FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  史観 >  終戦の日と、「アジアとの和解」というプロパガンダ

終戦の日と、「アジアとの和解」というプロパガンダ

← 応援クリック、ありがとうございます。

 今年も終戦の日を迎えた。記念ということばは必ずしも肯定的な立場のみを意味しないが、この日を「終戦記念日」と呼ぶ気持ちにはなれない。この日は先の大戦が終結した日だが、同時に日本の敗戦が確定した日でもある。敗戦利権者たちは、戦争の終結によって日本にも平和と民主主義が生まれたと、デマを散布する。だからこの日を記念したがる。しかし、終戦の日というのは、尋常ではない苦難の始まりでもあった。

 終戦の詔勅で、昭和天皇は国民にこう語りかけられた。

惟フニ今後帝国ノ受クヘキ困難ハ固ヨリ尋常ニアラス爾臣民ノ衷情モ朕善ク之ヲ知ル
然レトモ朕ハ時運ノ趨ク所耐ヘ難キヲ耐ヘ忍ヒ難キヲ忍ヒ以テ万世ノ為ニ太平ヲ開カムト欲ス

思うに、今後、帝国の受けるべき苦難は、もとより尋常なものではない。汝ら臣民の真情も、朕にはよくわかる。
しかしここは時勢のおもむくところに従い、耐えがたきを耐え、忍びがたきを忍び、もって万国の未来、子々孫々のために、泰平の世への一歩を踏み出したい。


 昭和天皇は、恐らく、史上はじめて他国に占領され、その占領によって国と国民が被る苦難のことを憂い、このように語りかけらえたのだろうと思う。しかし日本の苦難は、米国の占領終了ともに独立し、国際社会に復帰して以来、現在に至るまで長きにわたって続いている。

終戦の日、玉音放送
昭和20年8月15日、皇居前


 その苦難、災いのもととなっているのが、特定アジア国による歴史認識の押し付けだ。その代弁者としての朝日新聞は、昨年の8月15日、社説「戦後73年とアジア 未来へ向け記憶を紡ぐ」でこう書いている。

 日本が戦争に敗れて、きょうで73年を迎えた。
 この歳月を経てなお、日本はアジアでの和解を成し遂げていない。日中両政府の関係が上向くにつれ、表面上は見えにくくなっているが、民衆の間では複雑な感情が今も広く残る。
 侵略や植民地支配の記憶という「負の遺産」の風化をこのまま待つという姿勢では、未来志向の関係は築けない。アジア太平洋で日本が果たすべき役割を考え、積極的に貢献することも和解の歩みに必要だろう。
 政府が、そして社会と個人がそれぞれの立場から、平和への発信を強めていきたい。


 朝日新聞が常套句として使用する「アジアとの和解」だ。しかし、この場合のアジアとは特定アジア三国を指し、当然ながらアジア全体を指すわけではない。アジア圏は日本には友好的な国がほとんどであり、朝日のような「和解が必要な国」というのは、支那と南北朝鮮のみなのだ。

 そもそも「和解」を語る朝日新聞は、その和解がどうしたら成し遂げられるかを定義していない。恐らく、特亜3国が日本の過去を赦し、過去にとらわれない未来志向の関係を築くことを言うのだろう。しかし、これは不可能である。何故なら、彼らが日本との和解を必要としている実態はなく、逆に、日本との確執を国内の政治に利用しているからだ。彼らは反日を必要としているのだ。従って、特亜や朝日新聞が言う「和解」とは、プロパガンダに等しい。

 朝日はそれを知っていて、それでも和解しろという。必要なのは、「相手が納得するまでの謝罪」だ。だが、謝罪外交の成れの果てを目の当たりにしている現在、そんなロジックは説得力を全く持たない。朝日新聞のような敗戦利権者には、未来志向などという概念すらない。常に過去に固執し、常に被害者であり続けようとする南朝鮮のような国と発想が同じなのだ。

 戦後の苦難は様々ある。一文字も改正されていない占領憲法もそのひとつ。陛下はもとより、総理大臣の参拝すら批判の対象となる靖國神社もそのひとつだ。しかし、それらは苦難であると同時に、決して課題に挑まず、それらを先送りにしてきた日本国民全体の責任でもあるだろう。朝日新聞のような特亜の代弁者の力を削ぎ、国民の多数が戦後レジームから覚醒するときが来れば、そういう課題もようやくの俎上に載り、解決の方向に進むと思う。

 安倍総理は、第一次政権時にスローガンとしていた「戦後レジームからの脱却」を言わなくなった。メディア対策があるのだろうが、総理がそれを言わずとも、政策面でひとつひとつ、その課題に挑んでいることは理解できる。大事なのは、そういう政治家を後押しすることだ。

 日本の今日の繁栄は、御霊の尊い犠牲があったからこそ為し得たものだ。戦没者に哀悼の意を表しつつ、御霊に恥じない日本を作っていかなければならない。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2019/08/15 07:08 ] 史観 | TB(0) | CM(13)
八月の歴史認識
毎年、毎年の日本の8月。
此の八月、メディアが流す放送は常に決まっていて戦争経験者という人物を登場させ、
「戦争はしてはいけない」、「日本は間違った戦争をした」、「戦時大変だった」等々の声は枚挙にいとまがありません。
確かに戦争体験者個人の体験はそうなのでしょうが、戦時とはそういう耐久の時代であるのは世界何処でも同様です。
日本だけが大変な思い、不自由な生活をしたわけではありません。
戦時とは戦争当事国の国民一人一人が我慢を強いられ、被害を受けるものです。
さも、自由が無い事、被害を受ける事を現在の視点からコメントを出すメディア、メディアでの発言者の時代錯誤は何時もの事です。

只、「戦争だけはしてはいけない」は事実です。
戦争回避の外交努力も必要です。
でありながら日本のメディアが流す放送は常に「日本は軍部の力が強くなり勝手に戦争に進んで行った」だから「日本が戦争に走らない様にしなければならない」- 即ち「日本は戦争をしてはいけない」と成ります。

戦争はその国がしたいと思ってするのではありません。
相手があってのものであり、特に日本は確かに明治維新、日清日ロ戦争、そして、5.15事件、226事件などの軍事クーデターもあり、大東亜戦争へと軍部の力(発言力)が強くなり、結果多数の将兵、国民を犠牲にしたのも事実です。

しかしメディア、学校教育などその様な事の中、日本自体を悪として描く事に終始し、戦争に至った「欧米列強による植民地支配 - 明治維新 -日本の安全保障目的の日清日ロ戦争 - 欧米列強による日本包囲 → 大東亜戦争」という流れは何十年経ってもスルー状態です。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E6%9D%B1%E4%BA%9C%E6%88%A6%E4%BA%89%E3%81%B8%E3%81%AE%E9%81%93

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%AB%E5%88%A4%E4%BA%8B%E3%81%AE%E6%97%A5%E6%9C%AC%E7%84%A1%E7%BD%AA%E8%AB%96

https://ironna.jp/article/1663

「戦争だけはしてはいけない」と言葉だけは正しい事を言っても、世界には特に日本周辺には戦争をしたい国だらけではありませんか。
また、「戦争をする」と恫喝し利益を得ようとする国ばかりではありませんか?

それを言わず、日本にだけ「戦争をしてはいけない」と言うのは「相手が戦争をしかけてきたら日本は相手の要求を飲み、最中的に支配されましょう」と言っているのと日本の場合同義です。

ここから「憲法九条 - 護憲」との共通性、その底にいつもの『自虐史観』があるわけです。

そんなに「戦争だけはしてはいけない」と言うなら、それは日本の隣国、中華人民共和国、北朝鮮、韓国、ロシアへ伝道が有効でしょう。

8月15日、広島、長崎への原爆投下、日本各地への無差別爆撃。
非難すべきは日本軍部というよりそれをした米国である筈ですが、GHQの占領政策の効果もあり、すっかり戦後本来の悪がすり替えられてしまいました。

「過ちは繰返しませぬから・・・・」の異常はな広島の「原爆死没者慰霊碑」が堂々としている現在日本。

https://blog.goo.ne.jp/truenet/e/7bf70185710a74cd6879cc3c6fe98824

https://www.sankei.com/west/news/170808/wst1708080012-n1.html

この時期よく言われる「若い世代に戦争経験を引き継ぐ」という言葉だけは良いものも、結局それもメディアが利用し「反日」、「侵略史観」の世代交代というものです。

毎年、毎年、朝日、毎日、公共放送NHKなどの反日偏向メディアによる偏向放送が流れる8月。

https://www.excite.co.jp/news/article/Mainichi_20190815k0000m010004000c/

https://www.sankei.com/life/news/190815/lif1908150008-n1.html

戦後74年経っても『自虐史観』が立派に日本には残っているという認識こそ若者は前世代から引き継ぐべきです。
毎年、毎年8月流される、傾いた日本国民をミスリードする各メディアのニュースにはうんざりです。


そして今、毎日の様にニュースが流れる「日韓関係」、それも全てこの歴史認識が土台に有ります。

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/57005

毎年、毎年の日本の8月。
此の八月、メディアが流す放送は常に決まっていて戦争経験者という人物を登場させ、
「戦争はしてはいけない」、「日本は間違った戦争をした」、「戦時大変だった」等々の声は枚挙にいとまがありません。
確かに戦争体験者個人の体験はそうなのでしょうが、戦時とはそういう耐久の時代であるのは世界何処でも同様です。
日本だけが大変な思い、不自由な生活をしたわけではありません。
戦時とは戦争当事国の国民一人一人が我慢を強いられ、被害を受けるものです。
さも、自由が無い事、被害を受ける事を現在の視点からコメントを出すメディア、メディアでの発言者の時代錯誤は何時もの事です。

只、「戦争だけはしてはいけない」は事実です。
戦争回避の外交努力も必要です。
でありながら日本のメディアが流す放送は常に「日本は軍部の力が強くなり勝手に戦争に進んで行った」だから「日本が戦争に走らない様にしなければならない」- 即ち「日本は戦争をしてはいけない」と成ります。

戦争はその国がしたいと思ってするのではありません。
相手があってのものであり、特に日本は確かに明治維新、日清日ロ戦争、そして、5.15事件、226事件などの軍事クーデターもあり、大東亜戦争へと軍部の力(発言力)が強くなり、結果多数の将兵、国民を犠牲にしたのも事実です。

しかしメディア、学校教育などその様な事の中、日本自体を悪として描く事に終始し、戦争に至った「欧米列強による植民地支配 - 明治維新 -日本の安全保障目的の日清日ロ戦争 - 欧米列強による日本包囲 → 大東亜戦争」という流れは何十年経ってもスルー状態です。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E6%9D%B1%E4%BA%9C%E6%88%A6%E4%BA%89%E3%81%B8%E3%81%AE%E9%81%93

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%AB%E5%88%A4%E4%BA%8B%E3%81%AE%E6%97%A5%E6%9C%AC%E7%84%A1%E7%BD%AA%E8%AB%96

https://ironna.jp/article/1663

「戦争だけはしてはいけない」と言葉だけは正しい事を言っても、世界には特に日本周辺には戦争をしたい国だらけではありませんか。
また、「戦争をする」と恫喝し利益を得ようとする国ばかりではありませんか?

それを言わず、日本にだけ「戦争をしてはいけない」と言うのは「相手が戦争をしかけてきたら日本は相手の要求を飲み、最中的に支配されましょう」と言っているのと日本の場合同義です。

ここから「憲法九条 - 護憲」との共通性、その底にいつもの『自虐史観』があるわけです。

そんなに「戦争だけはしてはいけない」と言うなら、それは日本の隣国、中華人民共和国、北朝鮮、韓国、ロシアへ伝道が有効でしょう。

8月15日、広島、長崎への原爆投下、日本各地への無差別爆撃。
非難すべきは日本軍部というよりそれをした米国である筈ですが、GHQの占領政策の効果もあり、すっかり戦後本来の悪がすり替えられてしまいました。

「過ちは繰返しませぬから・・・・」の異常はな広島の「原爆死没者慰霊碑」が堂々としている現在日本。

https://blog.goo.ne.jp/truenet/e/7bf70185710a74cd6879cc3c6fe98824

https://www.sankei.com/west/news/170808/wst1708080012-n1.html

この時期よく言われる「若い世代に戦争経験を引き継ぐ」という言葉だけは良いものも、結局それもメディアが利用し「反日」、「侵略史観」の世代交代というものです。

毎年、毎年、朝日、毎日、公共放送NHKなどの反日偏向メディアによる偏向放送が流れる8月。

https://www.excite.co.jp/news/article/Mainichi_20190815k0000m010004000c/

https://www.sankei.com/life/news/190815/lif1908150008-n1.html

戦後74年経っても『自虐史観』が立派に日本には残っているという認識こそ若者は前世代から引き継ぐべきです。
毎年、毎年8月流される、傾いた日本国民をミスリードする各メディアのニュースにはうんざりです。


そして今、毎日の様にニュースが流れる「日韓関係」、それも全てこの歴史認識が土台に有ります。

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/57005
[ 2019/08/15 09:06 ] [ 編集 ]
NPさん
推敲、校正という言葉、ご存じですか。
書く前によく考え、書いた後に、よく見直す。基本です。
[ 2019/08/15 09:41 ] [ 編集 ]
アカヒの原罪
フェイクニュース専門紙(立民党機関紙)アカヒが書く
≪侵略や植民地支配の記憶という「負の遺産」≫は
まさに特亜の目線から書かれたもの。
政府批判を正当化するための肝心要だが
戦争を煽りに煽ったアカヒ自身の責任はこの言葉からは完全消去されている。
大東亜戦争は軍部の独走などではない。
当時の日本国民が戦争を望み、無法な支那を懲らしめ、
アジアを植民地化しようとする欧米に立ち向かわせ、
アカヒなどのマスコミが闇雲に軍部のケツをたたいたから戦争になった。
一億総懺悔を唱えるアカヒは決して懺悔などしない。
自らを平和の天使のような高みに置き、周りを見下す。
恒例の反戦番組に出てくる戦争で生き残った証人たちは
手のひらを返したアカヒなどのせいで罪人扱いされ、
その苦しみから逃れるため軍部や当時の政治指導者らをののしるような
アカヒの仲間になった。
コミュニストはルサンチマンを操るのが得意でその手口が巧妙だ。
≪侵略や植民地支配の記憶という「負の遺産」≫は
アカヒの社業にとって必要不可決な重要フェイクと言えるwww
[ 2019/08/15 09:46 ] [ 編集 ]
記名の上での指摘なら提言とも取れましょう。

されどナナシでは卑怯モンの揚げ足取りとしか感じられませんが。
[ 2019/08/15 09:51 ] [ 編集 ]
読めないことはない
[ 2019/08/15 09:41 ] (名前空欄)さん
名前をちゃんと書きなさい。

閲覧者さま
一時的にワードソフトの変更で
ちょいとお見苦しい文章となりました。
しかし、ただの重複ですのでご容赦を。

それにしても
趣旨を理解せず、
中身をどうこうでなく
くだらない事を書いてくる
輩がいるものです。
[ 2019/08/15 10:42 ] [ 編集 ]
NPさんのコメント、確かに重複があることには気づきましたが、内容そのものはよくまとまっていてわかりやすいですよ。
URL引用を含めてですが、4000字近くありました、普通4000字書こうとすると半日かかります、頭の中でまとまっているのですぐさま文章にできるのでしょうね。
重複よりも、エントリがアップされてからの短時間でよくここまで書けるものだと感服しました。
[ 2019/08/15 11:16 ] [ 編集 ]
所要時間
私の今日のエントリーは1800文字にも満たないものですが、それでもいちエントリーを起こすのに、正味、2時間はかかります。
私の立場がないじゃないですか!


(もちろん冗談ですwwww)
[ 2019/08/15 11:34 ] [ 編集 ]
追記
色々、文字数まで勘定して貰ってお手数かけました。

今回、重複は不本意ですが、自分的構成が
意見等 プラス URL
です。
それは自分の文のみで読みたい人には読んでもらえば良い。
URLだけ読みたければ読んで貰って良い。

また多少の補足、バックアップという意味がURLの方にはあります。

ちなみに最初に文章を書いています。

何れにしても
基本主題は持って書いている積りです。


お手間おかけしました。
[ 2019/08/15 12:56 ] [ 編集 ]
本毎年この時期の報道に腹わたが煮えくり返る
>「戦争だけはしてはいけない」と言葉だ>けは正しい事を言っても、世界には特に>日本周辺には戦争をしたい国だらけでは>ありませんか。
>また、「戦争をする」と恫喝し利益を得>ようとする国ばかりではありませんか?

>それを言わず、日本にだけ「戦争をしてはいけない」と言うのは「相手が戦争をし>かけてきたら日本は相手の要求を飲み、>最中的に支配されましょう」と言ってい>るのと日本の場合同義です。

本当に、なんでテレビのコメンテーターは日韓、日中間の問題にデモも何も起こしてない日本人に向かって「冷静に」と呼び掛けたり、「戦争の責任を省みよ。同じ過ちをおかしてはいけない」いうのか。
これでは、空巣や強盗の被害者に「二度と人のものを取ってはいけないよ!」、「暴力はいけないよ」といっているようなもの。
「カメラ通して、なんでこっちに言うんだよ、今デモとかやってる隣国に言えや!」
と思う。
戦争で一番、ひどい殺戮をうけたのは絶対日本人だと思います。
アメリカの白人達はきっと「日本人なんてアジア人のくせに植民地にもならずに抵抗なんて生意気だ。」と思っていたから、戦中にとてつもない数の非戦闘員を空襲で焼き殺し、戦後は女性を襲い抵抗した男を惨殺したんだろう。中国人は通州、通化事件で日本人を凌辱やら生きてるうちに臓器を出すような惨殺をし、朝鮮人もしかり。朝鮮人にさんざんなことをされ、女性はボロボロに負傷し妊娠し性病になって命辛々帰還した人達がいるし。中国人、韓国人は野○人だからなんだろうけど。今沢山中国人、韓国人が日本で生活してるけど、態度に出せずとも心では絶対に許せない。絶対に心は開かない。



[ 2019/08/15 18:55 ] [ 編集 ]
すり込みコワイ
毎年この時期の朝日やNHKの戦争番組は気味が悪いです。
私自身は、平和教育が盛んな所で過ごしたのですが、小学生ながらにその「平和教育なるもの」に当時から違和感がありました。
小学校の図書室にある「はだしのゲン」も先生が語る731部隊も本当に恐ろしくて、戦争以前に「ただの恐怖」しか感じられず、夜中に怖くて起きたりなんてこともよくありました。
今思えば、あれも「戦争はこわいよ」刷り込みキャンペーンみたいなものだったのかなと。

歴史教育にしてもNHKや朝日にしても「戦争は怖い、悲しい、恐ろしい、悪い」という感情論ばかり報道し、結局の所、歴史教育でも何故戦争は始まったのかという部分は「軍部の暴動」みたいな感じで教えられ、正しい時系列やとりまく国際環境などはほぼ教えられず、3学期の最後あたりにパパっとやるだけって感じでした。

本当に戦争をしないために考えるのであれば感情論ではなく、きちんと時系列で当時の起こった事柄を原因と結果、軍部や政府、諸外国の対応などを並行して考え、未来の戦争を回避するために参考にすべきものだと思います。

最近は色々な方々が事実を感情論でなく書いておられるので随分とわかりやすくなってきたと思います。
この流れが続きますように、文章力、発信力のある方々を応援しています。
[ 2019/08/15 23:57 ] [ 編集 ]
サンフランシスコ条約発効
NP様最初の投稿内容も、お名前空欄の方様のコメントも、私は「個性の内」と感じて居ります。
少なくとも、空欄の方様コメントを「くだらないこと」とは思えません。

ただ、やはり、お名前(HN)を書けない理由が分かりませんし、名乗らずに人様のお座敷にお邪魔する事を無礼だとはお思いにならないらしいのは、宜しくない、と思いますが。



小堀桂一郎先生が八月十五日を「終戦の詔書奉戴記念日」とされていて、<国際法上の真の終戦は昭和二十七年四月二十八日の対連合国平和条約の発効を以てのこと>とご指摘でした。

なるほど、昭和二十六年九月に吉田総理がサンフランシスコ講和条約に調印し、翌年発効のその条約が、勝者・連合国に依る日本国の独立国家を認めた国際法上の終戦内容になるのだろうと思います。
 なので、十五日は昭和様の「終戦詔書奉戴記念日」で、
 九月二日の戦艦ミズーリに於ける、重光葵、梅津美治郎両氏の調印は「降伏文書調印」
 日本国の独立が成った昭和二十七年四月二十八日が正式な終戦確認日。
と、史実に即して考えれば、占領軍下の数々の日本の苦痛をも蔑にしない日本史になる、と思います。

そしてその後に初めて、日本の国会で、連合軍に依って「戦犯」とされた方々の名誉も回復されたのですから、十五日の解放感はともかく、その後七年間の占領期間も決して忘れてはなるまい、と思います。

米国主導のサンフランシスコ条約に反対のソ連の、その後もの日本嫌がらせは、又別件としてw
[ 2019/08/16 00:53 ] [ 編集 ]
バンドン会議
日本が独立後、(当時は、とお断りしたい)念願の国連加盟が成る前に、戦中の「大東亜会議」に似たアジア・アフリカ非白人国家に依る「バンドン会議」出席で日本代表は歓待を受けたそうな。
主催国のインドネシアも(その頃は)「日本のおかげで独立出来た」と純粋に喜びを表明してくれたのだそうで、アジア諸国から日本は「孤立」していません。
現在のインドネシア政府の動きは日中の間で利得追求に必死の様ですが、それはそれ。

ソ連の反対で二度も国連加盟を阻止された後の、80番目の加盟国と成った時にも、同じく日本は51か国の賛成を以て迎えられたそうです。
その当時の51の支持票は国連史上初めての快挙でした、とサ。

”アジアで日本が孤立している”と思いたいチョウニチ辺りの”不自由な頭、その後”ではそういう現代史の事実も見えないのでしょうね。お気の毒なことです。
[ 2019/08/16 02:59 ] [ 編集 ]
韓国紙がお気に入りの自民長老
8/13の韓国東亜日報のウェブサイトより

日本の元老政治家が、安倍晋三首相が率いる現在の日本政治について、「戦争の末期と同じようだ」と苦言を呈した。

 
自民党幹事長を務めた古賀誠氏(79)は12日、東京新聞とのインタビューで、「安倍一強」体制の現状について、「議論がなく、戦争の末期と同じようだ」とし、「ある人(安倍氏)が言ったことに全部賛成し、何も批判しない」と懸念を示した。

赤旗に改憲やるべきでないと登場したり、韓国紙で安倍批判をやったり。
毎日新聞や中日新聞でも似たような主張をしています。
本当に節操の無い人ですね。

安倍首相を引きずり降ろすことしか頭にない老醜の極み。
反安倍のシュプレヒコールで盛り上がる韓国のデモと同根。

溝手顕正と組んで安倍批判にかまけてたら参院選でブーメラン。
大物といわれた溝手が若手新人河井案里に負けちゃった。
そら見たことか。
人を呪わば穴二つとはこのこと。
当然の報いです。

改憲は自民党の党是なのに、何を寝ぼけたことを言ってるのか?
岸田さんもこんな反日反党老人とはさっさと手を切らなきゃ。

「反党」って文字を入れようとしたら「半島」と誤入力されました。
その方が合ってるかもね。「良心的日本人」のようですから。



[ 2019/08/17 11:42 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ