私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  > 

古賀茂明の報ステ降板 ~ 「官邸の圧力」は妄想だっただけという話

← 応援クリック、ありがとうございます。

 ネットではいまだに古賀茂明対古館伊知郎の報ステバトルがホットな話題である。報ステといえばテレ朝の看板番組であり、ネタがその生放送中の「放送事故」なので、当然といえば当然なのかもしれない。

 古賀は、くだんの事故当日の放送の前に、番組内で確信犯的に事故を起こす意思を、数人のサヨクジャーナリストに伝えていたとみられる。ISに囚われた人質の命を、安倍総理の辞任と引き換えにと報じ、失笑を買った岩上安身は、放送直後にネット動画の生放送で古賀にインタビューしているし、反安倍で知られるジャーナリストの田中龍作は、放送から程なくコガニインタビューし、その主張を全面的に肯定する記事を掲載している。

古賀茂明


 さて、もう「過去の人」となった ―― 早い話がどうでもいい、古賀茂明という人物の主張の聞き捨てならない部分は、官邸が氏の発言について、圧力をかけているという点である。古賀はそれを「言論弾圧」と、殊更大袈裟に取り上げ、政権を批判しているが、その主張に根拠はあるのか。田中龍作のインタビューのなかで、その官邸の圧力について古賀自身が語っている部分がある。

古賀茂明氏、単独インタビュー ~テレビ朝日編~ (田中龍作ジャーナル)

田中:官邸からはいつ頃、どんな圧力がかかりましたか?

古賀:証拠があるのは、菅官房長官が側近に報道ステーションの話をするとか、そういうのは去年の秋くらいからあった。

選挙の前には篠塚報道局長が、現場に「選挙があるのに古賀なんか出していいのかな?」と言ったりしたそうです。「何でですか?」と現場が聞くと「いや、ダメだとは言ってない」。

そういうのを聞いたから、僕が篠塚局長に尋ねると「そんなことは言ってない」。「だけど、一般論として選挙の前だから気をつけなくちゃいけない」。

(1月23日の報道ステーションで)I am not ABEと言った時は、官房長官の秘書官が、テレ朝の報道局幹部にメールをしたと聞いています。

その後、「反翼賛の声明」というのを出した時、あれについて、官房長官会見の時に質問した記者がいるそうです。表現の自由が抑圧されてるとか。

菅官房長官は、僕の名前は言わないんだけど、「最近TVでとんでもないことを言った人がいる。報道の自由をはき違えている。そういうコメントができるのも、まさに表現の自由があるからですよね」って言ったそうです。

その後、ぶら下がりのオフレコ会見でやりとりをした。オフレコだからメモをしちゃいけないんだけど、複数社いるからメモが僕の所に来るんです。

菅官房長官がそこで何て言ったかというと「俺は本当に頭に来た。俺だったら放送法違反って言ってやったのにな」というようなことを言ったそうです。

官房長官の秘書官も文句言ってるんだけど「放送法違反だ」までは言ってないんです。政府の要人が「放送法違反だ」と言ったら免許取り消しの脅しになる。

秘書官はバカじゃないから言わないわけです。官房長官の秘書官はテレ朝の中にいるお友達に「ひどい話だね」と。だけど菅さんはそういうメモが回ることを計算して(わざと)言ったわけです。

ということは「俺は許していないからな」という脅しなんです。テレ朝への脅しにもなるし、僕への脅しでもあって。そこで黙っちゃうんですよ、普通の人は。

選挙の時に放送局に自民党から手紙(圧力文書)が来たじゃないですか。みんなテレビ局はひた隠しに隠していた。普通にニュースとしてやればいいじゃないですか。

それを上杉隆さんとかが公開(暴露)して、それでもテレビ局はやらない。官邸から見ればヨシヨシと。こいつら(テレビ局は)俺のいう事を聞くんだと。


 さて、以上のストーリーが仮に真実だとして、これは権力側の圧力であり、古賀に対する言論弾圧なのか。言うまでもなく、確たる証拠はないし、多分に古賀の思い込みである。その思い込みを、彼は公共の電波を使い、「私は弾圧されている」とやったわけだ。何をもって圧力と言うかについては議論があるだろうが、古賀の場合、伝聞で聞いた菅長官の会話が、古賀に対する圧力となり、依って官邸が古賀に言論弾圧を加えているということになる。いずれにしても妄想の域を出ないのだが、「官邸が私を弾圧している」と一方的に思い込みを拡散された菅官房長官が不快感を示すのは、極めて当然である。

 テレビ朝日の早河洋会長は31日の記者会見で、番組内で古賀・古館間に私的な応酬があったことを批判した上で、「私にも吉田(慎一)社長にも、報道局長にも圧力めいたものは一切ない」と、古賀の見立てを全否定した。圧力の定義には前述のように曖昧な部分があるが、テレ朝会長は「圧力めいたもの」という表現を使い、その曖昧さを含めてテレビ局が「圧力」を受けたことを否定したのだ。古賀の完敗である。

 報ステの基本スタンスは、できるだけ穏当な表現を使いながら、全体の論調を反安倍政権に持って行くというものだと、私は理解している。彼等は公平性などというものは、微塵も考えていない。取り上げるニュースネタを見ても、VTRに合わせたナレーションを聞いても、政権に与するような部分は欠片も見いだせない。古賀は、「安倍総理の本当の狙いは有志連合と一緒に空爆すること」「有志連合に、仲間に入れてほしくてたまらないんですよ」という私見をダイレクトに発し、この報ステの「穏当を装った安倍政権批判」というベースを破壊してしまったのだ。だから降ろされたのだろう。

 そもそも、反体制を標榜し、公の言論機関で政府批判を公言するなら、それなりの覚悟をもって発言するべきである。賛同と批判の両論に挟まれるのは勿論のこと、テレビの報道番組で発言の機会を与えられているジャーナリストやコメンテーターは、発言の内容によって、それ以後の発言の機会を失う可能性があることぐらい、織り込み済みで臨んでもらわねば困る。これが古賀の炎上マーケティングの手法なのであれば、それはそれで大したものである。そんな深い考えはないと思われるが。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
ご面倒ですが、是非ともランキングバナーのクリックをお願いいたします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
[ 2015/04/01 07:18 ] 未分類 | TB(0) | CM(3)

青瓦台にとって究極の政治目的とは、天皇陛下による謝罪発言だ

← 応援クリック、ありがとうございます。

 今日は仕事で桜が咲く場所をいくつか回ったのだが、桜というのは日本人の心を癒すものだなと、つくづく思う。4年前の震災後、個人的に大好きなジャズ・ピアニストが、苦難に遭った日本人に「さくら さくら」捧げてくれたのだけれど、ささくれ立った心にその旋律が刺さった。この季節、お花見スポットに行くと、本当に幅広い年代の男女が桜の下に集っている。桜の花が綺麗なのは勿論なのだけれど、その集いはただ美しいものに惹かれるだけのものでなく、もっとスピリチュアルな動機が働いているように感ずる。

 ただ、桜や花見というと、良い話だけでは終わらず、気分を害するような事柄も人々の耳目を集める。今朝のテレビでは、花見客が放置したゴミの山が批判されていた。公共の場所を汚すのは、日本人として恥ずべきだ。そして、更に気分を害するのは、お隣の盗人国がソメイヨシノも花見も南鮮起源であるという、日本人には侮辱的なウリジナルだ。彼の民族がソメイヨシノの原産地と主張する済州島では、朝鮮語、英語、支那語、そして日本語で、「ソメイヨシノの自生地」と表示した看板が建てられ、米ワシントンの名物となったポトマック川の桜のルーツを韓国であると主張し、公文書を書き替えろという運動まで起きているという。

 我々日本人は、子どもの時分から「嘘つきは泥棒のはじまり」と教えられ、嘘つきや泥棒は、道徳的に最も恥ずべき行為だと叩き込まれる。しかも、泥棒が恥ずべき行為だというのは、仮に生きるための窃盗が横行する国や地域であっても、建前の上では共有できる価値観だろう。私には在日の友人はいるが、ネイティブ・コリアンの友人はいないので、彼の地でどのような家庭教育が施されているかは分からない。だけど、もし彼の民族が同じような価値観を共有するのだとしたら、ウリジナルのようなことは起こりようがないのだ。

 南鮮は日本にとって兄の国と言って話題になったのは、朝日新聞の木村前社長である。昨今、南鮮への見方として「兄の国」という認識は一般的ではない。ただ、海の向こうでは、それがさも当然のように語られているという。だから、弟に併合された歴史は彼等に取って屈辱であり、弟に受けた施しは「援助」ではなく「賠償」だという解釈で捻じ曲げる。慰安婦という物語は、弟分を平伏させるために創作されたものだが、これが歴史として定着してしまうのだから恐ろしい。その信仰ともいえる思想は、日本の皇室にまで要求を突きつけるという事態にまで発展するのだ。

全斗煥
全斗煥と昭和大帝


 聯合ニュース等の南鮮メディアの報道によれば、1984年に国賓として来日した全斗煥が、日本の朝鮮半島統治などについて昭和天皇が反省を示すよう、事前に求めていたという。産経の記事を引用する。

韓国元大統領「昭和天皇」に遺憾と反省求める…“植民地支配”「最大限強い言葉で反省を」 韓国外交文書で発覚 (産経新聞)

 【ソウル=名村隆寛】1984年9月に韓国の全(チョン)斗(ド)煥(ファン)大統領(当時)が国賓として初訪日した際、韓国政府が日本側に対し、昭和天皇が日本の朝鮮半島統治などについて反省を示すよう事前に求めていたことが30日、分かった。韓国外務省が同日公開した当時の外交文書の内容として、聯合ニュースなどが報じた。

 韓国政府は84年初めに全氏の訪日を計画。昭和天皇の反省表明が訪日の「大前提」だと規定したという。

 反省については「(韓国の)国民感情を考慮し、最大限強い言葉で反省を確かに示さなければ、訪日への納得が得られない」とし、公式に「過去の不幸な歴史を認め、遺憾表明と深い反省を示すよう」求めた。一方で、昭和天皇の発言が「過去を完全に清算するものではない」とし、日本側に具体的な行動も求めた。

 韓国側は当時、昭和天皇の歴史への言及について日本側は「不可避」との立場だと分析。しかし、発言内容は外交の対象でないとし交渉はしなかったという。

 昭和天皇は84年9月6日、全氏が出席した宮中晩さん会で「今世紀の一時期において両国の間に不幸な過去が存在したことはまことに遺憾であり、繰り返されてはならない」と述べた。


 全斗煥が誕生したのは、日本が朝鮮を統治していた1931年だから、日本人にとって天皇とががどのような存在であるか知らない筈がない。それ以前に、1984年といえば、南鮮でも日本統治世代がまだ存命の時代だから、常識中の常識だっただろう。天皇陛下に「こう仰ってください」などと言える立場の人間は日本には一人もいないので、青瓦台の要求は、どう考えても無理筋である。無理筋だとわかっていて要求するところが、彼らの度し難い部分だ。

 この報道を読んで思い出したのが、月山明博こと李明博の「天皇謝罪要求発言」だ。日本と南鮮の関係を最悪の状態と言われるまでに落としたのが李の発言だが、李のメンタリティは、全斗煥のそれとほぼ同質であるように思う。南鮮にとって、「日王の謝罪」は究極の政治目的であり、彼等が信仰する創作の歴史を史実に変換し、かつ完全に固定化するものになる。天皇の謝罪が、時の総理大臣の謝罪と比較できるようなレベルでないほどの重さを持つことを、彼等は十分理解しているのだ。

 全斗煥の天皇謝罪要求から李明博の天皇謝罪要求まで28年。南朝鮮という国は、その究極の政治目的を頑なに守り続けている。彼等がこの野望を捨てることは、恐らく今後もないだろう。彼等との友好が日本のためにならないことを、全斗煥と李明博、そして告げ口外交の朴槿恵が具体的に示しているのだ。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
ご面倒ですが、是非ともランキングバナーのクリックをお願いいたします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
[ 2015/03/31 07:17 ] 外交 | TB(0) | CM(8)

支那が夢見る「華夷秩序の復活」と、首脳会談の前提条件について

← 応援クリック、ありがとうございます。

 昨夜、テレ朝で「世紀の瞬間&未解決事件」という特番をやっていて、番組内でダッカ日航機ハイジャック事件が採り上げられていた。当時私は、ロックしか頭にないガキだったので、これほどまでの一大事件にもあまり関心がなく、当時日本を取り巻いていた空気について、あまり記憶がない。ただ、保守的な発言に対する社会的理解が今ほど無かったことは確かで、福田総理の「人命は地球より重い」という見解は、当時の日本人に概ね支持されていたように思う。

 以前のエントリーで紹介したが、福田恒存はダッカ事件に対する政府の対応について、「もしかれらの要求をいれて人質の命を助けるために、明らかに犯罪者として逮捕している人間を釈放するということになれば、国家、政府の権力がかれらよりも弱いということを立証することになるのです」と語っていているけれど、今にして思えば真っ当と思える意見でも、リベラル派が強かったあの当時は、少数派だったのではないかと思う。支那や朝鮮と仲良くすべしという固定観念も、これと同じで、ひと昔前まではほとんど盲目的ともいえる固定観念だったが、それも崩れつつある。

 安倍総理は、「首脳会談は前提条件なしで行われるべきだ」と、繰り返し主張している。それに対して支那・朝鮮は、4月29日に実現する見込みの安倍総理の米国上下院合同議会のスピーチ内容に干渉しながら、日本に対する態度を、戦後70年談話の内容によって判断すると言っている。要するに、前提条件は必須だと言っているのだ。福田恒存の論理を当てはめれば、「もし中韓の要求をいれて、スピーチや談話の内容で譲歩することことになれば、日本の力がかれらよりも弱いということを立証すること」になる。実際のところ、支那や朝鮮は、過去から現在に至るまで、この手法で日本から譲歩を勝ち取ってきたのだ。明らかに正常な国家間関係とは言えない。

abe_vs_tokua.jpg


 自民党の二階俊博は、南鮮の聯合ニュースによるインタビューに答え、「慰安婦問題は法律的解釈ばかり唱えていて問題が解決するということはない」のだから、「知恵を出しながら、今の問題ある状況を早く解決するべきだ」と語っている。法律的解釈を超えろというのは、日韓基本条約で「完全かつ最終的に解決した」という政府見解をひっくり返すということに他ならず、それは朴の設定する前提を飲めということを意味する。二階のことだから今さら驚きもしないが、国益を無視した友好を是とするのであれば、バッジを付ける資格はない。

 支那はAIIBで周辺国のみならず欧州を取り込み、南鮮もこれに加盟すると表明した。習近平は28日、「ボアオ・アジアフォーラム」年次総会で演説し、「東アジア経済共同体」の建設を公言するとともに、「アジアが運命共同体であることを繰り返し強調」したとされる。この言葉とAIIBの推進が意味するのは、まぎれもなく華夷秩序の復活だろう。その枠組みに、朴槿恵は尻尾を振って合流した。華夷秩序は朝鮮にとって古来慣れ親しんできた体制であり、あまり違和感がないのかもしれない。一方で日本は、少なくとも聖徳太子の時代から、中華圏から距離を置いて国家を運営してきた国である。国の成り立ちが違うし、その体制を受け入れろというのは無理な要求だ。

 首脳会談が一度も行われていないことをメディアは問題視するが、国益を棄損してまで行うべき首脳会談などないし、米議会でのスピーチも戦後70年談話も、支那、朝鮮両国の事情など勘案する必要はない。中曽根康弘の失敗を、安倍総理も覚えているはずだ。失敗から学んでこそ、第二次安倍政権である。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
ご面倒ですが、是非ともランキングバナーのクリックをお願いいたします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
[ 2015/03/30 07:17 ] 外交 | TB(0) | CM(7)

日本の対外協力実績PR動画に、南鮮が「漢江の奇跡を侮辱するな」と発した火病

← 応援クリック、ありがとうございます。

 日本の外務省が、広報の一環として、「戦後国際社会の国づくり:信頼のおけるパートナーとしての日本」という動画を公開した。内容は、戦後日本の対外協力実績のPRで、日本が平和国家として、アジアの平和と繁栄を支援し、国際社会の国造りに積極に関与し続けてきたことをアピールするもの。2分ほどの短い動画が10ヶ国語に翻訳され、YoutubeにUPされている。

japan_as_a_reliable_partner.jpg
動画 「戦後国際社会の国づくり 信頼のおけるパートナーとしての日本」より


 動画には、1954年からアジア諸国に対し経済支援を提供したという内容が盛り込まれ、その中に南鮮の地下鉄1号線の開通、昭陽江ダム工事、浦項総合製鉄所などの写真が具体例として挙げられている。これに対し、南鮮メディアが噛みついた。

 文化日報は「日本は第二次世界大戦の犯罪に対する反省と懺悔は一言も言及しなかった」と明後日の方向に批判を展開した。朝鮮日報の論説「日本よ、「漢江の奇跡」を侮辱するな」では、ありとあらゆる材料(事実かどうかは彼等にとって問題ではない)を持ち出して、この動画を批判している。とどのつまりがこれだ。

 「日本の支援で韓国が発展した」という主張は「朝鮮を近代化した」という日本帝国主義の強弁とそっくりだ。日本の支援が韓国の経済成長の土台だったという広報動画の主張は、幾つかの点で誇張されたものだと専門家らは指摘した。


 南鮮が悪意を込めて「日本帝国主義」と呼ぶ時代は、ダイレクトに日韓併合時代を意味する。南鮮はそれを日本が朝鮮を強引に植民地化したという歴史観を国民に植えつけているが、事実は真逆だ。日露戦争後、米国は朝鮮から代表を引き揚げた。その時、セオドア・ルーズベルトが残した言葉は、「朝鮮は自主統治にも自衛にもまったく無能力であることがはっきりした」である。当時の朝鮮に対する見方は、このルーズベルトの言葉に代表されるような、国家としての体を成していないものだったのだ。

 朝鮮は「日本の圧政に民族が立ちあがり、自主独立を確立した」と国民に刷り込むので、日本からの援助で南鮮が経済発展を遂げたというストーリーはそもそも受け入れられない。「漢江の奇跡」を成し遂げるために得た日本からの経済援助も、彼等は「戦後賠償」として受け取るため、感謝よりも「当然だ」という感情が先に立つのだ。事実をつまびらかにすれば、日本に感謝せざるを得ない。そうすると、反日で息をしている彼等は即座に窒息してしまうのだ。

 10ヶ国語に翻訳された動画について、それぞれ評価を見てみた。

視聴回数thumb-up.pngthumb-down.png
日本語40,0188076
英語30,1421,307116
アラビア語146291
中国語5295831
フランス語605577
ドイツ語184323
イタリア語2104610
朝鮮語6,276428176
ロシア語3043821
スペイン語 291 30 1

 朝鮮民族とっては残念ながら、動画の評価は朝鮮語ですら高評価が悪評価の2.5倍近い数となっている。(勿論、ある程度の数の日本人が高評価を押した可能性までは否定しないが。)

 さて、ここからは官邸および外務省への提案なのだが、こういう動画で多国語化に対応する場合、朝鮮語は省略してよいのではないかと思う。何をPRしても、半島から返ってくるのはヘイトスピーチだけで、歴史すら自国の都合のよいように捻じ曲げて日本を批判するのだから、触らぬ神になんとかである。



最後までお読みいただき、ありがとうございます。
ご面倒ですが、是非ともランキングバナーのクリックをお願いいたします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
[ 2015/03/29 08:17 ] 外交 | TB(0) | CM(6)

古賀茂明の「報ステジャック」 ~ 放送を私怨を晴らすために使ったコメンテーターの末路とは

← 応援クリック、ありがとうございます。

 普段はほとんど見ない報道ステーションだが、昨夜はたまたまチャンネルを変えた瞬間が、キャスター古館とコメンテーター古賀茂明の不穏なやり取りの真っ最中だったので、ちょっと見入ってしまった。

 古館に中東情勢に対する見解を求められた古賀が、唐突に「テレビ朝日の早河会長と、古舘プロジェクトの佐藤会長の意向で番組を降ろされることになった」「菅官房長官をはじめ、官邸からバッシングを受けてきた」と主張し、古館が「それは承服できません」と反論。それを受けた古賀が、「この件に関してはお役に立てなかった。本当に申し訳ない」と言った古館との楽屋トークを暴露し、録音してあるから全部公表すると反論。二人の険悪なバトルが生放送で流れたという展開である。

古館と古賀茂明


 古賀は、このところ自身のプロフィールの一部として使用している「I am not ABE」という自作のコピー用紙を掲げ、「批判が多くても主張し続けること」をアピールした。要するに、古賀の一環した主張は、自分が抑圧される側の人間であり、その点において「被害者」であることのようだ。この「放送ジャック」というべき展開は、古賀がコメンテーターという公人でありながら、電波を私怨を晴らすために使ったという、まさに恥ずべき事案だといえるだろう。

 古賀は、今回の降板の構図をこう表現したかったらしい。つまり、政権に批判的なことを言う古賀に対し、官邸が圧力をかけ、その圧力に迎合し、また屈したテレビ局やプロダクションが、古賀を厄介払いした、と。その「自分の主張」を話す機会を、古賀は中東情勢に関するコメントという要求を無視して展開した。番組側にとっては不意打ちだったのだろう。これは完全に「放送の私物化」である。

 そもそも、政権が古賀茂明という“小者”を相手に、「あいつを降ろせ」などと番組に圧力をかけることなど、到底考えられない。そんな圧力が現実ならそれこそ権力によるメディア支配という大事件であって、政治側がそのような危ない橋を渡るはずがないのだ。もしそれが実際に行われているとしたら、反政権を売りにしているNHKの報道系番組、「サンデーモーニング」や「報ステ」など、キャスター、コメンテーターを含め、とっくに大きく様変わりしているはずだ。番組自体が無くなっているかもしれない。古賀の主張は、ある種の被害妄想とも言える。

 古賀は、自分が被害者であることを力説するが、他方、今まで公共の電波で持論を展開する機会を与えられてきた、「恵まれた人」のひとりなのだ。彼自身の主張が極端に左傾化しすぎ、さすがの報ステですら番組で使いづらくなったということではないだろうか。

 生放送中に打ち合わせにないアドリブを展開し、局の反感を買うコメンテーターに、今後も放送出演の機会が与えられるとも思えない。これだけ左傾化すれば、反保守派の政治団体から声がかかるのは秒読み段階だろう。古賀は案外、山本太郎と同じ道を進むのではないか。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
ご面倒ですが、是非ともランキングバナーのクリックをお願いいたします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
[ 2015/03/28 10:22 ] メディア | TB(0) | CM(7)
カレンダー
03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: