私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  > 

トランプに足蹴にされる文在寅 ~ 無用扱いされた米朝会談仲介者

← 応援クリック、ありがとうございます。

 米トランプ大統領が、6月12日に予定していた金正恩北朝鮮労働党委員長との米朝首脳会談を中止すると発表した。理由は、北朝鮮の最近の「強烈な怒りとあからさまな敵対心」だそうである。会見でトランプは、「圧倒的に世界最強」の米軍はいざとなれば準備ができている、と軍事オプションの再起動も匂わせ、対北追加制裁にも言及した。米朝のチキンゲームにおいて、主導権は米国にありという立場を鮮明にしたということだ。

 我らが朝日新聞(笑)は、25日の社説「米朝会談中止 対話の扉を閉ざすな」で、こう書いている。

 米朝関係のあり方は、北東アジアの今後の安全保障を占う。肝要なのは、長期的に意義ある合意を築くことだ。来月12日の日程にこだわらずとも、この間に重ねた米朝間の交渉の実績は資産として生かせる。
 どうすれば朝鮮半島の非核化と冷戦構造に終止符を打てるか。その大局を見すえて今後も粛々と対話を続けるべきだ。(中略)
 北朝鮮はきのう、一部の海外メディアを招いて核実験場を廃棄した。たとえ表面的な演出であっても、昨年まで暴挙を重ねた北朝鮮が和平のアピールに変化したのは前向きな進展だ。


 まるで危機感がない。ことを長期的に運べば、北朝鮮の核兵器関連技術は精度を上げ、既に核保有国と自認しているこの国の脅威はさらに拡大する。それが我が国にとって何を意味するか、朝日のオツムでは考えが及ばないのだ。また、一昨日の核実験場の破棄は、朝日がなかば認めているように「ショー」であり、あのプンゲリは既に使い物にならないという説もある。これを前向きな姿勢と認定し、平壌の意向を拡散する朝日の「メディアとしての国籍」は、大いに疑問視されるべきだろう。

 さて、このトランプの決断で、面目丸つぶれなのが文在寅である。自身の立場を米朝対話の仲介者と勝手に定義し、そのお膳立てとして、南北和解の政治ショーを演出してきたのが文である。平昌五輪では、平壌から金正恩氏の妹、金与正をゲストとして招き、南北合同チームというスポーツの政治利用を、恥ずかしげもなく敢行した文。米朝会談の露払い役として米国を訪問し、トランプとの米韓首脳会談を行い、その会談から48時間も経たないうちに、トランプが米朝会談の中心を宣告。文在寅の御用聞き訪米は、まったくの無駄足に終わったのだ。

文在寅


 もとより、文は米朝会談に、異常なほど前のめりだった。朝鮮日報よよれば、先の訪米で、文は米朝首脳会談の直後シンガポールで「3カ国首脳会談」の開催や、北朝鮮に対する支援策を提案したというが、米側は渋面だったそうだ。文は当初、会談の場に板門店を推し、「板門店米朝会談の直後に3カ国会談開催」という案を打診したという。しかしトランプがシンガポールを選び、今度は文自身もシンガポール行きを画策したということだ。わずか21分で終了した米韓首脳会談と、その直後の米韓首脳会談の中止は、文在寅の思惑がすべて外れたことのみならず、不要の烙印を押されたということだ。

 青瓦台は、24日の午後11時前に出たこのトランプの発表に即応できず、日が変わった25日の深夜に声明を発出した。

米朝首脳会談が予定された6月12日に開かれなくなったこと対して当惑しており、極めて遺憾だ。
韓半島(朝鮮半島)非核化と恒久的平和は、諦めることも先送りすることもできない歴史的課題だ。
問題解決のために努力してきた当事者の真意は変わっていない。
今の疎通方式では敏感で難しい外交問題を解決するのは難しい。
首脳間のより直接的かつ緊密な対話で解決していくことを期待する。


 非核化の対象が北朝鮮ではなく朝鮮半島というのは、平壌の主張であり、青瓦台は平壌の代弁をしているに過ぎない。この期に及んで非核化の定義すら、米韓の方針を踏襲できない青瓦台。米国が南鮮を信用しろというのは無理なのだ。

 北朝鮮の核およびミサイル、拉致問題の解決は日本の命題である。米国が南鮮の梯子を外したいま、日本が対北外交の枠組みに復帰し、積極的に役割を果たす良い機会となればいい。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2018/05/26 07:16 ] 外交 | TB(0) | CM(1)

危険タックル問題 ~ 会見で再認識したマスゴミのゴミっぷり

← 応援クリック、ありがとうございます。

 自分で言うのもなんだけれど、私はいわゆるアメリカンフットボールキチガイだ。NFLを追いかけてもう40年にもなる(笑)。毎年、スーパーボウルが開かれる日は有給休暇を取り、ゲームをライヴで観戦する。だいぶん昔だが、篠竹監督率いる日大フェニックスがショットガンオフェンスを採用し、大学アメフト界に敵なしという時代もあった。国内のアメフト事情にはそれほど詳しくないが、日大がこのスポーツにおいて強豪校だということぐらいは知っている。

 自称「通」である私から見ても、あのタックルはどんな理由を上げても正当化できない悪質なものだ。私が審判なら、あのタックルを犯した時点で、宮川選手は即刻退場である。米国なら、高校でも大学でも、ましてプロなら乱闘騒ぎになっただろう。宮川選手が後に記者会見し、潔く、真摯な態度で謝罪したことは評価できる。しかし、彼のタックルであったことには変わりない。彼の謝罪を必要以上に褒めたたえる空気には、若干の違和感を持つ。

 宮川選手への評価は、ある意味、日本大学の対応との対比で上がるのだろう。この一件での日大の対応は、初動から杜撰極まりないもので、危機意識や管理等のガバナンスがまったくなかった。一昨日、渦中の内田正人前監督と井上奨前コーチの記者会見が開かれ、その会見を仕切った司会の日大企画広報部、米倉久邦氏(元共同通信)の「仕切り」が批判を浴びているが、確かに火に油を注ぐかたちにはなったけれども、そんなものは単なる付録に過ぎない。

日大 内田前監督


 それにもまして、宮川選手の会見、内田、井上両氏の会見で感じたのは、マスゴミのゴミっぷりである。メディアはその言葉のとおり、事案・事象と受け手である庶民の「媒介」に過ぎないが、会見で散見された記者たちの言動は、さも自分たちが「国民の代弁者」であり、「正義の見方の使者」であるかのようなものだった。

 彼らマスゴミは、宮川選手に対してはよき理解者を装い、溢れんばかりのシンパシーを向けた。一方で、内田、井上の両指導者に対しては、居丈高に糾弾を敢行し、公開リンチを繰り広げた。危険タックル事案は、行動とその後の対応を含めて、大いに批判されるべきものだ。しかし、それを、レポーターの異様なまでの脚色を使って、大々的に批判キャンペーンを繰り広げるべきものか。北朝鮮の方がよほど切迫した国家の問題だろう。

 立民枝野は、日大指導者の開き直りを採り上げ、それを安倍政権批判に流用している。

「直接結びつけるのはいかがなものかと思うけれども、例えば日大のアメリカンフットボールの問題など、本当に色々なところで「安倍化」が進んでいる。こんな社会にしてはいけない。」


 「いかがなものか」と思うなら、喋るな。日大を利用して、北朝鮮問題等の国家にとっての重要案件を報じないマスゴミもマスゴミだが、日大を利用して安倍政権を批判する枝野も最低だ。

 NFLで生涯獲得ラッシングヤード記録で現在も歴代最高記録を保持するエミット・スミス。彼が通っていた高校のロッカールームに、その学校の哲学が記されている。

"Our mission is to use the game of football to teach young men how to be successful at home, in the classroom, in the community, and in life after football."

「フットボールを通した我々の使命は、若者たちに家庭、教室、地域社会、そしてフットボール後の人生で成功する方法を教えることだ。」

(出典:A Football Life: Emmitt Smith

 教育とはかくあるべきだ。日大のアメフトに携わる指導者たち、大学当局者は、この哲学や教育方針を少しは見習ったらどうか。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2018/05/25 07:08 ] 社会問題 | TB(0) | CM(19)

こっちのセリフ ~ 「国会と国民をバカにするのもいいかげんにしろ」(by 陳哲郎)

← 応援クリック、ありがとうございます。

 加計学園獣医学部の誘致に絡んで、愛媛県から出てきた「怪文書」によって、国会が揺れている。倒閣のみを目的とした野党、そして、安倍政権による憲法改正を阻止したいサヨクメディアの総攻撃が、再び始まった感がある。

 朝日新聞は予想通り、この怪文書を採り上げ、社説「加計新文書 首相答弁の根幹に疑義」を掲載し、安倍総理の答弁に懐疑があると批判した。

 これらの文書は、国政調査権に基づき、与野党が一致して県に提出を求めたものだ。自らの主張を言いっ放しにするだけでは、行政府の長として、不誠実というほかない。国民の納得が得られるよう、国会できちんと説明をしなければいけない。

 一連の文書からは、競合する新潟市などに対抗するため、学園が政権への働きかけを強め、首相と加計氏の面会後に計画が加速化したという流れが見て取れる

 ますます深まる「加計ありき」の疑念を晴らすことができなければ、首相の政権運営に国民の信任は得られないだろう。


 「自らの主張を言い派なしにするだけ」と言うが、会っていないなら会っていないと答弁する以外にない。「流れが見て取れる」というのも、朝日新聞の憶測によるもので、総理の答弁の根拠を言うなら、朝日こそ、この文書の信憑性について確証を提示すべきだろう。加計ありきは、メディアと野党が作ったシナリオである。そのシナリオに、1年3ヵ月を費やしても説得力を持たせられず、いまだに「疑惑」止まりなのをどう説明するのか。朝日こそ、「疑惑」を「罪」に転換する何かを提示したらどうなのか。

 野党の騒ぎっぷりも、朝日に引けを取らない。立民枝野は、官邸のカメラに加計理事長が全く映っていなかったことに対し、「カメラのない動線で執務室に入ることは可能です。私も官房長官時代に、総理動静に載らない会い方で総理と会っていました」と反論している。しかし、そのことが、総理と加計氏が会った証拠にはなり得ない。それが通るなら、但馬オサム氏が指摘する通り、「あのスーパーで俺は万引きできた。だからあいつも万引きやったはずだ。 もうバカかと。」ということになる。

枝野は字が下手すぎwww
枝野、この達筆ぶりwww


 昨日の厚労委員会。総理が入り、働き方改革関連法案が審議される場である。しかし、野党の質問は加計のオンパレードだったそうで、立民の長妻昭など、モリカケの質問ばかりで委員長に注意され、「言論封殺だ」と逆ギレする始末。仕舞いには委員長解任決議案まで提出される荒れようだった。これが国会の実態だ。半月以上の大型休暇を取った野党が、国会に戻ってきた途端に、国会が動かなくなる。

 立民の陳さん(別名、福山)は、こう語った。

「昨年からの1年間の国会は何だったのか。国会と国民をバカにするのもいいかげんにしろと」

陳さん(福山)


 こっちのセリフである。政権叩きしかしてこなかった野党が、国民の利益を代表しているわけではない。陳さんは国民の代弁者を装うが、自らの声が国民の声かのような言いっぷりは、国民の多くには迷惑千万なのだ。

 陳さんよ、国民をバカにしているのは、倒閣しか頭にない反日メディア、そして立憲民主党のような野党だ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2018/05/24 07:10 ] 政治 | TB(0) | CM(8)

物議を醸す愛媛県文書 ~ 野党はこれで総理の首が取れると思っているのか!?

← 応援クリック、ありがとうございます。

 愛媛県の中村知事は、単に出たがり屋なのか。それとも、国政にスキャンダルを意図的に引き起こし、その重要人物としての存在感を得たいのか。愛媛県が21日、安倍総理が2015年2月に加計学園理事長と面会し、獣医学部新設の構想について説明を受け、「新しい獣医大学の考えはいいね」と応じたなどと記載された県作成の文書を参院に提出したことで、野党がいきり立っている。

  立民 辻元国対委員長「柳瀬氏の証言がうその濃厚な証拠」
  国民 玉木共同代表「核心的な疑惑出てきた。もう詰んだ。」
  共産 小池書記局長「総理の進退に関わる重大な文書」
  維新 馬場幹事長「特別委で集中審議を」

 その他大勢の野党の声はNHKですら取り上げていないが、似たようなものだろう。

 提出されたのは、疑問符がいくつもつく文書だ。フォントが入り混じり、通常の明朝から、安倍総理のコメントの部分がゴシックになっている。野党の連中は「強調するためのゴシック体」と言っているようだが、強調するならボールド(太字)が普通だろう。日付の表記に統一性がないという指摘もある。そもそも、復命書は役所の内部文書であり、相手の確認がなければ、ただのメモ書きである。物証にはなり得ない。こんなことで総理の首が取れると思ったら、余程の能天気である。

愛媛県資料


 この報道で、朝日新聞が姑息な手段に出た。報道各社の首相動静では、安倍総理と加計理事長の面会が全く確認できない。それは朝日が報じた動静でも同じだ。しかもこの日は衆議院予算委員会が開かれており、安倍総理のスケジュールはびっしり。監視カメラも加計理事長の姿を捉えていないそうだが、立民の枝野は「監視カメラの導線から外れて、総理に会いに行ける」と、物証がないのに「野党の希望的観測」を述べる始末だ。

 加計学園は即座に「理事長が2015年2月に総理とお会いしたことはございません。」とコメントを発表した。安倍総理も否定しており、これの証言をつき崩せるなら、野党はせいぜい頑張ればよい。今の憶測の域を出ない批判だけでは、総理の首を取ることは不可能だ。

 物証とは、事実の存否を確定する物理的資料のことを言う。例えば、民民党玉木が「もう詰んだ。愛媛県作成の新たな文書で、総理のウソが明らかになった」と言っているが、総理がウソをついているというなら、玉木はその愛媛県の文書が客観的に見て証拠たり得ること(改竄の可能性が皆無であること。総理サイドの確認が得られること)を証明しなければならない。そんなことは不可能であり、したがってこの愛媛県の内部文書を証拠とすること自体が無理筋なのだ。

 加計学園問題に核心があるとすれば、それは、加計学園の獣医学部新設決定のプロセスで、安倍総理が介入し、圧力をかけた否かである。野党はそれを証明しようと、1年と数か月を費やしたが、事の違法性を証明できていない。この文書にメリットがあるとすれば、それはネタ不足で、法案に対案で対抗できない野党が、モリカケにすがる期間を延長できたことだろう。不毛な国会は、まだまだ続きそうだ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2018/05/23 07:09 ] 政治 | TB(0) | CM(20)

フェイクニュース ~ 「沖縄平和運動家がノーベル平和賞にノミネート」

← 応援クリック、ありがとうございます。

 ノーベル賞において、平和賞は、物理、化学、医学等々と比べてとりわけ政治力が強いと言われている。物理、化学等は、基本的に実績に対する評価期間が必要とされているが、平和賞だけは現在進行形のイシューも選考対象に加わる。「核なき世界」という、できもしないことで受賞したオバマが良い例だ。そして、平和賞にはロビー活動や工作が絡む。過去に受賞した金大中は、受賞のために組織的な工作を展開していたというのだから、「金で買える」と言われても仕方ないのだ。

 そのノーベル平和賞に、沖縄県知事の翁長や、活動家の山城博治らがノミネートされたというから、ため息が出そうだ。

翁長知事、山城議長らノーベル賞にノミネート 県内から8氏2団体 (琉球新報)

 翁長雄志知事や沖縄平和運動センター議長の山城博治氏ら県内8氏と2団体が一つのグループとして、2018年のノーベル平和賞候補にノミネートされた。

 「命どぅ宝のマブイ(魂)を継承し、平和の礎を創設した沖縄の人びとにノーベル平和賞を」実行委員会の高良鉄美共同代表(琉球大学法科大学院教授)らが21日、県庁で記者会見し、ノルウェーのノーベル平和賞委員会から4月20日に連絡があった、と発表した。

沖縄活動家にノーベル平和賞?(フェイクニュース)


 8氏は翁長知事と山城氏のほか、元知事公室長の高山朝光氏、沖縄国際大学名誉教授の石原昌家氏、元読谷村長の山内徳信氏、沖縄戦の遺骨収集を続ける具志堅隆松氏、辺野古新基地建設に反対する島袋文子氏、元白梅学徒の中山きく氏。

 団体は伊江島の一般財団法人「わびあいの里」と糸満市のひめゆり平和祈念資料館。

 同実行委が「平和運動を70年以上も続ける県民の代表」として選定し、大学教授ら14人が連名でノーベル平和賞委員会に推薦していた。高良共同代表は、沖縄戦を出発点とした過重な基地負担を念頭に「平和賞受賞者はこれまでも『圧政に対して抗している人』が多い。沖縄の平和運動の継続性は意義がある」と受賞に期待を込めた。

 18年のノーベル平和賞には330の個人と団体がノミネートされている。発表は10月5日の予定。17年は故・大田昌秀元知事がノミネートされていた。【琉球新報電子版】


 「平和運動を70年以上も続ける県民の代表」という定義だそうだが、彼らが実行している活動が平和を目指したものなのかは、ネットを徘徊していればすぐにわかる。わかる限り、ノミネートされた人物らを見ていこう。

翁長雄志(沖縄県知事)
⇒ヅラ県知事。その他、省略。

山城博治
⇒言わずと知れた活動家。いったい、前科何犯なの??

高山朝光
⇒反基地の故大田知事のブレーン。政策責任者を務めた人物。

石原昌家(沖縄国際大学名誉教授)
⇒タリバンを倒そうとアフガンに侵攻した米国を引用し、「沖縄はアフガンにとって加害者の国」と語った偽善学者。

山内徳信(元読谷村長)
⇒「辺野古新基地建設は人殺しをする戦争目的の飛行場建設だ。(米国の)海兵隊の使う基地は人殺しのためのものだ」と語ったバカ。

島袋文子(活動家)
⇒別名、暴力ババア。この動画を見れば一目瞭然。

(その他、省略)


 さて、そもそも論だが、ノミネートという言葉の使い方がおかしい。ノーベル平和賞の候補者は非公開であり、ノーベル委員会は候補者の数は公表するけれども、候補者の名前は50年間公表されないというルールがある。(Facts on the Nobel Peace Prize: "The names of the nominees cannot be revealed until 50 years later.")

 つまり、このノミネートということばは正しくなく、推薦者に対し、推薦状の受理を単に伝える連絡が入ったということに過ぎない。「憲法9条にノーベル平和賞を」という運動の中でも同じ事例があったが、いわゆるひとつのフェイクニュースと言えるだろう。

 さて、こういう人たちは真面目に「平和運動にノーベル平和賞を」と言って活動しているのだろうが、やっていることは平和運動でもなんでもなく、平和を冠にした単なる被害者ビジネスである。そして、彼らの受賞資格について言えば、山城の逮捕歴も、島袋の暴力も、ネガティブな要素しか発揮しない。推薦状が受理されたくらいで、騒ぐことでもない。

 むしろ、これをノミネートと報ずるメディアの側に、重大な瑕疵がある。願望を記事にして、読者、視聴者を騙すのもいい加減にしてもらいたいものだ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: