」なのかな?と今では胡散臭いモノも感じます。

公務員の働き方改革と年金問題に主眼を置いた「束ね法案」だと思いますが、異様な揉め方をさせる勢力があるなら今後は内閣から上程するのを止めたら良いと思います。
[ 2020/05/20 03:09 ] [ 編集 ]
小泉今日子さんをお気に入りだった殿方にはちょっとナニですが、定年延長法案の先送りにツイートした文言が、かなり変です。
「小さな石をたくさん投げたら、山が少し動いた」
「だが、浮足立ってはいけない」

芸ノー人たち、石投げていたんですねw
浮足立つ・・・慌てふためく、とか 逃げ腰になる ことを言う言葉の筈なのですが・・・彼女が言いたかったであろう意味にはならないけど。
そして、「山が動いた」は故土井たか子さんのキャッチフレーズでしたっけ。

産経の記者に好評だった「書評」、本人が書いていたのかな?とフト思ってしまうツイートでした。
[ 2020/05/20 07:34 ] [ 編集 ]
実はどうでもいい話
安倍総理は同法案には何の思い入れもないようで、基本的には廃案になっても何も困らないのではないですか。そうなると、困るのは定年延長に期待していたノンキャリアの圧倒的多数を占める官吏たちで。官僚と呼ばれるキャリア組はもともと天下り先を確保しているでしょうし、法曹資格を持つ検事たちも、『ヤメ検』として弁護士として活躍できるから、生活には一向に困らないでしょう。特定野党はノンキャリの公務員を苛めて何が楽しいのやら。自治労にきついお灸を据えて貰えば。

とらこ様のキョンキョンツイートの意味が汲めない理由は、おそらく政治的な意見が違うファンからのSNS上の批判や反発に動揺するな、とキョンキョンが仲間を引き締めている意味が隠されているからではないかと思います。頼まれたら、断れない。妙に親分肌のところがある彼女ゆえに。

今回のはそれが裏目に出ていると思いますが、時ならぬ「政治参加」にそれなりの跳ねっ返りは予想されます。
[ 2020/05/20 19:49 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ