私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  > 

遅すぎた撤回 ~ 佐野氏の五輪エンブレム、取り下げに

← 応援クリック、ありがとうございます。

 今日は時間がないのでごくごく簡単に。例の東京オリンピックのエンブレム問題についてである。

 私はあまりテレビを観る方ではないが、一週間のうちに必ず観る番組がある。テレビ東京系列の「和風総本家」 ―― 普段は裏方であり、ほとんど脚光を浴びることのない真面目でひたむきな職人に光を当て、その職人の「少しでも良いものをつくる」という心意気が見事に表現される番組だ。

 日本は職人の国である。熟練の技も勿論だが、商品をよりよくするための創意工夫と独創性がなお素晴らしい。そういう職人を見ていると、今回の東京五輪のエンブレム問題は極めて残念であり、そして恥ずかしい。7月末のエンブレム発表直後から、エンブレム盗用疑惑がネットを縦横無尽に駆け巡った。もう、「どう考えてもアウトだろ」という証拠が出てきても、組織委は釈明に終始した。組織委は責任を撮りたがらないから、この問題を解決する唯一の方法は、佐野氏が自ら辞退することしかなかった。案の定、昨日、そういう形でエンブレム問題はリセットされることとなった。

佐野研二郎


 組織委の対応は遅すぎた。彼等はこの問題が発覚し、騒動が拡大してから会見を開き、エンブレム・デザインの原型なるものを公表し、佐野氏の最初のデザインが、使用中止を訴えたベルギー東部リエージュの劇場のそれと似ておらず、作品の盗用はないと主張した。しかし、これは盗用を否定するためのものであって、結果的に盗用と疑われることに対する釈明としては、何の役にも立っていない。組織委は、「俺たちに責任はない」ということを言いたいがためにあの会見を開いたのだろう。しかし本来、パクリに動機もヘッタクレもないのである。結果的に盗用の疑いが晴れなければ、問題は引き続き残るのだ。

 エンブレム選考における審査委員長である永井一正氏は、「佐野さんの説明は専門家の間では十分わかりあえるんだけれども、残念ながら一般国民にはわかりにくい」と語ったと言う。これも、一般国民をバカにした見解だ。エンブレムは国民全般に理解が必要なものであって、それを目にする諸外国の人々の理解があって成り立つものだ。専門家の物差しで決めるべきものではない。

 デザイナーの佐野研二郎氏は、最後まで盗用を認めなかった。パクリを肯定してしまえば、彼のデザイナーとしてのキャリアは終わるだろうから、最後の抵抗なのだろう。しかし、既に彼のキャリアに未来はない。残念ながら、彼の余罪も明るみに出てしまった。組織委は、一時、そんな佐野氏との心中を模索したのだ。明らかに、責任問題である。

 佐野氏のパクリが表沙汰になって以来、有志のエンブレムデザインがネット上で公開されている。私は扇をあしらったエンブレムが秀逸だと思う。どんなエンブレムになるかはともかく、選考過程にこれ以上の瑕疵があっては、国民が許さない。デザインは公募、選考は国民に開かれたかたちで行ってもらいたいものだ。

tokyo_olympiad_ougi.jpg



最後までお読みいただき、ありがとうございます。
ご面倒ですが、是非ともランキングバナーのクリックをお願いいたします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
[ 2015/09/02 07:18 ] 社会問題 | TB(0) | CM(6)

山口二郎の妄言 ~ 「安倍総理は人でなし」安保法制に賛成する奴等は「野蛮であり、無理であり、知性もない」

← 応援クリック、ありがとうございます。

 ご苦労様なことに、産経新聞が30日のデモの参加者を試算したそうである。8.30は一大ムーブメントへの転機となると首謀者が言っていたデモの参加者は、ご本人たちの発表を遥かに下回る32,400人。この数字の乖離について、説明してもらいたいものである。どうせ彼等は「産経の捏造」と言うのだろうが。ちなみに、枝野幸男にいたっては、警察発表の3万人を眉唾だとしている。

 デモでスピーチした福岡の大学生が、「もし本当に中国や韓国が攻めてくるというのなら、僕が九州の玄関口で、とことん話して、酒を飲んで、遊んで、食い止めます。それが本当の抑止力でしょう?」と、お笑いネタとも取れるバカっぷりを披露していたようだが、こんなスピーチに賛同の拍手が湧くくらいなら、程度は知れたものだ。この大学生に、天安門広場で人民を蹂躙する戦車の前に立って、暴力を阻止する勇気があるのだろうか。そもそも、支那が最初に攻めてくるのは九州だという固定観念を持っている時点で終わっている。

 そんな8.30のデモにはサヨク4政党の党首が揃い踏みをしたそうで、普段の街頭演説では見ることのない聴衆の数に舞い上がったのか、アジ演説にも何時にも増して熱が入っていたようだ。坂本龍一も参加し、「日本にもまだ希望がある」と情緒的なことを言っていたようだが、いま最も話題を集めているのは、北海道大学教授の山口二郎だ。話題の理由は、山口の「安倍に言いたい。お前は人間じゃない! たたき斬ってやる!」という発言にある。

国会前集会発言集(1)「安倍は人間じゃない。たたき斬ってやる」山口二郎法政大教授 (産経)

 「安倍首相は安保法制、国民の生命と安全のためと言っているが、こんなものは本当に嘘っぱち。まさに生来の詐欺師が誠実をかたどったものだ。安倍政権は国民の生命、安全なんて、これっぽっちも考えていない。その証拠に先週、(東京電力)福島(第1)原発事故の被災者に対する支援を縮小する閣議決定した。線量が下がったから、もう帰れ。本当に人でなしの所業だ。
 昔、時代劇で萬屋錦之介が悪者を斬首するとき、『たたき斬ってやる』と叫んだ。私も同じ気持ち。もちろん、暴力をするわけにはいかないが、安倍に言いたい。お前は人間じゃない! たたき斬ってやる! 民主主義の仕組みを使ってたたき斬ろう。たたきのめそう。われわれの行動は確実に与党の政治家を圧迫し、縛っている。与党がやりたいこと、次から次へと先送りして、この戦争法案に最後の望みをかけているが、われわれも力でこの安倍政権のたくらみを粉砕し、安倍政権の退陣を勝ち取るために、今日の2倍、3倍の力で一層戦いを進めていこうではないか」(以上抜粋)



 「人でなし」「お前は人間じゃない」というのは全くの人格否定で、私の認識ではこういうのが「ヘイトスピーチ」だと思うのだけれど、山口にとってヘイトの対象が安倍総理である場合、それは都合よく免罪されるようだ。山口はツイートでこうも言っている。


 どうやら、平和安全法制に賛成すると、その人は「人間ではなくなる」らしい。反対派である山口は、政治の対立軸を「文明対野蛮、道理対無理、知性対反知性」と言っている。つまり、安保法制は野蛮であり、無理であり、反知性を持った者による暴挙だということだ。山口は、安倍総理への批判と合わせ、その法案に賛成する人々を纏めてそう定義しているのだ。

 知性ということばは、前にも出てきた。“その道”では良く知られた上野千鶴子が、8月26日、安全保障関連法案に反対する学者の会と日本弁護士連合会の合同会見の場で、「単なる法の危機、憲法の危機ではなく、知性の危機」と言い放ったのだ。

 平和安全法制に関する世論調査では、産経新聞の調べで58%が「必要」と答えている。読売の調査結果でもその数字は比較的高い。山口は、この世論にも知性の欠如を主張するのだろうか。そもそも、安保法制反対に「知性」があるというのは山口の独善的な考えであり、それに反対する人々を「人間ではない」と言うに至っては、「一体何様のつもりだ?」という問いを投げかけずにはいられない。

 少なくとも、「安倍に言いたい。お前は人間じゃない! たたき斬ってやる!」という言葉に、私は知性の欠片ひとつ見出すことはできない。山口二郎は、学者の皮を被った左翼運動家と定義して差し支えないだろう。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
ご面倒ですが、是非ともランキングバナーのクリックをお願いいたします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
[ 2015/09/01 07:12 ] 政治 | TB(0) | CM(20)

客観報道を装う偏向報道

← 応援クリック、ありがとうございます。

 マスメディアが世論誘導する常套手段として、「〜がこう言っている」という、第三者の言動を借りる報道の仕方がある。マスメディアには客観報道が求められるので、メディア自身が「こうだ!」と主張することのほかに、「〜がこう言っている」という報道を織り交ぜることで、客観報道をしている“振り”をするのだ。

 さしずめ、デモなどは「〜がこう言っている」という、他人の威を借りるには格好の材料だ。しかも、デモの参加者の人数が多いほど良い。それが多数派であることの傍証として使えるからだ。この手の報道に接すると、マスメディアの存在意義とはなんなのか、改めて考えざるを得ない。

安保法案反対、全国で一斉デモ 国会取り囲み廃案訴え(朝日新聞デジタル)

参院で審議中の安全保障関連法案に反対する市民によるデモが30日、東京・永田町の国会議事堂前や周辺を埋めた。主催者発表によると、参加者は12万人で、安保法案をめぐる抗議行動では最大。参加者が歩道からあふれて、警察側が車道を開放した。市民らは国会議事堂を真正面に見据えた車道に帯のように広がり、雨の中、「戦争法案廃案」「安倍政権退陣」と叫び続けた。


 予め確認しておくと、記事にある通り、この12万人だかいう数字は主催者発表の請け売りだ。それを、朝日は既成事実のように、またはそう取れるような書き方で書いている。しかし、警察発表では3万人だとか。ネットには早くもこの参加者数検証記事が出ており、実際の参加者数は10分の1という分析まで出ている。


 偏向メディアの鉄則とは、このようなものだ。
  • 社論に反する言動は、さも無きことのように無視する
  • 社論に合う言動だけを、さも圧倒的多数のように報じる
  • 権威と民意を強調する
  • 反対派を邪悪なものとして浮き立たせる

 安保法案賛成デモが全く報じられないのは、そういう人たちが存在することを知られないための、マスコミの恣意によるものだ。安保法制反対国会前デモの人数を主催者の発表通りに報ずるのは、彼等が圧倒的多数だという印象を、読者に植え付けるためだ。権威については、安保法制に反対する憲法学者をことさら取り上げることで証明済みだ。そういう積み重ねによっていうメディアは安倍総理を「我が国を戦争に導く邪悪な首相」として宣伝するのである。

 客観報道とは、情報の伝達に記者の主観を混ぜないことを言う。しかし、対立する一方のみを際立たせ、もう一方を無視する選択が成り立つ時点で、朝日のようなメディアは最初から客観報道を放棄していると言わざるを得ない。イデオロギー達成のためなら、安保法制反対デモを首謀する共産主義者とも共闘する ーー それが朝日だ。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
ご面倒ですが、是非ともランキングバナーのクリックをお願いいたします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
[ 2015/08/31 07:13 ] メディア | TB(0) | CM(15)

「抗日戦争勝利70年」式典出席 〜 国連を私物化する潘基文

← 応援クリック、ありがとうございます。

 国連事務総長のパンくんこと 国連事務総長のパンくんこと潘基文が、北京で行われる中共のプロパガンダ式典「抗日戦争勝利70年」式典に出席するという件については、先日のエントリーで書いた通りだ。国連の事務総長は、常任理事国という絶対的な力とのバランスを取るため、常任理事国以外の国から選出される。バランスとは、公平性に他ならない。だが、潘基文の式典参加は、そのバランス・公平性を完全に無視した行為である。日本の外務省も、このことについて正式に抗議した模様だ。

国連事務総長の抗日行事出席 外務省が懸念(NHK)

外務省は、国連のパン・ギムン(潘基文)事務総長が来月中国政府が開く「抗日戦争勝利70年」の記念行事に出席することについて、国連側に対して「行事はいたずらに過去に焦点を当てるもので、国連として中立的な姿勢を示すべきだ」などとする懸念を伝えました。

潘基文


国連は、来月中国政府が「抗日戦争勝利70年」を記念するとして開催する行事にパン・ギムン事務総長が出席することを公式に発表しました。
これを受けて外務省は、直ちにニューヨークにある国連の日本代表部を通じ、国連側に対して「中国の記念行事は、いたずらに過去に焦点を当てるものであり、国連としては中立的な姿勢を示すべきだ」などとする懸念を伝えました。
これに関連して外務省幹部は、パン事務総長が記念行事の一環として来月3日に北京の天安門広場で行われる軍事パレードにも出席するとしていることについて、「天安門事件が起こった場所で、国連の事務総長が軍事パレードを本当に観覧するのであれば、その判断にさらに疑問をつけざるをえない」と述べ、強い不快感を示しました。
記念行事を巡って日本は、国会の状況などを踏まえ、安倍総理大臣が出席しないことを発表しているほか、「日中間の和解につながる要素がない」などとして、中国駐在の木寺大使をはじめ政府関係者の出席を見送る方針を決めています。


 NHKは懸念という言葉を用いているが、これは実質的には抗議だろう。作文の内容を誰が指示したかは不明だが、この抗議のキモは、「天安門事件が起こった場所で、国連の事務総長が軍事パレードを本当に観覧するのであれば、その判断にさらに疑問をつけざるをえない」という部分だと、私は考える。天安門とは、人民解放軍が中共の指示に従って、自国民に対して銃を向け、そして実際に一般市民を殺した場所であり、中共による反人道主義の象徴だ。外務省にしてはまずまずの出来である。

 事務総長はこれに反論した。そのトンデモ内容は、下記の通りだ。

第2次世界大戦における中国の貢献や犠牲は世界の人びとに認められ、感激されるところである。中国は世界第2の経済大国であるとともに、平和を熱愛する国である。このような急速に変化する時代により大きな貢献を果たすことができる。持続可能な発展目標の実現、気候変化などといった世界的な課題において、われわれは中国が引き続き世界でリーダーシップを発揮することに、大いなる賞賛と期待を寄せている。これが中国の戦勝70周年イベントに出席する理由だ。


 これほどまでに支那におもねた趣旨の発言は、公平性を大原則とする国連事務総長の職責を遥かに逸脱したものだろう。世界で最も軍事大国化する支那が「平和を熱愛する国」なら、南シナ海の岩礁埋め立ては説明のしようがなく、チベットや東トルキスタンへの侵略や迫害は、もっと説明できない。そもそも、先の大戦の集結当時にその存在すらなかった中共の貢献とは何なのか。

 恐らくこの言動は、次期南朝鮮大統領を狙うと言われる潘基文の布石だろう。即ち、宗主国である支那の信任を得るための媚びである。このことによって、潘基文は国連を私物化したのだ。

 南鮮とは、やはり理解不能な国である。そういえば、朴槿恵の支持率が49%まで上昇したようだ。これも理解不能な彼の国の奇怪な現象だ。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
ご面倒ですが、是非ともランキングバナーのクリックをお願いいたします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
[ 2015/08/30 09:25 ] 外交 | TB(0) | CM(5)

新華社の天皇謝罪要求 ~ 中共は日本人のナショナリズムに火を付けたいのか!?

← 応援クリック、ありがとうございます。

 支那国営のメディアである新華社通信が、「昭和天皇が侵略戦争の張本人だった」とした上で、行為を継承した今上陛下が謝罪すべきとの論説をぶち上げた。

中国 新華社通信 天皇陛下に謝罪求める記事 (NHK)

中国国営の新華社通信は、このほど、「昭和天皇が侵略戦争の張本人だった」と主張し、皇位を継承した天皇陛下が謝罪すべきとする記事を配信しました。
この記事は、新華社通信が「抗日戦争に関するいくつかの難題についての解釈」という解説シリーズの1つとして、今月25日に配信しました。
記事では「日本が発動した侵略戦争は、軍国主義を育てて支えた天皇、政府、軍、財閥などが力を合わせた結果であり、彼らは責任を逃れられない」としています。
そのうえで、「日本の天皇の権力は明治維新から第2次世界大戦までの間に頂点に達した。昭和天皇が侵略戦争の張本人だった」と主張しています。
さらに、「昭和天皇は死去するまで、被害国とその国民に謝罪の意を示したことがなく、皇位継承者が謝罪で氷をとかし、ざんげで信頼を手に入れるべきだ」としています。
中国の国営メディアが先の戦争について天皇陛下が謝罪すべきだと論じるのは珍しいことです。

shinkasha-tenno-shazai.jpg


岸田外相「中国側に強く抗議」
岸田外務大臣は閣議のあと記者団に対し、「中国国内の報道とはいえ、天皇陛下に対する礼を著しく失しており、これまで表明されてきた中国側の立場と相いれないものだ。外交ルートを通じて中国側に強く抗議した」と述べました。


 産経新聞は、「国内外の反応を探る観測気球だった可能性がある」と書いているが、もし観測気球だったとしたら、そのセンスのなに呆れる。日本国民の皇室に対する心情は、李明博の「天皇謝罪要求事件」で証明済みである。あの発言以来、日本と南鮮の間の感情的対立は決定的となり、埋めがたい溝ができ、嫌韓ブームに火を付けた。我が国の皇室に対する敬意を表す外国人が居れば、日本国民はその国や人物に親しみを持つ。一方、皇室を侮辱するような発言は、日本人のナショナリズムが着火する。これは、条件反射と言ってもいい。

 支那はいままで、天皇陛下に対する批判には極めて慎重だった。日本人にとっての天皇、日本人にとっての皇室というものを、彼等は永遠に理解できないだろう。理解できないから、皇室批判をタブーとしてきた部分もあると思われる。その思考性は朝鮮人とはまったく次元が異なるのだが、日本人の嫌中感情を抑えるためには、皇室批判のタブー化は必要な対応だった。ところが、中共は国営メディアにそれを解禁したのだ。

 上海市場の暴落、天津の大爆発、世界陸上のセグウエイ事件(笑)と、支那には内憂要因が溢れている。内憂がある時には敵を外に作り、人民の注目を国外に向けるというのは、支那や朝鮮の常套手段だ。今回の唐突な「天皇謝罪要求」には、そのような背景があったのではないか。

 産経は、朴槿恵の抗日勝利70年記念式典における軍事パレード出席などをめぐる中韓の外交折衝の中で、韓国が“対日共闘”を呼びかけ、中国が応じたのではないかとの憶測が北京の関係者の間で飛び交っている、と伝えている。よりにもよって、南鮮から出た国連事務総長が、このプロパガンダ式典に出席するというのだから、南鮮の支那への擦り寄りは尋常ではない。潘基文は南鮮の次期大統領の座を狙っているとの噂があり、今回の式典出席は、国連事務総長の中立性を、南鮮国民に媚びるという私欲が退けたという見方もできる。いずれにせよ、反日が商売になる国の話は理解しようにも限界がある。

 かつて英国の植民地だったインドやアフリカ諸国が、エリザベス女王に土下座を求めたなら、英国は戦争の挑発と受け取るだろう。それほど非常識な話なのだ。ひと言でいえば、中共は追い詰められているということである。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
ご面倒ですが、是非ともランキングバナーのクリックをお願いいたします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
[ 2015/08/29 07:52 ] 外交 | TB(0) | CM(14)
カレンダー
08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: